« 2018 滝知山移動 | トップページ | 2018 CQ WW DX CWコンテスト »

2018/11/23

2018 東京UHFコンテスト

先週の滝知山に続いて、今週は筑波山へ移動した。前日は普通に会社があり、前泊はできない。場所が空いてなかったら仕方がないと諦めていたが、いつもの場所を確保することができた。

今回はマルチバンドではなく、1200MHzのシングルバンドにエントリーする。1200MHzのシステムもDJ-G7や周辺の機器、アンテナもほぼほぼ固まってきた。纏まったところでこれを試して見たくなったからだ。今回は新しくモーター式?のローテーターを手に入れた。ちょっとは進化したか??
Img_0992
何ともわかりにくい写真だが、15ele Loop YAGI x2(スタック)とシングルを低損失の同軸リレーで切り替えている。シングルはスタックを東京方面に向けたときに、埼玉から北関東を狙うため、角度をずらしてある。瞬時にして切替ができることを狙った。使ってみると有効だが、ちと角度をつけすぎた。もう少し小さくすべきだった(反省)。

全体は、こんな感じ。木の枝があってわかりにくい。
Img_0983

シャックの方も、予備で991も持ってきたが、出番がなかった。相変わらず雑然としている。今回のローテーターはAC100Vが必要なので仕方がなくインバータを持ち出した。消費電流的には全く問題ないが、このインバータのFANの音が大きくて全く駄目。アンテナを回すときのみにONするが、その時は微弱な信号を追っかけている時でFANの音が凄くて、その音が邪魔になる。FANを静かなものに変えよう。
Img_0998

-・・・-
事前の予習で昨年の方から135Qx40Mを目標にした。このくらいできれば、都心から離れている筑波山でもまずまずだと思う。

結果はこんな感じ。まあ、目標はクリアしたのだが。想定はしていたものの、お昼過ぎ以降パタリと呼ばれなくなった。底が尽きた感じで、30分もQSOできないときもあり、機器が壊れたかと思い一部を分解し始めたのだが、その時にやっと呼ばれた。機器は大丈夫だった。本当に相手がいない。
2018_tk_uhf_point

2018_tk_uhf_multi
マルチは想定通り。できない区が結構ある。都内にいるとこれも埋まるのだろうか。やはり、筑波は都心から遠すぎる。

2018_tk_uhf_rate
お昼ごろまでは調子が良かったけれども、その後が悲惨だ。それと、Dupeが多い。あるOMは何回も呼んできた。説明するのもめんどくさいので、素直にNRを送る。

今回はあまり作戦を練っていたわけではないが、結局6時間中のすべてを1295.02MHzでRunしていた。仮に他の周波数でRunしている方とできなくても、お互いポイントにならないわけで、できなくても条件は同じ、と。それよりも新しい1局をどうやってキャッチするか。結局Runするしかない。全く能がないが、こんなものだろうか??

あと、受信に関して、呼んでいただいたがキャリアしか認識できない局が何局かあった。これもちゃんと拾えるようになるといいんだけどなぁ。
QSOいただいた皆様、呼んでいただいた皆様、ありがとうございました。

|

« 2018 滝知山移動 | トップページ | 2018 CQ WW DX CWコンテスト »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

1200のシングルバンドでしたか。道理でいらっしゃらない訳ですね。私は430シングルバンドでした。
筑波山は他にも移動されている方がいましたので、430は出にくいですよね。
1200FMで150局超えは私には想像できないくらい凄いのですが…。

投稿: jk1wsh | 2018/11/25 09:07

WSHさん
こんにちは。今日はずる休みで家にいます。。
1200MHzは難しいですね。430MHzと比べると飛びません。普段の時でも試射のために電波を出しても、相手がいない・・・。こんなバンドでもコンテストになるとこんなに出てくるんですね、驚きです。キャリアしか確認できなかった方も多かったので、これを拾えるともうちょっと局数が伸びそうです。奥が深いです。

投稿: JK1LSE | 2018/11/26 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/67411553

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 東京UHFコンテスト:

« 2018 滝知山移動 | トップページ | 2018 CQ WW DX CWコンテスト »