« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021/10/25

2021 電信電話記念日 & 東京CWコンテスト

3週連続の移動運用、自分でも良くやるなぁ、と。機材が車に積みっぱなしなのと、あとは惰性。最新、仕事の方も忙しく、何だかんだで前日も22時近くまで打ち合わせ。コンテストの疲れだか、仕事の疲れだか、ちょっとお疲れ気味(笑。

東京CWを目指して、いつもの場所へ。ACAGと同じ設備。160mが無いだけ楽か。マルチバンドダイポールの設営に手間取ったが、何とか完了。Twitterを見ると、どうも今晩もコンテストがあるらしい。NTTか。以前1度だけ出たことがあるが、やはり平日のコンテストだから無理がある。みなさんも同じはず。今年はうまく土曜日に当たったので参加することに。

ということで、ダブルヘッダーでの参加になった。効率はよろしいが、疲れるなぁ。

Img_2743

ー・・・ー

まずは、NTTから。CWのオールバンドにエントリー。声を出すのがだるいから。。。

2021_ntt_point

2021_ntt_rate

何とか、1分/1QSOペースの360QSOはできた。40mはダメになるのはわかっているから、早めに漁る。種目設定のせいだと思うが、20/15/10mは人気がないというか、まったくいない。20mの1qはFFOのみ。さすが~。

23cmも可能ということで、開始10分前にコリニアを仮設。バンドチェンジに忙しいから見ることはなかったが、最後の30分に覗くとそれなりにできた。やはり、覗かないとダメだな。

お決まりの、粘らないでバンドチェンジを繰り返す作戦で、何とか360qをクリアするが、これだけでは400qには到達できない。ここが、壁か。

今年は土曜日開催ということで、私のように参加した局も多いと思う。全体に参加局が増えたであろうから、トップの方はどのくらいのスコアが出るのだろうか。

24時終了で、早々に就寝。サーキットのお兄様方がうるさいが疲れもあって、すぐに夢の中にzzzzz_。

ー・・・ー

翌朝、5時に目覚ましをセットするが、3時頃に寒くて目が覚める。仕方がないのでしばらくエンジンをかけて温める。真冬はもっと寒いが、この間まで汗を流していたのに、もう暖を取る季節になった。

5時に起きれなくて、もぞもぞして5時30分に起床。あと、30分しか無い。PCを起動して、NRだけ確認して、準備完了。前夜のコンテストの続きみたい。。

2021_tkcw_point

2021_tkcw_rate

2021_tkcw_rate_kako

こちらも、何とか360QSOをクリア。出だしの80mはあまり呼ばれないので、呼びに回る。みんなCQの連呼で、お客さんは僅かだった気がする。こんな朝早くからやるのは物好きだけ→物好きはCQ→お客さんがいない、の構図の様。

でも、数を稼ぐには連呼も必要。この当たりのバランスが難しいね。結果からすると、もう少し80mで粘っても良かったかも。最初の30分以外、聞きもしなかった。ちょっと、少ないね。

去年の結果と比べると、出だしで呼びに回った分、数が少ないかなぁ。でも、ほとんど同じ。20mが少し開けてマルチを稼げた分、スコアは昨年を少しだけ上回った。まあ、誤差の範囲。成長が見られないね。惰性でやっているのがバレバレ。。

ー・・・ー

今回も何局の方とアイボールできた。コンテスト場所のバッティングではないが、アマチュアの方でも少しジャンルが違う。みなさん、高地を満足されたよう。

撤収時にはMDMさんの来訪。こちらは昨年はバッティング。今回はコンテスト釣果で盛り上がる。オンラインよりも、リアルがいいね、やっぱり。

サテライトは、仰角モータのコントローラーを落として壊したようで、使用できず。仕方がなく、コンテスト用の仰角なしのアンテナで追尾。流石に30度を超えると辛い。低仰角専用のサービスになってしまった。1405は前回も出てるから、珍しくないね。

仰角マイナス1.5度ぐらいまではループが取れた。山はやはりよく聞こえる。垂直のみのアンテナでも十分な気がする。つかの間の3衛星サービス。

Img_2746

今回はお決まりのカレー。SATしながら食べたので、冷めてしまった。レトルトでもうまいが、冷めてしまうとダメだな(経験値up)

Img_2756

マルチバンドダイポール。毎度、上げるのに手こずっている。ワイヤーが多い上に、ステーロープ、滑車のロープと紐が多い。グラスロッドは絶縁体なので気に入っているが、バランスを崩すと先端部が大きくしなる。こんなことで格闘しながら2時間近くも要してしまう。何とか簡単に上げられるようにしなければ。マルチバンド参加が大変で仕方がない。八木の方は重いけど、こちらは割とすんなり上がる。マルチバンドGPとか、もっとスリム化するか。

今回は1PC。1PCで2台のリグコンを検討しないとダメか。2PCは場所を取るし、1PCにしたい。寝場所も確保したので、延長テーブルを就寝のためにしまう必要もなくなった。固定局よりも広いスペースがある。これはいい。

ー・・・ー

無事、3週連続の移動運用も終了。以外と片付けに時間がかかり遅くなってしまった。家に帰って、機材を全部下ろした時にはすっかり暗くなってしまった。しばらくは、もういいかな。機材の積み下ろしが大変で。。

今回も大いに満喫した、移動運用。お相手頂いたみなさま、いつもありがとうございました。

Img_2763

今回は全くの無風でこんなこともあるのかと。千葉あたりの地上では20m近くの風が吹いたのこと。日中は穏やかで、暑いくらい。お世話になりました、筑波山。

| | コメント (6)

2021/10/17

2021 千葉コンテスト

前線が通過して、一気に冷え込んだ。秋も深まる。小雨が降る中、重い腰を上げて、いつもの場所に向かう。無線の方ではないが、いつもの定位置に車が止まっている。少し待つか。

Img_2737

ー・・・ー

2021_cb_point

2021_cb_multi

2021_cb_rate

2021_cb_rate_kako

昨年と比べると40m国内のコンディションは、確実に良くなっている。先週のACAGでもそうだった。今回も出だしは調子がよく、2時間で160QSOできた。その後も、コンディションは維持していたと思うが、参加局のほうが枯れてしまった。相手がいなくては、いくらコンディションが良くても交信できない。中々、厳しいね。

ー・・・ー

Img_2732

Img_2736

いつものお馴染みさんや、Twitterな方、SATな方など多くの方に呼んでいただいた。いつも、ありがとうございます。

 

| | コメント (8)

2021/10/11

2021 全市全郡コンテスト

昨年一昨年と台風の直撃を受けたこのコンテスト。今年はコロナ禍にあって非常事態宣言も解除されたし、台風も大丈夫そう。大量の荷物を積み込んで移動運用をすることにした。これらの荷物はコンテスト用の予備品もあるが、おもちゃ?も積み込むので毎回大量の荷物になってしまう。まあ、これも目的の一つだけどね。

Img_2684

ー・・・ー

いきなり、結果だがこんな感じ。

 

2021_acag_point

【追記】モードを調べてみた

2021_acag_hiritu

2021_acag_rate

2021_acag_rate_kako

今年から、160m帯が追加された。このバンドは面白いのだが、アンテナが大きいのが難点。フルサイズを張るとすると移動場所の制限を受ける。ということで、今回は筑波山系でも石岡市側にした。やはりフルサイズは場所を食う。

比較したレートは、2017年でコンテストを始めたばかりのときの記録と比較してみた。何てことはない、160mが増えた分しか増えていない。まったく進化してないね。まあ、退化することはあっても、急に実力がつくわけでもないから仕方がない。

グラフにすると、多少のコンディションの違いがあっても大差のないことがわかる。

ー・・・ー

今回の方針は、呼ばれなくなったら、すぐにバンドかモードを変える。引っ張らないことが肝心だと。スタートから6m→70cm→2m→80mのphoneをこなす。苦しいphoneからこなさないと、後がキツイ。後は、朝方の40m。コンディションが悪いうちはCWで開けてきたところでSSBに移る。キツイw。お昼前にHFハイバンドをこなす。各バンド、パット見だけでは20QSOぐらいがせいぜいだ。10mに出たらプチパイルになる。同じ周波数で呼ばれるから、まったく取れない。やっぱし、ヘボオペだなぁ。

午後に40mのSSBを粘って、夕方遅くにVUHFを回る。最後はどうせ、160mか80mしか残っていないだろう。瞬間やり尽くすので、なるべくハイバンドで粘る。23cmもちょっとしかやらなかったが、SO2Rでもやらない限り、時間を食うので貼り付けない。

最後は、160m/80m/6mを行き来して時間を使う。ここで終了!。まあ、マルチバンドは忙しいw。

ー・・・ー

【トピック編】

  • サテライトな多くの方々に呼んでいただいた。いつも聞いているコールだからすぐにわかる。だけど、地上波で聴くのは違和感がある。
  • Twitterのお馴染みさんからも、たくさんコールを頂いた。ありがたい。
  • 大学時代の先輩、後輩からもコールいただいた。みなさん、お元気なようで何よりです。
  • 会社の同僚。コロナ禍で飲み会もできない。早くオフラインで飲みでもしたい。
  • 現地にて、訪問者。なんと前の部署の同僚。私がここにいるかも知れないとのことで、多摩から車で来たという。そう言えば、無線のライセンスを取ったとか言ってたなぁ。不思議な人だが、懐かしかった。
  • コンテスト終了後、70cmでJ氏とL氏と反省会。まったりと、お話できた。やはり、自宅派は風呂に入れて、一杯できるのが羨ましい。
  • phoneの話し。コンテストナンバーの「ヒト」、「マル」の繰り返し連打はやめてくれ!。ヒトマルマルヒトヒトヒトマル・・・。頭の中のFIFOは数文字分しかない。すぐに押し出されてしまう。言い訳だが、phoneのナンバーミスが沢山ありそうで怖い。

ー・・・ー

【アンテナ編】

Img_2679

写真では分かりづらいが、

160mはグラスロッドの先端に取り付けたフルサイズのダイポール。

80m/40/20mは同一給電のフルサイズのダイポール。

15m/10mはトラックプコイル付きのダイポール。15mは短縮される。

160mはよく飛んだし、ノイズがないので、ストレスなし。やはり、移動運用はいい。

80m/40/20mは曲者で、他のバンドのエレメントが微妙に干渉する。スペーサーの間隔が狭すぎるかもしれない。基本的には、2倍、2倍の周波数関係であれば、うまくできるはずだ。上げ方が悪くて、エレメントが交差してもだめ。意外と手間を食う。

15mのトラップコイルは、得意?のコンビニ袋で雨よけにした。水滴がつくと共振点が下がることを経験しているから。見てくれは悪いが機能は果たすはず。大した雨が降らなかったので、本当のところは分からない。

Img_2689

マルチバンドの給電部だが、何の写真かよくわからないね。

Img_2685 

VUHFのアンテナ。八木アンテナを好む。(X7000とか買うのが癪だから・・・。良さそうだけど、高い!)

モーターもついているが、始まる前のラグチュー時に回しただけ。コンテスト中は1回も回さなかった。各地の方向確認ができてよかったけど。この地からだと、八木の一方向だけで事足りると思っている。サイドとなる千葉や栃木もそれなりにできている。ダイポール相当の0dBぐらいのゲインはありそうで、それで十分だと感じている、アンテナを向けたとこで、そんなに多くの局がいるわけでもないし。

写真を撮るのすら忘れているのが、23cm。ループ八木を持ってきたが、安直にコリニアアレーを釣り竿に縛り付けて、おしまい。

Img_2674

問題のグラスロッド。細いので先端の方は使っていない。160mで12m高ぐらいの高さだと思う。

つなぎ目をしっかりテーピングしたつもりだが、開始までに2度も上げ直した。ステーをしっかり張ったせいもあるが、風に吹かれて途中が縮んでしまった。2回目はコンテスト開始前で、上げ直したときには周りは暗くなってしまった。マルチバンドダイポールなどエレメントが複雑で手間がかかる。何とかコンテスト開始には間に合った要らぬエネルギーを大量に消費してしまった。ああ、疲れるわw。

普段ならば、大丈夫なようにしたつもりだが、夕方からはそれなりに風が吹く。車内にいても、時々車も浮くからそれなりに強い風だと思う。八木のポールはしっかりとステーを張ったので大丈夫だったが、6mの八木の方向が狂ってしまう。仕方がないので釣り竿で下から叩くと治った。これで回るくらいだから取り付けが甘い。マストが32mm径にするべきだ。最も15m/10mのマストに使ってしまったから手持ちがない。

今回のアンテナ騒動はこんな感じ。本数が多いだけにトラブルの機会も増える。何とかシンプルにならないものかと。

ー・・・ー

【SO2Rもどき編】

 

Img_2717

無線機が2台になったので、同時送信を禁止する回路を入れた。随分前に作ったやつなので、増築増築を重ねた田舎の旅館のよな状態。接続のコードだけでも10本以上。作った本人もどこにつなぐかわからなくなってしまう。全部ラベルを貼って何も考えなくてもつながるようにした。配線が崩れてしまうので。モジュールを両面テープで固定。固めた。こんな複雑な装置、うまく動く訳ないw。

実際の不具合は、(備忘録)

  • PCからのボイスメモリーの音がおかしい。電波が回り込んでいるみたい。自宅ではOKだが。アイソレーションのトランスも入っているけど。
  • 160mを送信すると、9700をつないでいるPCのUSBの認識が外れるみたい。こちらはUSBアイソレータ入れてないからな。自宅では、こんな試験やらないからわかんない。

今回も、忙しすぎてSO2Rを使う場面もなかったし、訓練無しで使えるとも思えない。私には、2台の無線機にバンスコついていれば十分かも。人間がSO2R非対応だから。

ー・・・ー

【忘れ物編】

やってしまった!。誰かさんの電源よりはマシかも知れないが、ヘッドセットを忘れた。家で直前まで無線するかも、ということで部屋に忘れてきた。予備品を探すと、以前使っていた、ボロボロのヘッドフォンがあった。聴く方はこれで凌ぐ。2TXあるので、マイクをもう一本縛り付けてあった。この2本目のマイクがない。いちいち差し替えるのは面倒くさい。横になりながら思いついたのが、テレワークで使っているイヤフォンマイク。こいつには、シリコンマイクが使ってある。コンデンサーマイクと大差はないはずだ。ネットでピンレイアウトを探した。しかし、4極のコネクターは持っていない。しょうがないので、予備のケーブルを切ってハンバ付することに。もとに戻さないと、明日からの仕事に支障をきたす。なるべくハンダの量を僅少に。トホホ。

Img_2705

Img_2707

レベルもあって、うまくいきそう。既存のマイクに縛り付けるが、ここでもトラブルが・・・。

Img_2709

縛り付けると、音声が出てこない。???悩んでもう一度配線を見直すが問題ない。なぜ・・・

よく見ると、輪ゴムでしっかり縛り付けたので、裏のSWを押し付けていた。そうだ、このIFはマイクの両端をショートするんだった。マイクを横に向けて解決。こんなことは現地でやるべきではないが、仕方がない。何とか2本目のマイクを手に入れた。

ー・・・ー

【食事編】

今回はいつものカレーも持ってきたが、気分を変えて天ぷらそば。天ぷらは最後に入れるんだった。ふやけてしまったよ。

Img_2722

下は、終了後の遅い夕食。飲んでしまっては、車では帰れない。翌朝、ゆっくり帰るw。

Img_2725

(番外)

何故か、峠の釜めし。何十年ぶりに食べた。外で食べるのもいい。

Img_2672

ー・・・ー

【お遊び編】

Img_2720

慌ただしい中、ちょっとだけサテライト。

たくさんお呼び頂いたが、無線機の配置が良くないのと、外の風が気になって・・・。(言い訳)それでも、たくさんできました。

ありがとうございます。

ー・・・ー

【お片付け編】

翌朝は濃い霧。多分、雨は降らないと思うが、これじゃあ、アンテナが濡れてしまう(泣。

Img_2726

待っていても仕方がないので、撤収開始。上げたのと、逆の順で片付ければよい。片付けは次の移動の準備と思って手が抜けない。不具合のあった箇所をチェックしておく。ちゃんと、補修しなくちゃ。

Img_2727

晴れてきたので、日向干し。よく乾くわ。時間がないので、早々に終わったが、まあまあ乾いたのでOK。

Img_2728

きれいに、しまい込んだのでこのままだったら次に行くことができる。

ー・・・ー

【最後に】いつもの角度から。いつもありがとう、筑波山。

いつのお相手いただいたみなさま、楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

Img_2729

| | コメント (10)

2021/10/07

2m GP antenna for satellite

相変わらずの、思いつき10分工作だ。自宅のサテライト用アンテナは、4ele水平YAGI針金GP(垂直偏波)を屋根裏に仕込んで、切り替えながら使っている。ゲインよりも偏波面の回転のほうが受信性能に大きく影響する。

移動用にYAGIアンテナは作った。移動地だとノイズが少なくて水平偏波のみでも比較的よく聞こえる。だが、垂直のアンテナがもう一本あると楽に違いない。ということで、10分間のいい加減?工作で作ってみた。

Img_2661

Img_2668

アローライン風のGPだ。nanoVNAでエレメントを刻んで調整。バンド内のSWRはほぼフラットで1.1程度(Rig内臓のSWRメータ読み。ほんとかいね)

備忘録

ラジエター:48.8cm(2mm径ブレスの棒)

グラウンドプレーン:48.8cm(2mm径アルミの針金)

グランドプレーンの開き角度:エレメント先端の間隔で約35cmぐらい

 

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »