« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022/12/29

2022年アマチュア無線総括

恒例?の1年の総括をしてみた。昨年から進歩もないし変化もない。相変わらずCWは下手くそで上達しない。下手くそを再認識したから、来年は少し練習でもするか・・・。
ハイバンドのコンディションは確実に良くなった。春には15mでWASも出来たし、秋ごろからは10mのWASを始めるも、残り6。ほとんどが、東岸の上の方の1エリア。朝が早い時間だし、たまに早く起きても開けていない。やっぱり、15mよりは難易度が高い。
12mもWASをやってみるが、アンテナがショボいのと、相手もいない。これまた、難易度が高そう。18mも増えないし、40mはこの1年で増加なし。40mはお決まりの所しかできる印象がない。みんなハイバンドに行って相手がいないのか、それともコンディションが落ちているのか。。
30mも相変わらず、苦手。たまに、昼の時間に出ると国内からパイルを受けたりはするのだが、DXには聞こえない/飛ばない難しいバンドだ。

ー・・・-

2022_all_qso

総局数は昨年とほぼ同じ。15mが増えたのと、10mでWとできるようになったのが素晴らしい。頑張って、30mと12mに出たがやはり少ない。コンテストでも苦手の80mと2mは少ない。どうしても、好みが出てしまう。

SATも限界を感じて、半減。HFハイバンドが良かったので、時間をこいつに食われた感じか。

2022_jcc_cfm

JCCは追っかけてQSOしない割に、毎月増えないかと気にしている。その昔、WACAが630市ぐらいの時に、もう少しまで行ったができなかった。今は800数十もやらないとダメだ。まだまだ先が長い。ちゃんと追っかけないと増えないね。

ー・・・-
DXCC。こちらもJCCと同じく、追っかけもしないのに、増えないかと頻繁にサイトをチェックしている。ハイバンドのNEWが増えたものの、MIXのNEWは微増。

2022_dxcc

チャレンジは目出度く、パチパチパチ(888)。こちらも、ハイバンドが寄与している。17mと10mで100を超えた。2mもBV、UA0の出来たバズだが1しか増えない。6mは常設のアンテナがない。ダイポールぐらい上げておくか。。

2022_was

15mが完成したし、10mも大幅アップ。12mは前年0からの大躍進?。

2022_waz

WAZもできなかったZONE36ができて、LoTWでやっと完成。digital様さま、だ。

一応、VUCCも載せておく。

2022_vucc

ー・・・-

コンテストの参加と結果の備忘録。


◆1月
・オール埼玉:7MHz 県内1位
・WW 160m:Single Operator Assisted Low Power JA 3位
◆2月
・関東UHFコンテスト:AM 4位
・KCJ TOPバンドコンテスト:55位
・ARRL DX CW Contest: SOULP JA 8位
・広島WASコンテスト:県外3.5MHz 2位、7MHz 10位
◆3月
・参加なし
◆4月
・JIDX CWコンテスト:AB 7位
・ALLJAコンテスト:X50 全国2位
◆5月
・東京コンテスト:都外電信電話オールバンド1エリア 1位
・WPX CW コンテスト:SO HIGH ALL (T) JA1 4位
◆6月
・山梨コンテスト:県外B部門 個人局 5位
・AA CWは不参加
◆7月
・6m&Down コンテスト:X50 関東3位
・UECコンテスト:7MHz 未発表
◆8月
・フィールドデーコンテスト:JR9FFO/1 MMで参加 1位
・KCJ:7MHz 1位
◆9月
・XPO記念コンテスト:7MHz 未発表
・愛・地球博コンテスト:7MHz 未発表
◆10月
・全市全郡コンテスト:XAM 未発表 途中リタイア
・千葉コンテスト:7MHz電信電話 未発表
・東京CWコンテスト:都外 マルチバンド 未発表
◆11月
・QRPコンテスト:7MHz自作 未発表
・多摩川コンテスト:流域外3位
・東京UHFコンテスト:都外マルチバンド 未発表
・CQ WW DX CWコンテスト:SINGLE-OP ASSISTED ALL HIGH 未発表
◆12月
・ ARRL 10m contest:CW 未発表

ー・・・-

自作などまとまったものは、相変わらずない。JA6IRK/1岩永さんのAKCプロジェクトのお手伝いで、2mと70cmの八木を作って頒布をやってた。テレワークで家にいることも多かったので、8月以降、それぞれ15本、合計30本もの八木を作った。量産すると微妙に違いが出て、毎回ブラシュアップして熟練?になったかも。

コンテストの方は、進歩がないね。後退しているかも。集中が続かないので、ダメだね。少し刺激をいただいで気合を入れないと・・・・。

さて、今年も何だかんだ無線を楽しむことができました。withコロナで飲み会も何度か合って楽しめたし、やはり人から刺激をもらうのがいい。来年ももっと落ち着いて無線ができるといいなぁ、と思っています。

みなさま、TNX QSO!

 

 

| | コメント (0)

2022/12/25

短縮Vダイポールアンテナを試して見る

先日、JA6IRK/1岩永さんからお借りしている短縮Vダイポールアンテナの試作品を試して見た。このアンテナはSOTAなどリュックサックにアンテナを入れて移動運用をすることをターゲットに開発されている。固定で使うには少し物足りないかもしれないが、回転半径約1m(エレメント長1.5m)の実力はということに興味を惹かれて試して見た。

1671925360183

1671882702565

設置環境は2階のベランダにグラスポールで3mぐらい持ち上げた。給電点が屋根の少し上に出るぐらい、地上高で7mぐらいだと思う。この屋根には、屋根馬で7MHzリニアローディングダイポールアンテナ、ショートブームの3エレトライバンダーが乗っている。このアンテナとSWで切替て、Vダイポールアンテナを比較してみた。地上高も違うし、形式も違うから正しい比較はできないが、これらのアンテナは普段から使いこなしているので、Vダイポールアンテナがどの程度使えるか、肌感覚としてよくわかると思う。

ー・・・-

Vdp_kit

試作品のキットの全容。これはフルセットだが、自分のお気に入りのバンドのコイルとマッチングコンデンサーを購入して使うことを想定している。アルミパイプの主エレメントは30cm程度の物を2本つなぐ。これだと、楽にザックの中に入る。これ2本と先端のロッドアンテナをつなぐと、片側1.5mとなり、50MHzのフルサイズダイポールになる。

耐電力は20W。内蔵のバランと短縮コイルの発熱による制限とのこと。移動で使うFT-818やIC-705ならせいぜい10Wだから問題はない。

ー・・・-

実際に使用してみた。

7MHzは21時ごろから、ちょっと時間が遅すぎたか。BYと数局交信できた。こちらは10W。感覚的にはリニアローディングダイポールとの差は-6dB程度か。地上高の差もあるので、あくまで感覚だが。実際に交信すると相手とは15~20dBの差がある。パワーの差が10dBはあるから妥当なところ。200Wで運用しても10dBの差はざらだから、こんな物だろう。片側1.5m程度のエレメント長で上出来だ。本当の所、使い物になるか半信半疑だったが、意外と使えるなぁ、というのが正直な感想だ。ベランダにちょこっと出せばいいし、目立たないのが良い。これなら、移動だけではなく、アパマンでもバンドを覗くには最適だと思う。

7mhz_1

比較試験は、毎シーケンスごとにアンテナを切り替える。コンディションによる変動が大きいが、大雑把に見て6dB程度の差だと思う。

Pskr

試験した時間が遅かったのか、Wには拾ってもらえなかった。BYが数局とVR2と交信ができた。

ー・・・-

翌日の朝、21MHzを試して見た。こちらも、時間はちょっと遅めの8時頃。

21m_pskr

JAとYBと交信が出来た。やはりこちらは10W。Wは時間が遅すぎたか、わずかにビックガンに捕捉されただけ。こちらは、コンディション頼みなので、開ければ問題なくできるはずだ。

ここでも、感覚的には、3エレトライバンダーとは6dBぐらいの差か。パワーの差もあって、0dBかプラスの局でないと中々拾ってもらえない。このバンドもDXは100W以上の局がほとんどだから。ただ、このバンドは開けさえすれば、飛ぶはず。IRKさんは南米ともできている。

ー・・・-

最後に、バンドの帯域特性を残しておく。あくまで、私の設置環境だし、アンテナも試作品だ。特に記載が無いものは、ロッドアンテナを最長に伸ばした状態だ。

7mhz_20221225093301

10mhz

14MHz、写真を撮り忘れましたが、バンド内に共振点があります。

18mhz_1cm

18MHzは先端を両端1cmずつ短くして、共振点をバンド内に入れた。

21mhz_2_5cm

21MHzは先端を両端2.5cmずつ短くして、共振点をバンド内に入れた。

24mhz_vna

24MHzは残念ながら、バンド外。エレメント長が2cm程足りない。コイルをもう1ターン巻くと短くなりすぎるんだろうな。こうなっても、ロッドアンテナ長さを調整すれば大丈夫なはず。

28mhz

50mhz

こちらは、フルサイズなので帯域は広い。

ー・・・-

正直、どこまで使えるか、半信半疑だったが、このくらい使えれば十分楽しめると思う。このアンテナに限らないが、自分の環境やパワーを認識したうえで、トライしてみると楽しい。HFのDXのディジタルはハイパワーの局も多いのも事実で、相手の受信能力?を試すのも楽しいかも。

JA6IRK/1岩永さんのVダイポールのサイトは、こちら

 

| | コメント (0)

2022/12/12

2022 ARRL 10m contest

やっぱり、コンディションは確実に上がっている。10月ごろからFT8では北米がたくさん出来ていたが、ちょっと落ち目。それでも、CWで沢山のWと交信ができた。とは言え、まだまだ、不安定。中々取ってもらえず苦労することもしばしば。

でも、こんなにできて嬉しい。ピークは7:30-8:00(JST)だろうか。開ける時間は短いし、東岸はわずかに聞こえるだけ。WASもNEWを期待したが、増加はなさそう。残念!。

ー・・・-

2022_arrl10_point

2022_arrl10_rate

2022_arrl10_multi_w

2022_arrl10_multi_dx

昨年は、確かWとできなかったはず。それに比べると素晴らしい!

土曜日の昼からはAKCの忘年会。結局、秋葉原で6時間のロングラン飲み。時間があったので総量は大したことないと思う。その後おなかが、ピー状態に。食べ過ぎたかなぁ。コンテスト中もずうっと。調子が出ませんw。

これで、年内のコンテスト納め。そう言えば、なんだかんだで10月から毎週のように参加していたw。少しセーブしないと他のことができない。

それでも、年明けは埼玉、WW160と続いているのだが・・・

ー・・・-

Contest: ARRL-10
Call Sign: JK1LSE
Category: Single Operator Unlimited, CW Only, High Power
Operator: SINGLE-OP - Created from: Number of operators question (Answer: Only one)
Assisted: ASSISTED - Created from: Spotting assistance question (Answer: Yes)
Mode: CW
Power: HIGH - Created from: Highest power question (Answer: More than 100W)
Band: 10M
Location: DX

 

| | コメント (0)

2022/12/04

2022 KCWA CWコンテスト

こんなのに参加した。ログを出すのは始めてだと思う。昨日に引き続き、TS-950SDXの試運転だ。だが、挫折した。。

2022_kcwa_point

2022_kcwa_rate

2022_kcwa_multi

うー、出だし30分ほどで、RigとPCの通信がコケた。何度が復帰したが、最後はRigを認識しなくなった。電源を落としたり、再起動するが認識しない。そんなこんなで、20分ほど使う。仕方がないので、991に繋ぎ変えた。なんだかなぁ~。

その後も、何度か試すがうまくいかない。しょうが無い。

コンテストの方は昼を過ぎると新しいお客さんはいなくなった。10時間ものコンテスト、成立していないw。

ー・・・ー

USBアイソレーターやコアを入れていないので、試してみたいのだがRigを認識しないので、どうしようもない。とりあえず、おしまい!

 

| | コメント (0)

2022/12/03

2022 FCWA QSOパーティー

初めてログを出してみた。参加するつもりはなかったのだが、TRXの試し打ちのつもりでちょっとだけ?参加してみた。

1670070818360

大昔、手に入れたTS-950SDX。昔のハイグレード機だ。しかし、今となっては見劣りがする。ウォーターフォール表示などもちろん無い。基本性能や、2RXは魅力がある。数年前に、PLLアンロックで修理に出した。その前から、送信しているとパワーが下がってくる症状もあって、だんだん使わなくなってしまった。修理してもらって、2nd PLLのトリマーの接触不良とのことで治ってきた。その間、2ヶ月ぐらいエージングしてもらって十分見てもらった。大丈夫そうだ。こんな、30年級の古い機械でも見てもらえるのは嬉しい。

数年前、CATのIFやFT8の音声入力IFなど作成して使えるようにはしてあった。CATの反応が遅いようで、そのままあまり使われなくなっていた。反応が遅いのは、メインダイヤルを回したとき、停止した状態で周波数を送るようで、回している途中は送らない仕様のようだ。これなら問題はない。RBNから拾った周波数の反映は、まあまあ使える範囲の反応速度だ。

そんなこともあり、試してみた。250Hzのフィルターも入っているので実践にも使える。DSPのフィルターではないので素直な音でいい。

最初だけでやめるつもりだったが、途中抜けはしたものの、最後まで走ってしまった。なんだかなぁ、悲しい?性である。。。

ー・・・ー

2022_fcwa_point

2022_fcwa_rate

いい調子でやっていたら、最後、パワーが下がってしまった。50Wぐらい。温度のプロテクターが働いたか??。温度が下がったら、またパワーがでるかなぁ~。

【追記】

どうも電源トランスのあたりの温度センサーが働いたみたい。冷ましたら、パワーは戻ったw。

 

| | コメント (0)

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »