« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022/08/15

2022 KCJコンテスト

このところ、参加するコンテストも固定化している。こちらも、真夏の大我慢大会?だった。今年は、お盆の時期にあたり、台風も東海・関東を襲った。東北では豪雨が続き、それらが原因だろうか、参加者が少なかったように思う。なので、何時もにまして大素振り大会になってしまった。

1660512774403

食べるものは、山の上と変わらないなぁ。と言うか、あまりカップラーメンは食さないのだが、今回はラーメンを啜りながらRunしてみた。2BSIQよろしく、ラーメンの啜りと、NRを交互に送るシンクロ動作をやって見た。中々、難易度は高い。そういえば、ラーメンを食べながら交信したことはなかった。熱いのと担々麺は辛いので難しい。まあ、それだけ、暇だったってことだが。


ー・・・ー

2022_kcj_point

2022_kcj_multi

2022_kcj_rate

2022_kcj_rate_kako

局数は昨年に遠くおよばず。決してコンディションが悪いわけではなく、近距離や関西方面もずうっと聞こえていた。やはり、お客さんがいないみたい。こうなると、他の方とほとんど差が出ない。マルチにしても、ほぼ同じであろう。1局、1マルチが勝敗を分けるに違いない。

朝方の局数の差が、そのまま差として出てしまった形だ。明けてからは、ど~っと呼ばれることもなく、盛り上がりにかける。出だしは、台風の影響でアンテナが揺れてSWRが安定しない。唯一のリニアローディングダイポールの欠点だ。パワーを絞りながら、やり過ごす。朝になってからは、無風となったためSWRも安定し、すこぶる快適なのだが。

最後の6時間はとにかく、苦痛。呼ばれない。グラフでは30分で2、3局できているが、実時間では30分間、空振りということもあった。そういえば毎年こんな感じだったと思い出す。来年は、もうやらないぞ!と思うのだが、どうなることやら。

マルチは昨年からDXの扱いが変わり、CQ Zoneに変わっている。DX局はどれだけLogを出してくれるかわからないが期待したい。ポイントも3から2に変更になっている。

それでも59マルチは上出来。あと一つ、沖縄か北海道を取りたくて、最後Runするが叶わず。本州はWKやIK、YMが残ったが、後半でSUQが参戦してきたので、無事クリア。CWのコンテストはやはり人気があるようだ。

HD(日高)は、初めてできたように思う。しかも、先輩がITからの移動だった。短時間の運用のようで、多くの方はできていないのではないか。お盆で家族旅行か、羨ましい限りだ。しかし、日高の見どころは何だろうか。自分も行ったことがない。

ー・・・ー

先週のFDでの移動運用とこのコンテスト。慌ただしく、過ぎてしまった。そして来週はハムフェアー。3年ぶりの開催だ。若干、コロナは収束しつつあるとはいえ、まだまだ感染者数は高い水準だ。できれば、混雑は避けたいのだが、久しぶりということで参加したいと思う。

このようにして、熱い夏は過ぎていく。

| | コメント (0)

2022/08/08

2022 フィールドデーコンテスト

(仮称)ホタテコンテストクラブ。こんなクラブは実在しない。Twitter上の仮想クラブ。誰かがtweetしたことから、一部の人の間で、なんとなく広がりを見せている。今回は、このお誘いをいたいたので、いつもと違いマルチオペでの参加となった。使用するコールサインはJR9FFO/1。色々と経緯があって、これになった。

2022_fd_yagi

6Dが終わってしばらくすると、マルチオペで参加してみないとお誘いをいただいた。毎度の筑波からの6m参加も、同じようで進歩がない。二つ返事でOKした。全容が全く決まっていなくて、メンバーなど詳細はこれからという、急ごしらえの仮想クラブだ。

6mのアンテナは、みんなが見ているから実演を兼ねてウインチでフルアップをしてみた。ただ、ステーをひっぱてくれるメンバーが居るので安心してアップすることができた。下のYAGIはちょっと低かったかな。こちらは都心に向けての固定で、今回は同一方向のスタックで使う意味はない。もっぱら同時給電で、都心の局とマルチを同時に拾う作戦だ。

ー・・・ー

マルチオペの詳細は今年のCGBに掲載するとのことなので、ネタバラシになってしまう。ここでは、それについては記載しない。自分が担当した6mについて、備忘録として記載する。(以下数字は暫定値)

2022_fd_pointi

2022_fd_multi

2022_fd_rate

2022_fd_ratekako

移動地は埼玉県比企郡ときがわ町の某所。標高もあり、移動運用のメッカだ。ロケ的には都心は近いし標高もあるのでVUならば局数が稼げていい。ただ、西方面は近くに同程度の標高の山があるし、その奥には更に高い山が続く。また、北方面も別のピークがあってこちらも厳しい。もっぱら、関東のロカコンのVU向けといったところだ。もう少し場所を選べば、良いところがあるかもしれないと、近所をロケハンしてみたが都合の良い場所はない。若者?向けのちょっと担ぎ上げをすれば、マシかもしれない場所は見つけた。どなたか、チャレンジされてはいかが??

局数はというと、昨年の筑波と比較して少しの減。出だしは変わらないし、深夜でちょっと増えて同じ程度。昨年は関東に台風が直撃したあとで、参加者が一昨年よりも少なかった。ことしは、新潟や東北で線状降水帯による大雨が続いた後だ。関東も小雨が続いたせいか昨年同様、参加者が少なかったように思う。いつものことだが、出だしのphoneのRunも15分ほどで息をつく。

午前中、途中で昨年の自分に抜かれているが、これは他バンドへの干渉のため電波をストップしたことによる。これがなければ、昨年並かもう少しできたかもしれないが、大勢には影響がないだろう。

マルチはというと西の壁が厚い。筑波からだと、18、20あたりは局数稼ぎにも寄与するのだが、とにかく信号は弱いし数もほんの僅か。元々ここで西を期待するのが間違っているらしい。それでも、26の移動局を見つけた。高地に移動しているのであろう、信号もしっかりしている。この局でビーム合わせをしてみると、ほぼ地図上の方向からが一番強く入ってくる。この後、この方向を基準にビームを調整することができたので助かった。

24はDRIに呼んでもらった。NZCは何度もいいたが、チャンスがなかった。27は随分あとになってやっと。21もしばらくできなかったし、19、20、28は確かそれぞれ2局ほどしかない。

39はなぜかXXKが呼んできた。どんな伝搬だかわからないが、さすがきこりさん。その後36もできたが、ほんと、西が遠い感じがした。

北は07止まり。04も拾ったがちょっと怪しい。06もやっと2局ほど。こちらも随分と遠く感じた。08は西向けビームで呼んでいただいた。09も同じ。反射だろうからいづれも弱い。関東以外、どの方面も遠い感じがした。

40は一瞬のEs?か。開けたのかどうかもわからない。同じく、北海道も開けたのかわからない。自分としては、こんなコンディション、場所での24マルチは納得感がある。さて、皆さんはどのくらいできたのだろうか、気になるところだ。

ー・・・ー

1659909977287

これが、開始前の場所取り風景。キリ、小雨の降るなか、怪しげな旗を立てて場所を確保。SAT用の基台に釣り竿をさして、SAT用のアンテナを横棒にして、中々の見栄え?、と思っている(のは自分だけ)。
暑いはずの、この時期、前夜祭もブルーシートで小雨をしのぎ、寒さで震えながら缶ビールを片手に参加。何ともいつもと違う状況だ。灼熱地獄よりはよっぽどマシで、片付けのときはアメ・キリも晴れてのでよかった、よかった、です。

何より良かったのは、コロナ禍で長い間、大ぴらに参加することができなかったイベントに参加できた。コロナのほうは、収束が見えないが・・・。仮想空間の集まりとは言え、リアルで沢山のものを見せてもらい、話ができたことが何よりの収穫。こんな楽しい時間を共有でき、久しぶりに大満足だ。

こちらも、諸事情で開催ができなかった、BBQ代わりの、大カレー大会。レトルトのカレーだが大人数で温かいカレーを食べて皆笑顔。(写真なし、笑)

さて、こんなマルチオペ参加だが、多くのバンドでQSOいただいたことと思う。みなさま、QSOいただきありがとうございます。一応、コントストの結果も期待しています(笑

最後にネタバばらし。参加者は、

JJ2JQF,JQ1IBI,JI1UPL,JJ1JQJ,JK2RCP,JR9FFO,JQ1BVI,JP1QGO,JJ8DAN,7M3URL,平井さん,JK1LSE(順不同)

 

| | コメント (2)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »