« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018/12/24

2018 AMコンテスト

寒いから億劫になっていたのだが、天気の方は何とか持ちそうとの天気予報なので、筑波山へ出かけることにした。今回もいくつかの秘密兵器?と1200MHzのアンテナを試して見るつもりだ。

Img_1066
これが秘密兵器その1。色々考えあぐねた結果ポチってしまったもの。何に使うかと言うと、お化けポールも持ち上げるのに使用する。3連掛けの動滑車とかも考えていたが、やはり、これが一番。なぜかamazonで定価の半分近くで出品されているのを見つけてポチる。ギア比の大きい1/4なるものを手に入れたが、結果的には1/3でも十分であろう。そもそも長いハンドルがあるのでここでも力が稼げる。
結果は、ラクチン、ラクチン。しかし、ポールは真っすぐでないとパイプ間の摩擦が大きくなり上がってこない。これは素手で上げるときも同じこと。もう一つの秘策(写真は撮り忘れた)で、ナスカンを使い手元で操作するステーで、これで調整すると簡単にパイプの垂直を出すことができる。真っすぐにすると簡単にリフトアップできるようになる。これなら安全に伸ばすことができる。また、ロック機構もあるので、固定ボルトも余裕で取り付けることができる。
これを尺取虫の要領で繰り返す。上部は素手でも持ち上がるので、下部の3段をこの方法でリフトアップした。今回の秘密兵器その2がついているので尚更重い。しかし、この方法だと年寄りにも安全で何ともラクチンだ。

Img_1064_1
アンテナを上げ終わったところ。今回は5eleYAGIをシングルで使う。給電点で約12m程の地上高を得ることができた。天気が良くない。夕方からは雨だという。持てばいいのだが・・・・。
アンテナの下1mのところに、秘密兵器その2が写っている。ローテーターだ。オークションで手に入れた小型のものだが、やはり重い。これを付けたので秘密兵器その1に踏み切ったっというわけ。構想的には前々から考えていたのだが。

アンテナを回してみてわかるのは、フロント方向はやはりかなりブロードだが、サイドからバックはかなり落ち込む。いつも東京方面に向けていると、群馬や栃木ができないのがうなずける。また、東京23区内の方向と都下の方向も異なるし、2エリア方面はさらに違う。この辺りの違いはだいたいわかっていたが、コントローラー上の目盛り位置でハッキリわかることがメリットだろう。移動局はこのあたりのノウハウの蓄積が足らないので、固定局にかなわないのだと思う。
コンテストが終わってからだがSSBで高岡の局から呼んでいただいた。毎度筑波に来ると交信していただける局だ。今回はコンテストではないのでゆっくりと話を聞くことができた。富山と1エリアはやはり決まったルートで比較的簡単に交信できるという。しかし、1エリアでも神奈川や東京は難しいらしい。茨城や千葉の方ができるという。やはり、交信のルートがあるらしい。その後、三重の局ともできた。AMはやはり飛ばないとのこと。また、いつも交信いただく飯田の局も決まった方向で交信できるらしい。そういえば、ここ2年ほどの移動運用で出来る遠くの局はいつも決まっている。みなさん、良くルートを熟知されている。
コンテスト終了後にも、遠くの方とできて、満足満足。6mは面白い!

-・・・-
さて、肝心のコンテストの方はというと・・・・・。どうも、AMはなぁ~。慣れていないから仕方がない。最も、半世紀近く前に最初に従免を取って交信したのは、この6mのAMだ。学校にクラブ局があり、トラセン(TR-1000)に、ポイント・サン(50.3Mc)とポイント・ヨン(50.4Mc)の2個の水晶発振子しか入っていなかったけれど、1WにマスプロのGPでも結構出来たことを記憶している。その後、7Mcでは88D/59Dラインで交信していた。もうすでにSSB時代だったが、7030よりちょっと上には、ほんの少しのAMが残っていた。SSBに邪魔されながらのQSOだった。
こんなこともあり、嫌いではないはずのAMだが、なんせ半世紀近く前の話だから勝手が違う。

もう一つ、コンテスト開始前に50.640KHzあたりで「あぁ、あぁ~」と試験電波を出していたら、いきなり呼ばれてしまう。話をすると6AU6ファイナルの自作送信機だという。嫌いな方ではないので、ついつい話が弾み、時間が過ぎてしまう。完全に機を逸してしまい、チャンネル取りをあきらめて、コンテスト前のお馴染みさんを呼びに回る。みんな気合が入ってるなぁー。この3時間のショートコンテストだが、今年1年の終わりと言うこともあり、常連の移動局、常連の固定局とバンドエッジにきれいに並んでいる。すでにそれを見て気後れしてしまう。そもそも、天気が悪かったら家でコタツに入っていようと思ったくらいなので、すでに気持ちで負けている。やはり、気力は大事だ、最後の1局まで頑張らねばと悟ってはいるのだが・・・。

結果は、
2018_am_point

2018_am_multi

2018_am_multi_2

完全に出だしで出遅れている。確保した周波数は50.710MHz付近。全然呼ばれないかと思うとそうでもない。やっぱりショートコンテストは出だしが肝心だ。あと、弱い信号は取りづらい。SSBとはよくできたものだと感心してしまう。あと、周波数は5KHz毎に出ないといけないのかなぁ??。そういえばトランシーバのマルチ・ファンクションキーに5KHzごとのチャンネルセレクトキーがあったけど。6mのAMのルールだろうか。よくわからないけど・・。

-・・・-
天気が悪い。
Img_1069

ここは木の枝が邪魔になり、下からはリフトアップできない。苦労して、途中から起こす。この写真は雨の中の撤収の様子。立てた時とは逆に倒す。
Img_1072

結局、天気は回復するばかりか、コンテストの途中から、弱い小雨になってしまった。アメダスを見ながら、大きな雨雲が無いことは確認したが、一向に上がらない。しばらくSSBで楽しんだが、遅くなると日没になってしまい厄介だ。もう少しラグチューを楽しみたかったが仕方がない。1200MHzの方も展開することができず、こちらも断念。
まあ、AMのコンテストの雰囲気を味わうこともできたし、今年1年、何度も交信したお馴染みさんとも出来た。また初めての方とも、たくさん出来た。正に、今年最後を楽しめた。

みなさん!MNI TNX !

p.s.
最近、移動用のグッズが増えてしまい、道具を使っているようで、実は道具に使われているんじゃないかと思うようになった。移動運用とは、固定局とは違い、いかに簡便なシステムでスマートに交信するかだと思うが、いろんな物を持ち込むと準備が大変で、設営にも時間がかかる。何かが違うようにも思うけれど。。。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/12/16

1200MHz コリニアアレーアンテナ

1200MHzのシステムもだいたい完成してきた。こちらでもそれなりの結果を得ている。最後?に前から気になっていた無指向性のアンテナを試して見る。筑波山あたりだと、都心まで距離があるので、それなりにゲインが欲しくなる。マルチパスの観点では、単一指向性のアンテナの方が有利なはずだ。
もっとも、実際にやってみると1200MHzは反射波が多くて、必ずしも直接相手に向けた場合に信号が強くなるわけでもない。この当たりが中々難しい。

Img_1052_1
外は寒い。北風も強いが建物の陰で若干和らいでいる。そんな中、15ele LOOP YAGIとの比較試験を行った。上部の赤いテープから上が、今回製作したコリニアアレーアンテナだ。

最近、このアンテナの普及に努められている7K3DIWさんの情報も参考にした。
Img_1048
エレメントは3D2Vを1/2λ=78mm,1/4λ=39mmとして作成した。段数は、あまり垂直面の指向性がシャープになっても使いにくいので、10段とした。全長が約1m程度で、釣り竿の中に入れるのにちょうどよい長さになっている。

Img_1061
このアンテナは80年代にJA7RKB著の1200MHzハンドブックにも記載がある。コリニアアレー自体は単線のエレメントの途中にスタブを入れて移相を合わせてスタックするのが基本形だ。同軸ケーブルを使った方式は先端部の反射を利用した漏洩ケーブル的動作をするという。感覚的には何となく理解でき、エレメントに使用する同軸ケーブルのロスも気になるところだ。直感的には1200MHzともなると同軸ケーブルのロスもかなり影響すると思われる。RKBさんの記事では、エレメントを76mmとしている。この影響を厳密に比較するには垂直面のパターが測れないとわからないであろう。まあ、最近、皆さんが製作されそれなりの結果を得ているようなので気にするほどでもないのかもしれない。難しいことを考えず製作してみた。

Img_1045
いきなり、釣り竿のロッドの中に納まった完成した外観だ。スマートにできた。先端にはケーブル処理に使うビニール?製のキャップを被せてある。下部は自己融着テープで処理している。ある程度水分の逃げを作った方が良いが、結果的に密封構造になってしまった。まあ、いいか。

Img_1034

Img_1037
マッチング部はDIWさんの方式の同軸ケーブルによるオープンスタブでは、切り詰めても、マッチングの取れた点を見つけることができなかった。そこで、0.9mmの園芸用の銅線でショートスタブにしてみた。RKBさんの記事でも同軸によるショートスタブも使っている。上の写真だと、またちょっと上に最低点がある。

Img_1041

Img_1043
もう少し、ショートスタブを長くしてみた。釣り竿に納めなければいけなので、スタブを丸めている。若干特性に影響するが、スペアナを見ながら適当に合わせこむ。大体、上の寸法図の通りとなった。グラスファイバーのロッドもマッチングに若干影響するが気にするほどでもない。最終的にリターンロスで約18dB、SWRで1.3程度だ。帯域はかなり広いと思う。気になる方は、もっと追い込めると思うが、この辺りはテキトウ。

Img_1059
で,試運転の結果は??

直接波が届く範囲で、YAGIをきちんと向けた場合、メータ表示のドットで2つ程YAGIの方が良い。しかし、反射波でくる場合は、YAGIの方向を探っても結局コリニアーの方が信号が上回る場合もあった。
絶対ゲイン差で2目盛り程度の差であれば十分に実用になる気がする。むしろ、YAGIの様にヌル点が無いので使いやすかもしれない。(皆さんが、とっくに前から言っている通りだが・・・・)
実際に山に持っていて比較してみたいと思う。これで、本当にアンテナシステムの完了かも。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09

2018 ARRL 10m contest

土曜日はQRPクラブの忘年会。毎年恒例の、新宿のライオンで開催された。で、その合間にコンテスト。WWの時もほとんど聞こえないから、国内向けのロカコンと高を括くっていた。やってみると、国内しか聞こえないが、正午を挟んで前後1時間ずつはVK向けの縦のラインが開けるようだ。10mってあまりやったことがないからこの当たりのことが良く分かっていない。
いきなりZM2から呼ばれて、7M2??とコールが取れない。急にフワッと浮いてくるように開けてくる。何ともスリリングなバンドだ。コンディションが悪いからバカ開けしない。ほんのワンチャンスしか信号が浮かび上がってこない。これはこれで面白い。
2018_arrl10_rate

結局、土曜日のお昼まで出かける前までと、昨日の疲れで遅く起きてきた日曜日のお昼前後の運用だけとなった。QSOできていないが、その後もCQの連発。すべて不発に終わった。去年は国内の方がもっといたように思うのだが・・・。

2018_arrl10_multi

2018_arrl10_point


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/01

新旧ラジオ~RSP1A

既に多くの方が使っているであろうSDRを手に入れた。どちらかと言うと、衝動買いでポチってしまった。確かこの14bitモデルは昨年発売されたと思うが、現地価格で100ドルちょっと。こんな価格で高級?SDRが手に入る時代になった。
ちょっと前にこんな真空管のラジオに凝って、最後はIFTなど使っているRFコイルまで自分で巻いてみた。それがいまはこんな電池箱のような箱で1KHz~2GHzまで、オールモードで受信ができるという。
Img_1022


Img_1018

そのPC画面もカッコいい。BCLファンでなくても、ほれ込んでしまう。7MhzのCWでは、FCWAのコンテストが行われているようだ。ウォーターフォールでは
CWの軌跡がはっきりとわかる。すごい時代になったものだ。受信するだけなら今更75A4やR390でもあるまい。
Rsp1a_gamen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »