« 2019 UECコンテスト | トップページ | 2019 フィールドデーコンテスト »

2019/07/28

50MHz用ダイポールアンテナ

苦肉の策で、この間からこんなアンテナを使っている。と言っても、常設のアンテナではないので臨時アンテナ。しかし、これだと簡単に上げることが出来るので重宝している。

元々は、移動用に作ったダイポールアンテナ。電話用のモジュラーケーブル6芯を束ねて使っている。300m巻きで300円で手に入れたものだ。これで、いろんなダイポールアンテナを作って移動に使っている。もっとも、1.9MHz用もこれで作ったが、これは失敗作。何が失敗かというと、エレメントの重量が結構重たくなって、グラスロッドがしなってしまう。結局、0.9mm径の園芸用の裸銅線に変えた。こちらは、軽量で頗る調子がいい。

モジュラーケーブル製のダイポールアンテナに話を戻すと、こいつは被覆が沢山かかっているためか、エレメント長の短縮率がかなり大きくなる。写真のエレメント保持の材料は2700mm長のビニールハウスの骨組み材だが、これでエレメントを十分サポートできる。材質はグラスファイバーだと思うが、中空ではないためそれなりに重量もあるが、バランスを取って設置すると、ご覧の様にうまく落ち着いている。また、2700mm長の物は手に入りにくいかもしれない。よく見かけるのは2400mm長ぐらいの物かと思う。例によって、近所のジョイフル・本田では扱いがある。

所詮はダイポールアンテナ。YAGIにはかなわないが、共振しているので、HFのトライバンダーよりはましだ。リターンロスも小さいので、パワーも吸い込んでくれる。

最近は、こんなもので楽しんでいる。

Img_1362

写真ではわかりにくいが、左側の垂直のグラスロッドに取り付けてある。地上高は15m近く稼げる。

-・・・-

給電部の様子を追記しておく。本来はワイヤーだけで保持するところに、ビニールハウス用の支柱を差し込んだだけである。あとはマストに紐で縛り上げる。特にエレメントの両端をつるしたりもしない。

先ほど、いつもコンテストでお世話になっている都内の方とCWで、また、こちらはいつもアイボールでお世話になっている埼玉県本庄市の方とCW/SSBでQSOいただいた。どちらも信号は弱く、やっぱりダイポールはダイポールと言っところ。やはりYAGIアンテナはいいなぁ、と再認識したところだ。

Img_1368

|

« 2019 UECコンテスト | トップページ | 2019 フィールドデーコンテスト »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 UECコンテスト | トップページ | 2019 フィールドデーコンテスト »