コンテスト

2020/01/13

2020 オール埼玉コンテスト

かなりバテ気味。これは、昨年と同じだが、この3連休は、土曜日はQRPクラブの懇親会。日曜日は地域の新年会。そしてこの月曜日が、コンテストだ。

土曜日は風邪気味で喉がイガイガする。さんざん悩んだあげく、ノコノコと秋葉原へ。どうしてもDINコネクターが欲しくて出かけるが、ちょっと自重して、夜の部はパス。日曜日は延々と6時間近くも飲み続ける地域の新年会。吞兵衛の集まりだ。今年は幹事になっているので、余計に大変、段取りから、当日の買い出し、翌日の清掃まで、何とも忙しい。みなさん大満足で、無事に終えることができて一安心。そして、コンテスト当日。ちょっと二日酔いの中、集会所を清掃に。諸々、終わったのはコンテスト開始5分前。ここまででもう疲労困憊だ。

さて、始まる前にLZの記念局がCQを出していたので呼ぶと一発で応答がある。何てこった、この時間でもヨーロッパが開けている。国内向けのコンテストだというのに。実際あとからBYにも呼ばれる。

開始早々は、RUNすると6や8エリアあたりが呼んでくる。完全に死んでいるわけでもないが不安定だ。毎度、近場の埼玉のマルチが聞こえない。ここは埼玉の端っこ、ここでは苦しい。

そして極めつけは、家人に用事を申し付けられ1時間弱程中断。これは痛い、6時間しかないコンテストだから。仕方がないがこちらの方が優先だ。再開後、コンディションが上向いてきた。3エリアあたりが呼んできて調子がいい。しかし、これも1時間も続かない。段々飽和して呼ばれない。最後は喉の調子は良くないが仕方がないのでPHに出ると、そこそこ呼ばれる。ほとんどPHには出たことがないからかも。得点はCWの半分だが、空振りよりましか。

まあ、今年も参加でき何よりだ。今のところ風邪の方も何とか耐えている。

2020_st_point

2020_st_rate

2020_st_multi

去年より、局数が少なく、マルチも1少ない。昨年はトップと20マルチ近く差があった。これだけ差があるとどうしようもない。今年の年始めもこれでスタートだ。参加できてよかった、よかった。

 

| | コメント (4)

2019/11/25

2019 CQ WW DX CWコンテスト

今年最後の行事、WWCWコンテストに参加した。設備の方は変わり映えしないが、先日160mのアンテナを作ったので、上手くするとこれでマルチがザックザクと増えるはず。

コンテストが終わった月曜日、良く晴れた。11月とは思えない気候だ。気温も高い。コンテスト中は、雨続きで寒かったのだが。

 

Img_1586

Img_1589

こちらも終了後に撮影。SO2Rをするほど余裕がないので、今回はシングルTX。なので、TRX周りもすっきりだ。RBNを接続して、ASSISTED部門、HIGH-POWER。

80mのアンテナはいつものフルサイズ・ステルス・ダイポールアンテナ。これに、トラップコイルを経て160mのエレメントを付けている。例の超短縮ダイポールアンテナでWの局を比較すると、やはりS1-2程低い。まあ、これだけ短縮しているから仕方がない。結局、いつもと同じフルサイズの方を使うことにした。このアンテナも通常時はDXには全く飛ばない。コンテストになると何故か相手が拾ってくれるようになる。不思議だが。

-・・・-

2019_wwcw_point

2019_wwcw_160multi

2019_wwcw_80multi

2019_wwcw_40multi

2019_wwcw_20multi

2019_wwcw_15multi

2019_wwcw_10multi

2019_wwcw_rate

2019_wwcw_rate2

昨年より局数が少ない。出だしって、同じなんだね、意識してなかったけど。やっぱり、初日の9時間睡眠が響いている。流石にこんだけ寝ててはねぇ。コンディションが良くないと感じ、あまり乗り気でかかったから、良く寝てしまった。これは失敗!。

-・・・-

ザックザクのはずだったのだが・・・・・。

初めてでた160m、エレメントを伸ばして1810KHzあたりに合わせる。Wも聞こえたが、カスカス。できそうな気がしない。UA0、UA9とかを呼ぶが全く、応答なし。HLを呼ぶがこれも空振り。仕方がないのでCKAが暇そうな時に、ちゃっかりコールして取ってもらう。本当に飛ばない。パワーも100Wだけど、やっぱり地を這うアンテナではどうしようもない。初日は、これでおしまい。

pointが0点では格好が悪い。翌日、HLの別の局が出ていたのでコールすると、何とかコールバックあり。1局でもできて、ホント、良かったが、DXやるには何とかしなければ。共振したダミーロード?では、何ともならない。

-・・・-

トピックと言えば、80mのTI7Wぐらいか。意外と簡単にできた。40m、20mでもできている。きっと凄いアンテナを使っているに違いない。

40m、20mでもZF、PJ2、PJ4などカリブが聞こえていたがWの壁が厚くて撃沈。Zone33も聞こえていたが、こちらはEUの厚い壁で、呼ぶ気にすらならなかった。唯一のAFは40mの3B8のみ。40mはWACが出来たことになる。(追記:おっと、40mはZFができていたw)

月曜日の朝は80m、40mでヨーロッパが良く聞こえていたが、全く飛ばない、起きるのが遅すぎたかも。アンテナとパワーがあれば楽しいだろう、と妄想するも無いものは仕方がない。

毎度、下手くそながらRunして、ちょっとだけ雰囲気を味わった。まあ、楽しかったが!。

-・・・-

p.s.

東京UHFはWWと重なったので、お休み。天気が良くなかったから、移動した皆さんは大変だっただろう。

 

 

 

 

 

| | コメント (10)

2019/11/03

2019 QRPコンテスト

早いもので、今年もこのコンテストを迎える。これが来ると一年も、もうちょっとで終わってしまう。9月以来、毎週のようにコンテストに参加していたが、あとはWWCWを残すのみだ。

毎年、このコンテストは自作機のモノバンドで参加していたが、趣向をかえてマルチバンドで参加した。規約を読み返すと、1.9MHzも対象バンドに入っている。それでは、と言うことで3.5MHzのアンテナにエレメントを足して急遽アンテナを仕上げた。前日に思い立って、簡単工作で仕上げた。こんな物でも、共振しているアンテナなので、それなりには飛びそうだ。

Img_1551

50MHzの5eleYAGIも仮設で設置する。毎週、こんなことをしているような・・・。

空中に浮く、怪しい物体。エレメントが細いから遠くからは見えない。ホント、空中に浮いているようだ。

Img_1555

東京CWの時は、PTTインターロックを付けなかったので、2TXを有効に使えなかった。仕方がないので、今回は接続してみたが、ケーブルがスパゲティー状態。これは何とかしないと、使う気になれない。

Img_1558

配線は、PCの裏に、ゴチャゴチャになっている。

-・・・-

結果は、

2019_qrp_point

2019_qrp_rate

2019_qrp_multi19

2019_qrp_multi35

2019_qrp_multi7

14MHzと50MHzはボーズは免れたが、とにかく参加者がいない。21MHz、28MHzは参加者の信号を聞くことができなかった。せっかく2TX揃えたのに。。ローバンドとハイバンドを交互にCQ出したりしてみたが、成果はわずか。しかし、イメージはちょっとつかめたかも。

 

QRPはコンディション頼みの所があるので、今日の7MHzのコンディションでは苦しい。14MHzも開け切らない様子。1.9MHzは流石に5Wでは苦しい。近場しかできない。

| | コメント (4)

2019/10/27

2019 東京CWコンテスト

今回で2回目だ。今回は、ちょっと思うところがあって、マルチバンド参加にした。上は50MHzまでと思っていたが、規約をよく読むと、430MHzまで!。これじゃあ、ACAGとほとんど変わらない。アンテナの設営が大変だ。前日は、7MHzリニアローディングダイポールに、念願の3.5MHzのアダプタを付加した。フルサイズダイポールアンテナを展開できなくもないが、飛びチェックを兼ねて、この超短縮アンテナで参加してみた。

それ以外も、50MHz、144MHz、430MHzを上げた。上のバンドはステルスアンテナでもよかったが、天気が良かったので、これも上げてみた。

Img_1524

何だか、かなりゴチャゴチャしている。こんな低いアンテナじゃあ、たいして期待できないが、ダイポールアンテナよりはましだ。

前日のアンテナ設営に疲れてしまい、Rigのセッティングがちょっとおろそかになる。SO2RのためのCWコントローラもめんどくさいので、セットしなかった。これはちょっとまずい。やっぱり、セットするべきだった。少し改良したいところもあり、セットしなかったのだが、ちょっと後悔する。ハイバンドの局数が少ないなぁ。都心から離れているせいもあるが、どうもマルチバンドは難しくてうまくいかない。もう少し、慣れが必要だ。

2019_tokyocw_point

2019_tokyocw_rate

波が大きすぎる。もう少し、平らにならないと・・・・・。

-・・・-

3.5MHzのアンテナはと言うと、まだよくわからないのだが、近距離であれば普通に飛んでいる感じ。今回は100Wで運用した。やはり、何かと比較しないと飛び具合はわからない。もう少し、使い込んでみるか。

 

 

 

| | コメント (6)

2019/10/23

2019 電信電話記念日コンテスト

Twitterでこんなコンテストをやっていることを知る。そう言えば何年か前に参加したことがある。記念日は決まっているから、平日でも開催される、ちょっと変わったコンテスト。サラリーマンじゃ参加できないと毎年見送っている。

それで、7MHzを覗いてみるとQILさんの軽快なRunが聞こえた。NRをホームページで確認してコール。さらに、調子に乗ってRunすると呼ばれる。PCをセットしていないから、手打ち(エレキー)。相変わらず下手くそ。間違いだらけ。まあ、酔っぱらい、だからと言うことにしておこう。

10局以上で副賞がもらえるという。当たると良いなぁ。

2019_

 

| | コメント (0)

2019/10/20

2019 千葉コンテスト

久しぶりに好天に恵まれた。昨年、一昨年と雨にたたられている。先週の台風19号、そして昨日も雨と最近天気は良くなかったが、今日はまずまずの天気。過ごしやすい。

Img_1478

相変わらずの、利根川の土手だ。千葉県の一番北の端になる。昔は関宿町だったが、今は野田市に併合されている。ここは、あまり人が通らなくて良い。

-・・・-

2019_cb_point

2019_cb_multi

2019_cb_rate

コンディションはと言うと、最近になく良かった様に思う。ACAGでは午前中しかダメだったような気がするが、それなりに近距離も開けていた。結局は、参加者が少ないということか、昨年と比べると若干局数は伸びたが、開けている割には局数が伸びない。

同部門と思われる方が何人かいたが、1局1マルチが勝敗を分けることになるだろう。同じことをやっているので、そんなに差が出るはずもない。

いつも、QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

【2020/1/15追記】==============================================

結果発表がありました。僅差かと思っていましたが、結構離されてしまいました。

関東近県のロカコンはレベルが高い。中々難しいものです。

2019_allcb

結果は、こちら。

 

| | コメント (4)

2019/10/14

2019 全市全郡コンテスト

今回は台風19号の直撃を食らった。元々、お留守番と言うことで移動運用は出来ない。諦めていたのだが、自宅で移動運用風に運用することを思いつく。制限は多いし、VUHFの飛びも期待できない。そんなことで、あまり乗り気でないところに、この台風の直撃。昨年の21号、今年の15号を乗り越えているので、自宅のアンテナは大丈夫、と思い込んでいた。

しかし、直前になっても衰えない。強風の範囲も、従来の3倍はある。しかも、関東の瞬間最大風速は60mとある。未だ経験したことのない数値だ。15号の時ですら、千葉では電柱が折れるほどの被害がある。とても、アマチュアのアンテナが持つはずがない。

ビビってしまう。VUHFのアンテナを臨時にマストトップにでも上げようかと思っていたが、とんでもない。ルーフタワーはしっかりしているので、少しでも受風面積を下げれば、何とかなるかも知れない。急に思い立って、アンテナを降ろすことにした。トライバンダーは、約30年間上げっぱなしの代物だ。これまでの強風にも耐えてきた。(いまだに性能に変化がない。ナガラさん、いい仕事をしてます。)

Img_1459

これは、なんか、さびしい。しかし、こっそりと、80mから6mまでのダイポールをルーフタワーに絡ませる。40mは長さが足りないので、真上から見るとZ型にエレメントを展開している。ステー代わりになっている、と勝手に思っている。

降ろす前は、こんな感じ。リニアローディングダイポールはもう3年になる、とてもお気に入りだ。

P1030055

-・・・-

雨戸もしめたし、食料も買い込んだ。移動用のバッテリーも持ち出して、停電に備える。これで、5時間ぐらいはコンテストができると思うのだが。(停電が発生するようなら、コンテストどころでもあるまい)

さて、コンテストの方はと言うと、開始の21時ごろに台風は関東に上陸した。ヘッドフォンをかける。こうすると、強風の音も聞こえない。22時ごろ、急に風と雨が止む。台風の目に入ったようだ。そして、しばらくして吹き返しが始まった。先ほどに比ではない。風が吹き荒れる。外に出る訳にもいかないので様子はわからない。アンテナを心配するが、どうしようもない。仕方がない?、コンテストでもやるか。

Img_1468

これは、終了後に撮った写真だが、こんな風にしてみた。SO2Rモドキだ。以前、関東UHFの時にも試したが、開始直後に放り出した、あのSO2Rだ。今回は、CWのパドル切替も追加した。まあ、あまり期待せず雰囲気を味わうことにした。

下のレートを見てもわかるが大してスコアに貢献はしていない。しかし、少しづつではあるが、勘所がわかってきた。CWだと一瞬どちらのTRXから呼ばれたのか分からないときもある。注意力が低下したときだ。やはり脳を2倍使う、疲れそうだ。

2019acag_point

全体のレート推移。

2019acag_rate_all

これは、80mから20m。20mはほとんどなし。

2019acag_rate_low

こちらは、ハイバンド。お昼過ぎにRunしてみた。何局かは交信することができた。

2019acag_rate_high

最初は、XAMに参戦するつもりだった。開始直前まで、WAVファイルの準備もしていた。マイクのコントローラは間に合わないので、ヘッドセットにもう1本マイクを縛り付けて対応した。しかし、始まってみると風も強いし、アンテナ工事疲れか、しゃべるのがめんどくさくなった。24時頃は、80mのCWにエントリーしようかとも思ったが、日中は暇だろからと、方向が定まらない。結局CAMにしたのだが、ここは定番の強豪がひしめき合っていて、割り込む余地がない。失敗!、と思ったがこの災害も発生している中、参加できただけでもラッキーだった。

6mはダイポールのせいか、良く入っているのはCKAのみ。パラパラしか聞こえない。SSBもバンドエッジにも誰もいない。やっぱり台風のせいだ。コンテストをやっている方がおかしいのだろう。

2mと70cmは、屋根裏のステルスアンテナ。日曜日は外に上げようかとも思ったが、風が強いので諦める。70cmのみが唯一ゲインのある8eleYAGI。30年ほど前の代物だ。エレメントが朽ちていたものを修理して、屋根裏へ固定している。東京方面に向いている。2mは針金状のGP。このアンテナでRunしていると裾野市からRCPが呼んでくる。カスカスで良く取れない。SN5dB以下ではないだろうか。RCP恐るべし、地獄耳だ。

日曜日になると、皆さん復活してきた。昨年は参加していないので、様子がわからないが、台風の影響で見送った人も多いことだろう。

被災した皆様、お見舞い申し上げます。

-・・・-

仮設のダイポールを撤去してしまうと、アンテナがなくなってしまった。これでは寂しい。天気が安定しないが、トライバンダーまでは復元することができた。

これを機にバラした箇所を磨いてペナトロックスを塗って締め付けた。同軸ケーブルの外皮も変色していたので、交換しておいた。再組み立て後も、特性はばっちり戻った。

Img_1470

リニアローディングダイポールは上げるときに引っ掛けて先を折ってしまった。ちょっと、ショック。 天気の良い日に再チャレンジだ。

 

 

| | コメント (6)

2019/09/23

2019 愛・地球博コンテスト

何を思ったのか、コンテスト開始6時間前から、部屋の模様替えを開始。無線機の木製ラックの改造に取り掛かる。最初に作ってから30年近くたつが、この間改造したの多分2013年ごろ。今のディスクトップPCに替えた時だ。モニターが24インチになって収まらないので、一部を切り欠いた。この後、FT991を購入したが、このラックには収まる場所がなかった。結局、TS950SDXはあまり使わなくなり、固定でももっぱらFT991を使っていた。

急に思い立って、ゴチャゴチャした荷物をどけて、ラックを取り出して、改造に掛かる。棚板が足りないので、物置に取りに行くがここも移動用コンテストグッズであふれている。やっとのことで棚板を取りだしスライド鋸で切断。材木は結構持っている。ちょっと前までは、木工が趣味だったので・・・。

モニターを上の段において、下段にFT991のスペースを作った。ちょっと、モニターの位置が高いが、そんなに根を詰めたことをするわけではないので、我慢しよう。

何とか無線機だけを押し込んで、コンテストを迎える。今回はアンプなしのTS950SDX単体の100Wでの参加。アンテナは変わらずのリニアローディングダイポール。フィルターは甘いが、950も中々いい。

2019_ai_point

2019_ai_multi

2019_ai_rate

2019_ai_rate2

最初の1時間はそれでも相手がいた。その後は1時間CQ出しっぱなしで、QSOなし。新記録の更新だ。なので、寝た。

朝になっても相変わらず。局数は去年とほぼ同じだがマルチは減った。最後にHKさんに呼んでいただいて、貴重な47をいただいた。07をはじめ近場ができない。31も取りこぼしている。まあ、こんなものだろう。QSOいただいた皆さん、MNI TNX!

 

| | コメント (0)

2019/09/16

2019 XPO記念コンテスト

先週の台風15号は千葉県をことごとく破壊する大きな被害をもたらした。アマチュアのアンテナごときはひとたまりもないだろう。あの電柱が途中から折れてしまうほどの凄さだった。

幸い当地は昨年の台風よりはましだったようだ。私のところでは、リニアローディングダイポールの取り付けが45度程ずれて、エレメントのサポーター1本が折れた。これも毎度のことで、最近は中央を12Φのアルミパイプで補強してからは折れない。今回は補強していない2本のうちの1本が折れた。全部替えてしまえばいいのだが、今回も折れたもののみを対応した。

一昨日は午前中は庭作業、午後からは秋葉原の定例懇親会へ。さらに昨日は、午前中は天気が良くて、アンテナ作業でバテ気味。夕方からは、地域の飲み会。短い時間だがアルコールが残る。そんな状況で今日は朝早く起きてコンテストへ。まあ、開始10分前に起きるから、ちょっと遅刻しての参加となった。部門はいつもの7MHz電信。

2019_xpo_point

2019_xpo_multi

2019_xpo_rate

2019_xpo_rate2

昨年比だ。昨年は今年より悪かったみたいだねぇ。

今年は、地域旅行の幹事を担当したものだから、今日も30分ほど何回か抜けたのだが、まあ何とか無線機の前にしがみついていたことがわかる。コンディションが悪いから、多少抜けても大してスコアは変わらないだろう。もう少し楽しいコンテストがしてみたい、と思うのは私だけではないはずだ。今年も九州の方が頑張っておられた。マルチバンドの方はいつもの方がいなかった様で誰が勝つのだろうか。こちらは結構熾烈かもしれない。

ps

房総の某有名コンテスターの方が今日の午後から聞こえていた。停電が復旧したのかもしれない。1.9MHzも出ていたようなので、アンテナは無事だったようだ。良かったね。

 

| | コメント (0)

2019/08/18

2019 KCJコンテスト

恒例のこのコンテストに参加した。いつもと同じ7MHzシングルバンド。コンディションの悪さを嘆いて久しい。悪いのは承知での参加も3回目となる。確か昨年は暇を持て余して、昼寝をしていたような・・・。

さて、今年はどうだろう?出だしも、相変わらず悪い。しかも信号が弱いから、コピーミスの可能性大だ。気にしても仕方がないので、自然体で臨む。しかし、カスカス、中々辛いものがある。

 

結果の方は、

2019_kcj_point

2019_kcj_multi

2019_kcj_rate

 

昨年と比較すると、

2019_kcj_rate_1

昨年が悪すぎたのか、今年が良い感じは全くしない。結果だけを見ると少しはマシだが、相変わらず忍耐を要する。

あと、DXが30局近くあるので、そのほとんどがログが出ないので、落ち込みも激しい。

ミスコピーも大量に出そうだから、蓋を開けてみないと何ともよくわからない。

とりあえず、最後まで完走できたので良かった、良かった。

-・・・-

設備は去年と同じ。200W+リニアローディングダイポール。

いつもの先輩ともNR交換。

福井のマルチが中々取れなかったが、最後に2局とQSO。諦めていたのにこんなものだ。

みなさん、マルチバンドでの参加が多かったが、私と同様に忍耐強い方?も何人かいた。頭が下がる。

最後の方は、NEWな方が全くいなくなり、全員がCQの嵐。NEWが出ると皆さん挙って呼びに回る。皆、同じ行動をとる。ピラニアが餌に群がるようだ。全員が飢えているかのようだ。

昼寝はしなかったが、暇だからtwitterとかを見ていた。こんな時に限って呼ばれて、慌てる。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧