« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022/02/27

2022 広島WASコンテスト

去年も参加したからという理由で今年も参加。オールバンドで出るほどの設備もないので、ワイヤーアンテナでできる、80mと40mにエントリー。よく見るとMix部門しか無いじゃないの。昨年もやってるw。億劫だなぁ。自宅でやると声を張り上げるわけにも行かず、ボイスメモリーを入力。

ー・・・ー

2022_was80_point

2022_was80_multi_kennai

2022_was80_multi

ー・・・ー

2022_was40_point

2022_was40_multi_kennai

2022_was40_multi

2022_was_rate

2022_was_rate_kako

ー・・・ー

夜の部の80m。夜陰に乗じて、いつものダイポールを展開。SSBだとS9、CWでもS7のノイズ。呼んでいただいてもコピーできない局が多数。申し訳ない、SRI。

去年よりできたけど、みなさんも同じだよね。結果はどうだろうか。

ー・・・ー

翌日の午後の部、40mだ。コンディションは死にはしないが、そんないに良いわけでもなさそう。CWで1時間はもったが、諦めてphoneへ。憂鬱だな。ちょっとやって、CWへ。

今日は風が強くて、リニアローディング・ダイポールアンテナのSWRのふらつきが半端ない。グラスの釣り竿だから、揺れが激しい。雨は大丈夫だが、風には弱い。飛びもいいし、軽量ですぐれものだが唯一の欠点は風がだめ。アルミパイプなら少しはましかも。

誤魔化しながら、終えることができた。最後はphoneでちょっとだけ呼ばれる。マルチは昨年に及ばないものの、局数は昨年並。さて結果はどうなることか。相変わらずの猛者連が参加していた。

2月はこれに出るようになって、毎週のようにコンテストがあり、結果的に忙しい。確か、3月は暇だったような。この後、JIDX、そしてALLJA。さてどうするかなぁ。

 

 

| | コメント (0)

2022/02/21

2022 ARRL DX CW Contest

コンディションは、上向きか?。しかし、やる気のほうがこのところ毎年低下。局数は毎年下がるばかりだ。昨晩は80mの調子が良かったようだが、アンテナを展開せず。40mも強風のため、SWRが安定せず。最終日の朝も15mが良かったようだが、8時に起床。

まあ、足跡だけは残すことができた。

ー・・・ー

2022_arrl_cw_point

2022_arrl_cw_40multi

2022_arrl_cw_20multi

2022_arrl_cw_15multi

2022_arrl_cw_rate

2022_arrl_cw_rate_kako

今年は、15mのマルチがたくさんできた。昨年は6マルチだから、確実にコンディションは良くなっているのだろう。昨年もかなりチンタラしていたが、今年もさらに・・・。昨年の20mは45マルチもできている。今年も、もう少し早く起きていたらたくさんできたかも。昨年の最後の追い上げが凄いw。

10mも1局だけ聞こえたが、呼んでも届かず。来年に期待したい。

天井裏に登ってSATのアンテナを交換をしたり、LANの有線がほしいと言われ配線工事をしたりと、それなりに忙しかった。弱小局が楽しめるには、もう少し時間が掛かりそうだ。

 

| | コメント (0)

2022/02/13

2022 KCJ TOPバンドコンテスト

流石に連チャンでお山に行くことはできない。しかも、このコンテストは24時間の夜だけなので2晩も必要。諦めて、自宅から。ここは、やっぱりノイズが多い。少ないときでS5。多いとS7-S9とこれだけで萎えてしまう。

アンテナは、フルサイズ(一応・・)の80m用ダイポールにトラップコイルを付けたもの。長さはそこそこある。高さがないし、片側はとぐろを巻いている。

2日目の夜もやろかと思ったが、初日の夜のみ。朝もパスして、早々にアンテナを畳む。今晩は雨だし、雪に変わるという。寒い日だ。

ー・・・ー

2022_kcjtop_point

2022_kcjtop_multi

2022_kcjtop_rate

初日はやり尽くしたが、耳が悪くて落とした局も多数。SRI!

しかし、こちらは一応200Wだが、呼んでも応答のない強力局も沢山いた。こちらよりさらに耳悪。ノイズが多いのかなぁ。

991もいい機械だが、1.8のCWとなるとディジタルフィルター特有?の抜けがあって、辛い。高級機だとこの辺がいいのかなぁ。

昨年よりも1日目の局数が少ない。お山を経験すると、ノイズのない環境が恋しくなる。160mは面白いのに。

 

| | コメント (2)

2022/02/11

2022 関東UHFコンテスト

コンテストとなると天気が悪い。関東では年に数回しか降らないのだが、それがコンテストに当たる。降り具合の様子を見ながら、山へ出かけることに。早めに行けば降雪には当たらなそう。帰りは晴れだからなんとかなるか。

Img_20220211_063657

コンテスト開始前の状況。気温が高くて、ボッテリと積もる。周りの木々もクリスマスツリーの様できれいだ。

1644582244860

これでは、コンテストにはならないので、雪を払い落とす。

Img_20220211_074805

これが、コンテスト開始間際の状態。これ以上叩くと、アンテナが曲がるので、このくらいで我慢してコンテストに参加。

ー・・・ー

こちらは、コンテスト終了時。アンテナの雪もすっかり溶けている。この写真は雲があるが、このときだけ。それ以外は、晴れて穏やかな日だった。まあ、こんなものだよなぁ。

Img_20220211_150331

Img_20220211_150319

ー・・・ー

アンテナシステムは、東京UHFで確認済のもの。70cmが15eleの縦スタック、23cmも1mブームの物を縦スタック。これに、先端に23cm用のコリニアを縛り付けてある。超高級?の同軸リレーで切り替えている。70cmの方も、奥にコリニアを立てた。こちらは、手元までケーブルを引っ張って、手動SWで切り替えている。

効果の程はというと、今回はCWのエントリーということで時間があったので、SWを切り替えたりビームを振ったり、なかなかおもしろかった。電波とは不思議で入感の方向が色々変わる。相手のアンテナや経路に影響するのだろう。面白い。今回はこれが一番かな。楽しめた。

ー・・・ー

エントリーはAM。BMも考えたが、ここからは500Q's超えることはできないだろうから、逃げた。逃げ先が、AMということで、こちらのほうが、スコア的には詰まっていて、1Q,1Mで順位が変わるほどの、超激戦区。逃げたことにはならんか。CWのほうが楽だし。

2022_knt_uhf_point_20220211221001

2022_knt_uhf_multi430

2022_knt_uhf_multi1200_20220211221001

2022_knt_uhf_rate_20220211221101

まあ、AMはそうそうたるメンバー。この数だけ数えても、5位を超える。毎度のことながら、入賞が厳しいこのコンテスト。悪天候なので移動局が少なかったか、例年と比べて参加局数はどうだったのかなぁ。

23cmは飛ばないなぁ。プリアンプを入れればもう少し聞こえるかも。ビームと無指向性の組み合わせは、中々、良い。ビームを微妙に振って相手に合わせることもできた。

今年になって、9700を手に入れてCWにも参戦できるようになった。粘れば、もう少しできたかも。2TXで23cmをS&Pすれば、もう少し行けたような気がする。奥が深い。

ー・・・ー

開始前に、70cmFMでJQFとラグチュー。どうも、23cmからスタートするのが良いらしい。では、ということで始めてみて10局ほどで不法FMのかぶりを受ける。23cmもかとよく見たら、何と70cmだった。無線機の使い方に慣れていないから・・・・。早めに、23cmに移ったがこれで良かったのか??、だ。

ー・・・ー

悪天候の中、無事に帰ってくることができた。やはり、これが一番だ。QSOいただいた皆さん、ありがとうございます。

Img_20220211_170536

ー・・・ー

【番外編】

パンクした。年季の入ったスタッドレス。以前はこれを履いてスキーに出かけたりもしていた。一応、毎年履き替えている。家を出て、アレっと見るとこの有様。近所のいつものタイヤ屋さんへ直行。1本のみの交換ではなく、4本とも。トホホ、安全には変えられないが、予期せぬ出費。色々なことがあるw

Img_2890

 

| | コメント (8)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »