コンテスト

2017/11/23

2017 東京UHFコンテスト

今年の移動運用はついていない。小雨中、いつもの筑波山に出かけた。コンテスト中、特に午前中は本降りの雨。音を立てて降っている。これまでの経験?が生きていて、このくらいの雨なら大丈夫、成長?したものだ。

Img_0521
いつもの、フルセットだ。これだけで、HFから1200MHzまでカバーする。今回はその内、430MHzと1200MHzを使う。

Img_0532
これが、今回の秘密兵器だ。ACAGの時、このハンディー機があまりにも使いにくくて、放り出した。今回はこれを改善した。ヘッドセットの接続、フットスイッチ、PICによるロック/ノンロックキーをハンディー機に接続した。変調が浅いのでプリアンプも入れた(ちょっとオーバーゲイン気味だが)。3.5mm径の4pinコネクターが防水仕様のためジャックのカバーが当たって上手く差し込めない。仕方が無いので削って何とか接続することができた。こんなの物でも結構苦労した。これで、操作性が飛躍的にアップした。

もう一つの秘密兵器が430MHz用のCQマシーンだ。パドルの右側にある小さな箱だ。この機械は何故だかFMの時に内蔵のCQマシーンが働かない。CtestWinに接続してCQの連呼ができるようにした。これは結構役に立った。これが無いとやってられない。

Img_0523
午前中、雨が小やみになったときの様子だ。

Img_0535
お昼過ぎになると雲がなくなり、日差しが出てきた。今回の天気予報はピッタリと当たる。予報そのものだった。

Img_0538
ループ八木の給電部の防水だ。コンビニのビニル袋で覆う。見た目は悪いが、これで十分だ。

Img_0543
帰りに撮影した筑波山。雲一つないいい天気になった。午前中の土砂降りは嘘のようだ。

さて、今回の結果だ。何とも、1200MHzって難しいなぁ、っていうのが第一印象。これは、中々奥が深そうだ。
2017_tokyo_uhf_point_3

出だしは430MHzのFMだが、そんなにたくさん呼ばれる感じではない。パッとしない。最後まで、そのチャネルに居座ればそこそこ呼ばれる。奥行はそれなりにありそうだ。
最後の50分は1200MHzでRunした。ほとんど出ていなかったためか、それなりに呼ばれて面白い。アンテナが課題だ。FMの受信能力を上げないと厳しい。
2017_tokyo_uhf_rate

さて、計画と実績。どれも未達だ。このくらいできるとよかったのだが、やっぱり1200MHzは難しい。
2017_tokyo_uhf_plan_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

2017 QRPコンテスト

今年も参加することができた。去年はリニアローディング・ダイポールを上げて最初のコンテストだった。今年も同じ設備だが、先の台風でセパレータが折れたままになっている。あと、マストの取り付けが45°程向きが回転してしまっている。

Dscf0035

出だしはちょっと早めの29wpmでRun。5Wだが周りも同じはずだから、臆することなくRunから始めた。最初の1時間は何とかペースを保つことができたが、その後は悲惨だ。去年よりも局数が伸びない。
2017_qrp_rate

最後の1時間20分をCQを出し続けるが、1局もできなかった。これは新記録?だ。修行の域を超えている。スキップしていることもあるが昨年はJR6HKさんとできたこともあり、今年も沖縄ができないかと二匹目のどじょうを狙ったのだが・・・・。

2017_qrp_multi

局数が減って、マルチが6増えて、結果は若干、ポイントが下がった。参加局が少なかったような気がするがどうだろう。このところ週末が雨だったが、今日は良く晴れた。選挙じゃないが天気が局数に影響するかもしれない。
2017_qrp_point

まあ、忍耐を超えて呼ばれない。S&Pをしても新しい局は見つからない。CQを出し続けるが、これを見て電波が出ていることを確認できるのが、せめてもの慰めだ。
2017_qrp_rbn
5WでもWまで飛んでいる。しかし、CWでQSOするのは10dB以上、できれば20dB近くまで強くなる必要がある。一桁では無理だろう。昨日は10Wで試し打ちをしていたら、YBまでは飛んだ。5Wは結構なハイパワーだと思う。

-・・・-
CQを連呼している間に、先月JARLより届いたQSLカードの受領チェックをしていた。内職だ。もっと気持ちを入れてCQを出さないと罰が当たりそうだが、RBNを見たりと時間つぶしをしないと苦行だ。やっぱり、マルチバンドがいいかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/10/30

2017 WW phoneコンテスト

毎度参加しているので、今回も参加した。ハッキリ言ってSSBは飛ばない。ボイスメモリーに入れた音声では足りなくて、ついつい大声を出したくなる。全くストレスだけがたまる。来月のCWはもう少し楽しめると思うが、果たしてコンディションはどうだろうか。

2017_wwph_point_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

2017 オール千葉コンテスト

前線が太平洋側に停滞しており、雨の日が続く。そんな中、さながら雨の野営演習だ。関宿の利根川土手に移動した。ここは、昨年フィールドデーに参加したところ。行ってみると1台の車が止まっている。ちょっとおかしいと思ったが、無線をやる様子でもなく、ポールを固定していると、「アマチュア無線ですか?」と声を掛けられる。「実はわたしもコンテスト・・・・・」。同業らしい。仕方がない、場所を探して川を下る。そして、見つけたのが、ココ。

Img_0472
雨のせいもあるが、人通りもなく、良さそう。車は途中の水たまりで泥んこだ。今回はアンテナを上げるときも、コンテスト中、片付けの時とずうっと雨が降りっぱなし。周りの泥んこと合わせて、まるで野営を行っているみたい。自分でいうのもなんだけど、ポール一本ぐらいだと楽勝で簡単に上げることができる。昨年、初めてのフィールドデーから進化したものだと思う。あの時は近くにいたおじさんが見かねてポールを押さえてくれた。1本上げるのに2時間近くもかかったものだ。とは言え、最近はちょっと疲れ気味だが・・・

さて、コンテストだが7MHzの電信電話で参加した。まず最初は修行の意味でSSBから。飛んでないわけではないが、結構苦しい。レートは70QSO/hぐらいは出るが、いまいち乗り切れない。どうせCWはすぐに飽和してしまうから、できるだけSSBで粘ろうと修行を続けた。2時間ほど続けて、CW移行。CWに出ると結構呼んでくる。飽和してしまっているところに、餌を投げ込んだようになる。CWは完全にゼロインされると判別がしづらい。結局、最後の局のラストレターを捕まえて再送を乞う。そんなもんで、レートの方も80QSO/hぐらいしか出ない。そんなパイルもすぐに飽和してきて1時間もするとボチボチになってしまう。何だか、いまいちな感じ。400QSOぐらいできないかと思ったがとても無理。アベレージで60QSO/hを維持するのが精いっぱいだ。うちHLが2局、DUが1局含まれているが、点数をゼロにしておいた。なんで呼ぶの!

2017_cb_result

2017_cb_rate

今年の移動もこれでおしまいか、今年は良く移動した。まだ、ロカコンとWWCWがあるので参加すると思うが、ちょっとマンネリ化してくる。まあ、たくさんの方とQSOできてうれしい、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/10/14

2017 6m AND DOWNコンテスト 入賞できました

今年は早々と発表がありました(10/10)。X50部門で全国入賞することができました。
QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

実は発表前にCGBを見て22府のマルチを落としているのがわかっていた。44マルチが1減って、43マルチだ。マルチが少ないのは、場所的に不利な部分もあるが、経験不足によるところが大きい。22府はコールサインのミスコピーだ。経験があれば、脳内パーシャルが働くはずだが・・・・

Esが開けたときに、マルチをもっとどん欲に稼がないとダメだ。SSBで取りこぼしがあったと思う。それと、お隣の08を何とかせねば。今回のACAGでは144MHzで08ができている。このつくばの場所からは初めてだ。ただ、アンテナの方角は都内、富士山方面に向いていた。
関東でも49マルチぐらいできているので、今回であれば46、47マルチぐらいはやっておきたかったところだ。この7月の50MHzの伝搬は面白い。また何か新しいチャレンジを持ってお山に参加したい。

今回の参戦の様子

2017_6d_result


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/09

2017 全市全郡コンテスト

初めての参加です。大昔の話、「オールシティーコンテスト」と言っていた時代に社団局から参加して以来だ。昔からナンバーが長いのがネックだった、「区」から参加の方は、尚更だろう。基本的にはマルチを意識せず、ひたすら局数を稼ぐタイプのコンテストだ。海外でいえばWPXのようなものだ。

で、今回なぜ参加したかというと、ひたすら多くの局とQSOできないかと思ったからだ。直近のコンテストでは50MHzのシングルバンドでの参加であったのでJARLのメジャーコンテストでもコンテスト終盤では局枯れ?が起きる。それでもひたすらやり続けないとスコアが伸びない。マルチ稼ぎなどやることがあればそれでもいいが、最後は修行のようになってくる。これは、結構なストレスだ。今回は修行ではなく忙しいことを狙ってマルチバンドでのエントリーしてみた。これは、前回のこれで味をしめたところもある。

目標は1440QSOと言いたいところだが、寝る時間も必要なので頑張って1200QSOぐらいできないかとかなり高い目標にしてみた。目標は高い方がいい、低いとそれに到達すると満足してしまうから。しかし、そもそも、寝る時間を、考慮する時点で終わっているが・・・
まあ、入賞でも狙いたいところだが、上位の方々は入賞の常連者がずらりと並ぶから、どこまで自分で出来るかを試したくて、局数稼ぎを目標にやってみたいと思う。参加部門はXAM。

まあ、色々とあったのだが今日は結果のみ上げておこう。
Img_0452
アンテナは、ミニマムの設定で。右側がVUHF。左が21MHzと28MHzの逆V。ローバンドはマルチバンドのダイポール

Img_0429
高さは8m。最後の1段を上げようと思ったが、重くて上がらない。と言うか力が入らない。怪我をしないように控えめに。

Img_0421
1200MHzのループアンテナ。結局、調整の時に使っていたカメラの三脚を本番でも使用。コンテスト中、1回だけ回したが、ほぼ固定。(だから局数が伸びない・・・)

Img_0415_1
超シンプルマルチステーション?。いつものトランシーバーにハンディー機を1台足しただけ!

2017_acag_point

2017_acag_rate
しっかりと、寝ました。

さて、事前に色々と検討した内容と実績を比較してみた。
2017_acag_plan_2
この、黄色のところが問題だ。マルチ率は低めに見積もっていたのでこんな物だろう。

◆雑感を羅列しておく
・ 出だしは50MHzRun。ここまでは経験があるのでこんなもの。あんまり期待もできない。で、ちょっと長居したが事前プランに従って430MHzのSSBへ(22:15)。が、しかしコンテストをやっていない。何と430MHzのphoneはFMでやるらしい。初めて知った!一瞬、周波数が違っていないかと、事前に用意した周波数一覧を再確認する。ホント、知らないって恐ろしい。

・ ペース配分がよくわからない。結局最後まで分からず。430MHzは調子がいい。結構楽で面白い。去年のスコアを見ると局数が多いわけがやっと理解できた。

・ ボイスメモリーを使おうとボタンを押すが効かない。何とこの機械はFMではボイスメモリーが動作しないらしい。これはやってられない。この時はまだ元気だったので、声を張り上げていたが、FMで張り上げても仕方が無いことに気が付く。気が付いたのは翌日日が出てからだが。

・ そして問題が144MHz。どうも勝手がわからない。FMに行ってみるが誰もいない。時間が遅すぎるのか(00:00)どうもこちらはSSBらしい。十数局でおしまい。

・ もう一つの問題児、3.5Mhz。コンテストが始まる前に、普通に飛ぶことは確認済みだが、無謀にもSSBのRunから入るが、こちらも十数局で撃沈。仕方が無いのでCWへ。ちんたらと、20局ほどやるが、まだ出ていない1200MHzが気になって仕方がない。

・ 遅すぎるかもしれないが、01:00から1200MHzに参戦。ダイヤルを回すと何局かが聞こえてくる。早速呼ぶと応答あり。しかし、手持のハンディーマイクだし、太い同軸ケーブルが付いていて位置が良くない。しかもダイヤル照明なし。周波数切替がやりずらい。全くコンテスト用の設備ではない。まず、トランシーバの置き場所が良くない。受信ナンバーを紙に書いてパソコンに再入力。ああ、ダメだ。転記ミス。減点かも。アンテナを回すのもめんどくさくなって、とりあえず13局で終了。

・ まだ出ていない50MHzのCWも気になる。144MHzのCW⇒SSB⇒430MHzのFM⇒CWと切替ながら、さらに気になる3.5MHzのCWに戻る。04:15ごろ、まだできそうだが、さすがに寝ないのは持たないと思い、仮眠へ・・・・

・ 普段は車の中ではよく寝れなくて、うつつとしているのだが、今回は疲れていたのかぐっすり。日が当たって薄っすらと汗ばんで目が覚めた。なんともう6時半だ。寝ぼけながら起きて、車のエンジンをかけて無線機のスイッチをオン。バンドの様子も確認せず、7MHzのCWでRun開始。段々と目が覚めてきた。ボツボツ呼ばれる。それなりに続くので10時過ぎまでCWを続ける。今日は7MHzのコンディションが良いようだ。関東圏ともQSOできる。

・ そして、気になるのはHF帯のハイバンドだ。14MHzSSB⇒CWと順次バンドを上げて行った。CWに出ると早速スキーマと思われる連中(失礼!)から次々と呼ばれる。すごいのを通り越していて気持ち悪い。バンドを変えてもしっかりと付いてくる。これが行き過ぎると詰まらなくなってしまうのではないかとも思う。自分自身もこんな便利なものが使えるなら是非使ってみたいとも思うのだが。日本でもAssistedの部門が無いと不公平だ。

・ 50MHzのCW/SSBをつまみ食いして、13時30分ごろから、7MHzのSSBに参戦。山を背負ったショボいアンテナとローパワーでどこまで通じるか苦手なphoneに挑んだ。まあ、わかってはいるが混信が激しい。気持ちが折れそうになるが、これまたポチポチと呼ばれる。そこそこは呼ばれているが、相変わらず両方から挟まれて苦しい。
元々7MHz phoneを良くやっていたのでこんなものだと思うのだが、レートが上がらないと気持ちが焦る。

・ この長いコンテストナンバーには最後までなじめなかった。CWならまだいいがphoneは最悪だ。
ヒトヒト、ヒトまる、ヒトヒトヒト・・・と言われても頭に残らない。バイナリーデータを1ビットづつシフトを一気にされるみたい。こちらは、精々4bitぐらいしかシフトレジスターがない。オーバーフローして押出されてしまう。
その点、「ひゃくのひゃくじゅう(100110)」と言う表現はいい。これをまねて自分のナンバーを「「じゅうよん(14)のにじゅう(20)」と言っていたのだが、これも一般的ではないらしく上手く取れない方がいた。口もよく回らないので変かもしれないが最後までこれで通した。どうも「ひとよん、ふたまる」とかいうのは抵抗がある。何というのがいいのだろうか。

・ コンディションにも助けられ7MHzSSBは15時30分まで何とか粘った。3.5MHzに行くにはまだ早い。1時間弱430MHzのFMで局数を稼ぐ。144MHz、21MHz、28MHz、50MHz、とつまみ食いをして、ちょいと430MHzを覗いて、3.5MHzへ突入した。19時過ぎになっていた。CWから初めて、これまた苦手なSSBへ。最後はこの3.5MHzのSSBで終えた。最後はバタバタ・レーダーがバンドいっぱいに広がってやりずらい中でのRunだった。

・ 設備関連では7MHzのチューナーがうまく働かなかった。SWRは精々2弱なのにマッチングが取れない。チューンするとSWRが無限大になってしまう。幸いスルーでも問題ない程度だったのでこれで参加することにした。チューナーのどこか特定のエレメントがやられたか。それともマイコンが変な値を覚えこみぬけれないのか。
自宅に帰ってきてロータリーダイポールで試してみると難なくチューニングできた。マイコンが変な値を覚えこんでしまったのだろうか。エレメントの一部が壊れている疑いも晴れたわけではないが・・・

・ もう一つ、DC化したLEDライトが回り込みか、点滅することがあった。最初に発生してその後は大丈夫であったが、タッチスイッチを使っているので回り込みには弱いのだろう。ちょいと中を覗いてみようと思う。
まあ、トラブルと言えばこのくらいで全体的に見れば至極順調だった。

・ 1200MHzは操作性を何とかしないと厳しい。これはこれで面白そうなネタだが。

・ バンドによって苦手意識がつい出てしまう。7MHzや50MHzは勝手がわかってきたので落ち着いてできるが、問題なのは3.5MHzと144MHzだ。どうも苦手意識が抜けない。それぞれ、苦手だから運用時間が短くなる。今回も特に3.5MHzはもっと時間を費やすべきだ。寝ている2時間半を当てればもっとスコアが伸びただろ。しかし、今回の2時間半はとても貴重で、その後、すっきりとした頭で運用を続けることができた。いい歳なんだから無理をしない方がいい(きっと)。
144MHzは局数が少なかったのか、どうも勝手がわからない。もう少しSSBに時間を割くべきか。

・ 最終的にはスコアもそれなりに格好がついた。ただ、例のヒトヒトヒト・・・のナンバーでミスをしている可能性大。また、CtestWinのパーシャル機能を使っているので、多バンドのQSOだと最初のナンバーが次も表示される。例えばCKAは最初にQSOした1200MHzの「13008L」がHFでQSOした時も表示され、不用意にリターンしてしまうとこれが入ってしまう。下手すると、一気に5~6局も失ってしまうことになる。
なので、結構局数が減るのではないかと心配だ。

・ というわけで、色々あったが完全燃焼できたコンテストであった。QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

(おしまい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/03

2017 東京コンテスト 賞状がきました

ミニ・マルチバンドでのエントリー。6時間のコンテストで400QSOを目指すも達成できず。でも、初のマルチバンド参加で味をしめた。

Dscf0019


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/23

2017 愛・地球博記念コンテスト

最後の3時間ほど参加した。昨晩、Twitterで金曜の夜から開始されることを知る。てっきり、土曜日開始だと思い込んでいた。
気が付いたのは、0時を回っていたので休止タイム中だ。今日もゆっくり起き、家事等をこなしてからの参戦となった。
大学の先輩やら、Blogでおなじみの方々とNR交換ができた。段々、生存確認的な意味合いが強くなってきた。そういえは、昨年は何と賞状をいただいたのでした。
流石に今年は無理ですね。あんまりよくないコンディションの中、楽しむことができました。MNI TNX!

2017_ai_point


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

2017 XPOコンテスト

今年も昨年に引き続き参加した。部門も同じC7。相変わらずコンディションは良くない。

XPOは皆さん凄いので、入賞は難しそう、気楽に7MHzの電信を楽しんだ。結果は、昨年の局数を若干上回ったが、マルチが1減でトータル3pointだけ上回った。まあ、ほとんど同じということだ。昨年より、GPからダイポールに変更したしパワーも200Wに上がっている。なのに局数が同じということはやっぱりコンディションが良くないようだ。

2017_xpo_point

2017_xpo_multi
取りこぼしは、青森、徳島、宮崎。あと上川あたりもできていない。台風の影響かも知れない。逆に台風の中でも北海道とできたりしていた。大丈夫だろうか。また、終了間際にJR6HKさんに呼んでいただいて、沖縄がGetできた、ありがたい。

2017_xpo_rate
まあ、ダラダラとしていた。途中テレビを見たりとか・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/31

2017 ALL JA コンテスト 入賞しました!

これまた、何ともうれしい。入賞することができました。今年はコンディションが悪く、我慢の連続でしたがうれしいことに入賞することができました。上を見ると、皆さん凄い、よくもこんなにできるものと感心してしまう。

もっと外に目を向けると、マルチバンドはもっとすごい1440分しかないのに、それ近くか、それ以上もできている。すごいと感心するばかり。どうなっているんだろう、と興味が尽きない。

交信いただいたみなさま、ありがとうございました。

2017_allja_result


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧