« 2018 QRPコンテスト | トップページ | 2018 東京UHFコンテスト »

2018/11/18

2018 滝知山移動

今年も、滝知山へ移動した。昨年も同じ時期に移動している。今回の最終目的地は、河津とちょっと遠い。ならばと言うことで、滝知山に前泊することにした。昨年は風が強くダイポールを上げるのにも苦労した。ここは元々吹きっさらしで遮るものが何もない。しかし、今年は高気圧に覆われたせいか、全くの無風状態。気温もそれほど低くない、絶好の移動日和となった。

どのバンドに出ようか迷ったが、VUHFをやっても出来るところは決まっているであろうから、思い切って一番下の1.9MHzにしてみた。どうせ、日の入り前から日の出直後までやればいい。気が楽だ。広い場所なので、フルサイズのダイポールアンテナを張ることができるのがいい。
Img_0948

Img_0964
最初は雲に隠れていた富士山も次第に見えてきた。金曜日の夜は山頂に掛かった雲は取れなかったが、それでも随分と穏やかな日だ。
エレメントの端の地上高は精々1m程しかないが、それでもフルサイズの威力だろうか、飛びもそこそこだ。ただ、結構ノイズが高くピークではS9、少ないときでもS5~S3の間ぐらいだった。眼下に見えている沼津市内の人口ノイズであろうか筑波山よりも高めだ。

こちらは、明け方に覗いてみたFT8。ヨーロッパがいっぱい見えている。中には-5dBとSメータを振らしてくる局もある。なんともすごい。
Img_0959

1.9MHzもあまり呼ばれなくなり、もう一つのバンド1.2GHzにも出てみた。メータを振りきっている局も何局か聞こえた。ローカル局とのラグチューのようだ。CQを連呼するが呼ばれない。ちょっと時間が遅すぎたか。それでも眼下の伊豆市の方に呼んでいただいた。なんとか坊主を免れた。
Img_0952

翌日、土曜日の10時前から144MHzに出てみた。苦手な2m。何となく馴染めない。あまり出ないから、馴染めない、馴染めないから出ない、の悪循環だ。今日は思い切って出てみた。土曜日のせいか、バンドが混んでいるが、CWでCQを出すも数局しかできない。重い腰を上げてSSBへ。10KHzごとにいっぱい出ている。SSBなのに10KHzにいるというのは何故だろうか。昔のチャネルの名残か。昔Liner2とかはシンセサイザーのチャネルでその間をVXOで補完していたような気がする。その名残だろうか??
Img_0976

風がなく無風に近かったのでカメラの三脚に取り付けるという無謀?なことをやってしまった。重石には水の入ったポリタンクを使うのだが・・・・
Img_0975
最後にアンテナがひっくり返ってしまった。エレメントが曲がってしまった。手で簡単に治ったのだが。大した風ではなかったが固定方がまずかったのか、スルリと紐がずれてひっくり返ってしまった。あまりにも手抜き!このあと数局やってclose。

QSOした局に聞くと泉州サバイバルコンテストが開催されているとのこと。名前は聞いていたがどんなコンテストか知らなかったが、ルールを教えてもらった。この開催中の10日間は2mのSSBに沢山の局が出てくるお祭りのようだとのこと。どおりでたくさん聞こえるはずだ。

この日はさらに晴れて富士山もきれいだ。
Img_0969

-・・・-
トータルの成果は、1.9MHzが140QSO。144MHzが60QSO。1.2GHzが1QSO。1.9MHzは面白い。いつも7MHz辺りのお馴染みさんもいたが、ほとんどの方は初めてのようだ。このバンドの面白さかもしれない。
144MHzはサバコン中とのこともあり、短時間で多くの方から呼んでいただいた。これに懲りず精進?せねば。。。
QSOいただいた皆様、ありがとうございました。
2018_takichiyama

Photo


-・・・-
早々に滝知山を引き上げて、河津へ向かう。
Img_0978

Img_0980
皆さん、尖ったRigしか持っていない??


|

« 2018 QRPコンテスト | トップページ | 2018 東京UHFコンテスト »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今年も滝知山へ移動されたんですね!
昨年と違い風も無かったようでFBでしたね!
それにしても160mで140QSOというのは敬服致します。
欧州も開けていたようで羨ましい限りです。
この2週間運用もままならなかったのですが、昨日帰ってきて7MHzをきいたら帯域一杯コールしている局で溢れていて、何だと思ったら、カリブが開けていて、バージン諸島やバラドトス?が出ていて、皆さん呼びまくっていました。
ところが当局には全く聴こえず、呼ぶことも出来ませんでした。
今日も同じ状態なのですが、やはり聞こえずです。
とりあえず、フィンランドとインドネシアであきらめました。

立派な料理も出ていたようですが、ジャンク市では何かお宝有りましたか?

投稿: ja6irk 岩永 | 2018/11/19 20:54

岩永さん、こんばんは。
今回は凄くラッキーでした。色々な方に聞いてもここはいつも風が吹いているようです。こんな無風状態は本当にまれだと思います。

最初は50Qも出来ればいいと思っていましたが、思いの外できました。しかし、6エリアと8エリアは遠いですね。7MHzでは楽にできるのに、1.9MHzではかなり苦しいです。相手のアンテナにも助けられているようです。面白いバンドです。

カリブが聞こえていたんですね。ローバンドは調子がいいんですかね。週末はWWCWコンテストなので楽しみです。

ジャンク市の方は今回参加された方が少なかったので、昨年岩永さんがgetしたような大物の出品はありませんでした。
今回も皆さんQRVに頑張っておられました。1.9MHzのアンテナもあったのでQRPでも交信が成立していたようです。普通のRigがないところが皆さん個性的でした。

投稿: JK1LSE | 2018/11/19 21:59

160mでのQSOありがとうございました。
JCC1805と打たれておられたので、間違いなく滝知山だと分かりました。
私が行く時はほぼ9割、突風に悩まされます。
トップバンドコンテストにそこから参加されたら、間違いなくLSEさんの技量なら好結果を期待出来ますね。
そこでは、低い周波数は20mまでしか試したことがありません。
50WのVDPで弱いWの局に取って貰えました。
ただ、1エリアがいつも行く小田原のボイントより弱い感じです。十国峠が壁になっているような気がしました。

投稿: jk1wsh | 2018/11/20 15:53

WSHさん、こんばんは。
滝知山は、いい場所なんですが風がねぇ、強いですね。また、ちょっと、東京までは距離がありますね。1200MHzだと、遠く感じます。

HFのハイバンドやローバンドでも高地移動の優位性を感じています。
21/28MHzで筑波山からだと直接波で東京あたりまでは飛ぶようです。

1.9MHzも周囲にノイズが無いので有利なことがあります。後ろに山を背負っていても、山の反対側にも飛びます。余程アンテナの打上げ角が高くなってしまうのでしょう。意外と山があっても行けそうです。VUHFに限らず面白いですよ。

投稿: JK1LSE | 2018/11/21 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/67394897

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 滝知山移動:

« 2018 QRPコンテスト | トップページ | 2018 東京UHFコンテスト »