« 2019 KCJトップバンドコンテスト | トップページ | 2019 ARRL CWコンテスト »

2019/02/13

2019 関東UHFコンテスト

今年も参加することができた。今回は何といっても、風邪ひき、これが一番のトピック。実は昨年も同じく風邪ひきで参加している。何とも、懲りないこと。

Img_1113_1

場所は、毎回お馴染みの筑波山。定位置だ。今回は関東地方に大雪が想定される中の移動運用。予想よりも積雪は少なかったが、それでも、道路以外には2cm程の雪が残っている。
風邪ひきと、この寒さで出かけるのが億劫になってしまう。寒い朝に布団から抜け出せないように、出かけるのが渋くなる。

今回もいくつかのネタを持ち込んでの参戦だ。先ずは結果から。今回は思うところがあって、430MHzの電信電話に参加した。気が変わるかもしれないと、1200MHzの設備も持ち込んだのだが。

2019_knt_uhf_point

2019_knt_uhf_multi

2019_knt_uhf_rate

-・・・-
誰もが同じだと思うが、目指すところは過去のスコア。とりわけ、昨年のこの部門のスコアは素晴らしい。
今回はあまり作戦も考えず、ひたすらチャンネルに居座って稼ぐ。何とも能がない作戦だが、このバンドの常識らしい。始まる前からメインチャンに近いところでラグチューを始める。実はこれが楽しいんだなぁ。
粘りに粘って、最後はCWを漁る。作戦でもないが、こんなところか。精々、CWに移るタイミングを計ることぐらいだろうか。

-・・・-
今回のネタの一つは、アンテナ。ここ筑波は都内からかなり距離がある。移動地の標高が精々350mぐらいだから、見通しが効くのは都内が精いっぱい。アンテナを何とかしないと強力な電波を送り込むことができない。
また、都内だけでなく、栃木や千葉のマルチもほしい。そんなことから、無指向性のアンテナの導入だ。X7000を始めとした無指向性のアンテナはコンテストにはよく利用されている。購入するのも癪なので、自作のコリニアアレーアンテナを持ち込んでみた。これを出来の良くない自作のスイッチで切替て使う。

Img_1108_1

もう一つは、八木アンテナの工夫だ。以前から使っていて定評のある15ele八木。今回はスタック間隔を広めにとって、それぞれの開口面積を邪魔しないようにしている。
Img_1116

アンテナの取り付けが雑??、ではない。微妙に角度をつけて、ここ筑波から都心と都下/埼玉の南部を同時に狙う。昨年秋から導入したモーターでコンテスト前に確認すると、ビームトップの特性が割れているのがわかる。この辺りはFMは便利だ。テストサンプルには事欠かない。2つのアンテナをどのくらいの角度差をつけるのが効果的か、もう少し追い込む必要があるが、まずは狙い通りの特性を得る。サイドローブもハッキリと確認できる。アンテナは面白い。
Img_1115

このアンテナの結果を昨年比で比べてみた。QSOの割合を算出してみた。昨年は430/1200MHzのミックスで参加しているが、430MHzのみを取り出して比較している。局数は今回の方が多いので実数の伸びで比較するともっとわかりやすいかも。とりあえず、比率で比較する。

2019_knt_uhf_qso

2018年
2019_knt_uhf_2018qso

2019年
2019_knt_uhf_2019qso

これを見ると都内と埼玉の比率が伸びていることがわかる。やはり、神奈川は遠い。局数でも伸びは鈍い。実際の運用でも都内、しかも世田谷のある局にビームを調整した。八木アンテナの使用が8割近くであったと思う。アンテナとマルチのマップでもできればいいのだが、自動ではロギングできない。

コンテスト中に、コリニアアレーアンテナと頻繁に切替えて比較をしてみたが、やはり八木に軍配が上がることが多かった。後半はかなり枯れてきたのでコリニアアレーアンテナに切り替えてみたが、局数は伸びない。カバーするであろう、栃木、群馬、千葉の局数はそれ以外と比べると圧倒的に少ない。この地からは効果が限定的になってしまう。

想定したとおりだが、より遠くへ飛ばそうとするとビームを絞ったアンテナを使用するといった当たり前の結果を得る。コリニアアレーアンテナも決して悪いアンテナではない。限界まで求めないなら、それなりに飛ぶし、コンテストでは使いやすいアンテナだ。普通に使用するには十分だ。
今回はアンテナの比較試験を行い得るところが多かった。また、次のアイディアが沸いてくるのだが・・・、限がないなぁ。

-・・・-
(以下、続く・・・・)

|

« 2019 KCJトップバンドコンテスト | トップページ | 2019 ARRL CWコンテスト »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

QSOありがとうございました。
B430だったんですね、凄まじい局数でFBです!
そして、アンテナの工夫…最初写真を見て本当に雑なのかと思っちゃいましたhi 狙い通りの成果を挙げられて素晴らしいです。

投稿: JP1LJH | 2019/02/13 07:24

QSOありがとうございました。同じ部門でなくてよかったです~ (^^)

投稿: JP1LRT | 2019/02/13 11:32

QSOありがとうございました。
CWで呼び回りされているところを必死に追随しましたが、空きがなく、最後の最後で掴まえました(笑)
山梨から関東平野は酷でした(^^;

投稿: jk1wsh | 2019/02/13 12:28

交信有難うございました。
400QSO超え、素晴らしいですね!
アンテナを工夫することで都心への距離の差を埋める工夫もさすがです。
このコンテストも数年前と比べると一気にレベルアップしたように思います。
どの部門もハイレベル&入賞争いは熾烈です。

投稿: JA1OTP | 2019/02/13 17:42

LJHさん、こんばんは。
1111移動は意外でした。そう言えば他のコンテストでも聞いたことないですね。レアです。貴重なマルチをありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

投稿: JK1LSE | 2019/02/13 23:03

LRTさん、こんばんは。
A430は熾烈ですね。山の上では、CWバンドが狭いので被りが酷いです。CWの方が楽しいんですけどね。今回は電話の方へ逃げていました(笑

投稿: JK1LSE | 2019/02/13 23:06

WSHさん、こんばんは。
貴重なマルチをありがとうございました。後半はマルチが伸びず、諦めかけていました。
山梨から見た関東平野はどんな感じに聞こえるのでしょうか。色々な所へも行ってみたいですが、億劫になっています。引き続き、よろしくお願いします。

投稿: JK1LSE | 2019/02/13 23:11

OTPさん、こんばんは。
QSOいただき、ありがとうございました。アンテナはいじりだすと面白いです。少しでも強力に電波を届けたいし、弱い信号も拾いたいです。
あまり難しいことを考えずに、比較試験をするのが楽しいです。
引き続き、よろしくお願いします。

投稿: JK1LSE | 2019/02/13 23:15

QSOありがとうございました。
初の430でしたね。細々と出ておりますのでまた交信よろしくお願いいたします。Twitterの方もフォローさせていただきました。リンクも張らせていただきますね。
先日は1.9で大変失礼しました。

投稿: 7L2CDG | 2019/02/14 19:49

CDGさん、こんばんは。
熱海移動の160mの時は、とても印象深かったです。こちらこそ何度もコールいただき、ありがとうございました。QSOが成立して良かったです。最近はすぐに諦めてしまう局がほとんどで、粘ってくれる方が少ないです。

160mや6mでどうしても取れないときは、何度もコールしていただきたいのですが、すぐに諦めてしまいます。本当にダメそうなときは、こちらからSRIを打つんですけどね。

条件によってDXって意味が変わると思うんですよね。40mあたりで0.5Wだと随分DX感を味わえます。たとえ、隣の県、隣の町っであっても、DXなんですがね。
そんな時に交信できると、ホント忘れないですよね。

引き続き、よろしくお願いいたします。

投稿: JK1LSE | 2019/02/14 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019 関東UHFコンテスト:

« 2019 KCJトップバンドコンテスト | トップページ | 2019 ARRL CWコンテスト »