« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/11/26

2018 CQ WW DX CWコンテスト

今年最後の重要イベント、WWCWコンテストに参加することができた。毎年の恒例行事で、こんなに沢山のコンテストに参加する以前から、毎年生存確認的意味合いで参加している。数年前のコンディションの良いときと比べると、パッとしないものの世界中から沢山の方が参加して賑わう、お祭りだ。

先々週は遅い夏休みを取って、札幌行き、その次は滝知山移動で160mの運用。今週はつくば山移動で東京UHFコンテストで1200MHzに参加。そして、その翌日からこのコンテスト。何の準備も出来ず、当日にパソコンの設定をするありさま。それでも結局、無事終えることができて、これで今年も何とか終えることができそうだ(まだ早いって!)。
P1030052
何も写真がないと寂しいので、以前に撮った写真を再掲。何も変わっていない。

そして、運用風景。こちらも変わり映えしないが。
Img_1012

アンテナも設備も変わっていないが、3.5MHzをやる時はステルスアンテナ?を使う。ステルスだから写真には写らない?。
よく見ると、ルーフタワーの右側に腕木を出してここからエレメントを展開する。高さがないが一応フルサイズになる。こんなアンテナでも無いよりはましだ。
Img_0921

-・・・-

さて、結果は。
2018_wwcw_point

昨年が一番沢山の方とQSOすることができたが、今回はそれを上回った。
レートは、
2018_wwcw_rate

2018_wwcw_kako_rate
昨年との比較で出だしの数の差がそのまま続いているように見える。あまり意識してなかったけど、いつもとほとんど変わらないってことか。
相変わらず規則正しい生活のリズムだ。2日目は昨日3時間しか睡眠を取らなかったことと晩酌が響いて早めに就寝。5時に起きるつもりが寝坊。これじゃあ、会社に行っている時よりも睡眠時間が多い。

-・・・-

やはり、21Mzから上は厳しい。開けていた時間もあったかもしれないが、近場が聞こえるのみだった。
3.5MHzもEUともできているが、数年前にバカ開けした時と比べると物足りない、多分これが普通かも。

2018_wwcw_35entities

2018_wwcw_7entities_2

2018_wwcw_14entities

2018_wwcw_21entities1

2018_wwcw_28entities

昨年からちょいと無理をしてRunを始めた。今年も相変わらず、冷や汗を掻きながらRunしてみた。14MHzもあまり飛ばないから呼ばれない、Runするにはちょうどいい、下手なのは仕方がない、恥をかきかき(汗。
少しは上達したと思うが、そのスピードは遅々として進まない。上手くなる前に、棺桶のゴールの方が近そうだ。

-・・・-

昨年は、645QSOだ。ほぼ同じぐらいは出来るだろうと思ったが、上回ることができた。少しは、Runのおかげかもしれない。
珍しいところがあまりないが7MHzのLXぐらいか。Zone33も聞こえていたが、すごいパイルで数回呼んで素直に諦めた。月曜日の朝の14MHzカリブもそうだ。さっさと諦めて、Runの練習へ。
マルチ合計は去年より多い。月曜の朝の7MHzのヨーロッパが良かったので伸びたようだ。最後は14MHzでW相手にRunして四苦八苦しながら楽しむことができた。あぁ、楽しかった!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/11/23

2018 東京UHFコンテスト

先週の滝知山に続いて、今週は筑波山へ移動した。前日は普通に会社があり、前泊はできない。場所が空いてなかったら仕方がないと諦めていたが、いつもの場所を確保することができた。

今回はマルチバンドではなく、1200MHzのシングルバンドにエントリーする。1200MHzのシステムもDJ-G7や周辺の機器、アンテナもほぼほぼ固まってきた。纏まったところでこれを試して見たくなったからだ。今回は新しくモーター式?のローテーターを手に入れた。ちょっとは進化したか??
Img_0992
何ともわかりにくい写真だが、15ele Loop YAGI x2(スタック)とシングルを低損失の同軸リレーで切り替えている。シングルはスタックを東京方面に向けたときに、埼玉から北関東を狙うため、角度をずらしてある。瞬時にして切替ができることを狙った。使ってみると有効だが、ちと角度をつけすぎた。もう少し小さくすべきだった(反省)。

全体は、こんな感じ。木の枝があってわかりにくい。
Img_0983

シャックの方も、予備で991も持ってきたが、出番がなかった。相変わらず雑然としている。今回のローテーターはAC100Vが必要なので仕方がなくインバータを持ち出した。消費電流的には全く問題ないが、このインバータのFANの音が大きくて全く駄目。アンテナを回すときのみにONするが、その時は微弱な信号を追っかけている時でFANの音が凄くて、その音が邪魔になる。FANを静かなものに変えよう。
Img_0998

-・・・-
事前の予習で昨年の方から135Qx40Mを目標にした。このくらいできれば、都心から離れている筑波山でもまずまずだと思う。

結果はこんな感じ。まあ、目標はクリアしたのだが。想定はしていたものの、お昼過ぎ以降パタリと呼ばれなくなった。底が尽きた感じで、30分もQSOできないときもあり、機器が壊れたかと思い一部を分解し始めたのだが、その時にやっと呼ばれた。機器は大丈夫だった。本当に相手がいない。
2018_tk_uhf_point

2018_tk_uhf_multi
マルチは想定通り。できない区が結構ある。都内にいるとこれも埋まるのだろうか。やはり、筑波は都心から遠すぎる。

2018_tk_uhf_rate
お昼ごろまでは調子が良かったけれども、その後が悲惨だ。それと、Dupeが多い。あるOMは何回も呼んできた。説明するのもめんどくさいので、素直にNRを送る。

今回はあまり作戦を練っていたわけではないが、結局6時間中のすべてを1295.02MHzでRunしていた。仮に他の周波数でRunしている方とできなくても、お互いポイントにならないわけで、できなくても条件は同じ、と。それよりも新しい1局をどうやってキャッチするか。結局Runするしかない。全く能がないが、こんなものだろうか??

あと、受信に関して、呼んでいただいたがキャリアしか認識できない局が何局かあった。これもちゃんと拾えるようになるといいんだけどなぁ。
QSOいただいた皆様、呼んでいただいた皆様、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/18

2018 滝知山移動

今年も、滝知山へ移動した。昨年も同じ時期に移動している。今回の最終目的地は、河津とちょっと遠い。ならばと言うことで、滝知山に前泊することにした。昨年は風が強くダイポールを上げるのにも苦労した。ここは元々吹きっさらしで遮るものが何もない。しかし、今年は高気圧に覆われたせいか、全くの無風状態。気温もそれほど低くない、絶好の移動日和となった。

どのバンドに出ようか迷ったが、VUHFをやっても出来るところは決まっているであろうから、思い切って一番下の1.9MHzにしてみた。どうせ、日の入り前から日の出直後までやればいい。気が楽だ。広い場所なので、フルサイズのダイポールアンテナを張ることができるのがいい。
Img_0948

Img_0964
最初は雲に隠れていた富士山も次第に見えてきた。金曜日の夜は山頂に掛かった雲は取れなかったが、それでも随分と穏やかな日だ。
エレメントの端の地上高は精々1m程しかないが、それでもフルサイズの威力だろうか、飛びもそこそこだ。ただ、結構ノイズが高くピークではS9、少ないときでもS5~S3の間ぐらいだった。眼下に見えている沼津市内の人口ノイズであろうか筑波山よりも高めだ。

こちらは、明け方に覗いてみたFT8。ヨーロッパがいっぱい見えている。中には-5dBとSメータを振らしてくる局もある。なんともすごい。
Img_0959

1.9MHzもあまり呼ばれなくなり、もう一つのバンド1.2GHzにも出てみた。メータを振りきっている局も何局か聞こえた。ローカル局とのラグチューのようだ。CQを連呼するが呼ばれない。ちょっと時間が遅すぎたか。それでも眼下の伊豆市の方に呼んでいただいた。なんとか坊主を免れた。
Img_0952

翌日、土曜日の10時前から144MHzに出てみた。苦手な2m。何となく馴染めない。あまり出ないから、馴染めない、馴染めないから出ない、の悪循環だ。今日は思い切って出てみた。土曜日のせいか、バンドが混んでいるが、CWでCQを出すも数局しかできない。重い腰を上げてSSBへ。10KHzごとにいっぱい出ている。SSBなのに10KHzにいるというのは何故だろうか。昔のチャネルの名残か。昔Liner2とかはシンセサイザーのチャネルでその間をVXOで補完していたような気がする。その名残だろうか??
Img_0976

風がなく無風に近かったのでカメラの三脚に取り付けるという無謀?なことをやってしまった。重石には水の入ったポリタンクを使うのだが・・・・
Img_0975
最後にアンテナがひっくり返ってしまった。エレメントが曲がってしまった。手で簡単に治ったのだが。大した風ではなかったが固定方がまずかったのか、スルリと紐がずれてひっくり返ってしまった。あまりにも手抜き!このあと数局やってclose。

QSOした局に聞くと泉州サバイバルコンテストが開催されているとのこと。名前は聞いていたがどんなコンテストか知らなかったが、ルールを教えてもらった。この開催中の10日間は2mのSSBに沢山の局が出てくるお祭りのようだとのこと。どおりでたくさん聞こえるはずだ。

この日はさらに晴れて富士山もきれいだ。
Img_0969

-・・・-
トータルの成果は、1.9MHzが140QSO。144MHzが60QSO。1.2GHzが1QSO。1.9MHzは面白い。いつも7MHz辺りのお馴染みさんもいたが、ほとんどの方は初めてのようだ。このバンドの面白さかもしれない。
144MHzはサバコン中とのこともあり、短時間で多くの方から呼んでいただいた。これに懲りず精進?せねば。。。
QSOいただいた皆様、ありがとうございました。
2018_takichiyama

Photo


-・・・-
早々に滝知山を引き上げて、河津へ向かう。
Img_0978

Img_0980
皆さん、尖ったRigしか持っていない??


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/11/03

2018 QRPコンテスト

恒例のQRPコンテスト、今年も参加することができた。感謝感謝。自作機は7MHzしかないので、シングルバンドでのエントリー。しかも電信のみで。

P1020993

Img_0937

諦めていたコンディションも開始直後はそれなりにいい。いつもの先輩方から呼ばれたし、IRKさんからも呼んでいただいた。FT8ではQSO済だが、CWは初めてだと思う。コンディションが良いときだったのか3エリアからしっかりした信号が届いていた。あとは、いつものQRPのお馴染みさん。皆さん、元気だ。

まあ、スコアは惨憺たる結果だが、それなりに楽しむことができた。QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

2018_qrp_point

2018_qrp_mult

2018_qrp_rate


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »