« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022/03/24

近況

 

すっかり、春らしくなってきた。このままだと、3月のブログ記載が無くなりそうなので、最近の様子を残すことにした。

Pocketator

(試験中の、PockeTator)

ー・・・ー

仕事面では、2月末で終わるはずの案件が3月にずれ込んだ。おかげで、先月末から3度も夜勤をしてしまった。テレワークだからゴロゴロしていたのだが、コンテストのようには行かない。調子が出ない。この案件も、一応落ち着いたようなので、少しは時間ができるかなぁ。

月の初めにコロナワクチンの3回目の接種を行った。毎度発熱があるので、ある程度は覚悟していた。翌朝から微熱が出て、夕方には37.8℃ぐらいまで上がった。ここまでは、いつもの通りで体はダルい。翌日、微熱程度に下がったが、鈍痛の頭痛が続く。気分が冴えないが、その次の日は休日だったため、サテライトのアンテナを担いで移動運用を行った。JCG13009C→JCC1340→JCC1310と回って早めに帰宅した。ローテーターの試運転だ。

3回目は結構ひどくて、頭痛にはまいった、4回目があるかもしれないが躊躇してしまう。

ー・・・ー

写真はpockeTatorのテスト状況。どうしても、イナーシャ(慣性モーメント)の影響により、指示値のズレを生む。プログラム等で改善をしてもらったのだが、完全ではない。

①絶対位置検出

 マイクロSWを追加して、絶対位置による補正機能を追加していただいた。1箇所バージョンと、90度ごとの4箇所バージョンを作成いただいた。結果の方は、うまく補正ができるようになって、天井裏を覗き込まなくても良くなった。これは大きな進歩。

②イナーシャ対策

 絶対位置補正も加えたのだが、自動追尾とか細かくアンテナを動かすと、誤差が蓄積していく。結局の所、このイナーシャを最小にすることが必要と振り出しに戻ってしまった。

 写真は回転マストとケースの間にボロ布を押さえつけて、摩擦を生んで回転を押さえるようにした。このアイディアは以前からあったのだが、更に摩擦を大きくした。当然、回転時にトルクが必要となりモーターに負荷がかかる。しかし、停止時にはこの摩擦によって、イナーシャによる振動が抑えられるという仕組み。

 4ele/8eleの八木を積むとかなりの重量と慣性を生む。完全ではないが、かなり抑え込むことができる。この対策と、①を組み合わせることで、自動追尾であっても、ほぼズレて困ることがなくなった。これを屋根裏のモータにも仕込んだので、もう少し様子を見てみようと思う。完成に近づいたと思う。

ー・・・ー

最近は、HFのハイバンドのコンディションがいいという。それではということで、久しぶりにFT8をやってみた。

なるほど、10mでもWとできた。アンテナがショボいせいか12mは流石に苦しい。結局、15mあたりがちょうどよくて、Wとかなりやった。

WASは20mのCWで完成しているが、それ以外はまだまだ。今朝、15mでNDができた。20mでも最後まで残っていたところだ。ここはLoTWでcfmできている。

ディジタルの残りは、

 Delaware (DE)
 Maine (ME)
 Kentucky (KY)
 North Dakota (ND)★wkd

15mの残りは、

 Delaware (DE)
 Maine (ME)
 North Dakota (ND) ★wkd
 Rhode Island (RI)
 South Carolina (SC)
 Vermont (VT)
 West Virginia (WV)

15mは、今回だいぶ埋まった。

DXCCチャレンジも少しは増えたが、中々upしてくれない。増えないw。

ー・・・ー

いくつかのコンテストもあったようだが、参加はなし。

そんなこんなで、3月も終わってしまいそうだ。

| | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »