« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/19

2018 KCJコンテスト

昨年に続き、2回目の参加。そう言えば、昨年も我慢x2のコンテストだったことを思い出す。最近は物忘れで、先日のコンテストのことも忘れてしまう。まして、去年のこと、すっかり忘れていた。

相変わらず7MHzのコンディションは悪くて、日中は近距離が開けることはない。うっかり、夕方に居眠りをしてしまった。居間でごろりとなって、不覚にも1時間ほど寝てしまった。夜もしっかり寝ているのだが、6QSO/時間の修行後、横になると睡魔に襲われてしまった。もっとも、このロスはわずかだと思うが、勝敗はこの当たりが効く?か。

Img_0881
今回は、こんな感じで2画面にしてみた。小さなノートPCでは画面が足りない。もっとも、ローガン対策のため、フォントサイズを大きくしていることが効いている。小さな文字では見えない。

結果は、こんな感じ。
2018_kcj_point
QSOはdupeを含む。昨年よりdupeが多いように思う。

2018_kcj_multi
昨年より増えた。佐賀は相変わらず参加者がいないようだ。最後に沖縄と渡島が増えた。コンテスト中にJD1を見つけて、ナンバーが欲しいといったが、うまく通じなかったようでダメ。NRを貰っても、ログを出してもらわないとダメなのでハードルは高い。
昨年よりは少しは落ち着いて出来たので、ミスが減っているとうれしいのだが。相変わらず、怪しいコール?などミスの可能性が高い。さてどんなものか。

2018_kcj_rate

昨年との比較。出だしが良くないと思ったが、比べてみるとそうでもない。昼間は相変わらず良くない。10分で1QSOとなると流石に心が折れる。
2018_kcj_rate_1

24時間のコンテストで300QSOでは、正に修行だ。局数はともかくもう少し開ける時間があると満足度が上がる。まあ、CWのコンテストと言うことで十分に楽しんだのだが。

【2018/10/1追記】=============================
何とも、もう結果発表があった。苦しい7MHzだから参加者が少ないのか、僅差で1位をいただいた。
2018_kcj_kekka

詳細はこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

2018 フィールドデーコンテスト

昨年の自分に3連敗中だ。この猛暑の中、また筑波山へ向かった。FDコンテストのエントリーだが、6Dと同じ場所、同じ部門のX50で参加した。

Img_0870_1

毎度、雨や嵐に見舞われるが、今回はこの猛暑。巷では、「人命に影響あり」と盛んにささやかれている。昨年の経験からも、終了後の炎天下での撤収作業は辛いものがある。年寄りの冷や水と限界を感じる時だ。昨年は、立ち眩みがしたり、座りながら時間を掛けて作業で何とかこなして、家までたどり着くことができた。

で、今年はさらに条件が悪い。何せ、殺人的な猛暑が続く。そこで、考えたのがこれ。
【いくつか対策】
①日除け
 子供が小さい頃はよくキャンプに出掛けた。その時に使ったタープ。物持ちがいいから、こんなものを探し出してきた。いつも午後からは日差しが車内に入り込み暑い。車全体を覆えば、かなり違うと考えた。

②水分補給
 以前から、2リットルのペットボトルに入ったお茶で水分を補給していた。最近の報道によると、水分だけの補給では逆に熱中症がひどくなるらしい。適切な塩分補給とミネラルの補給が必要らしい。ここでは安易にポカリスエット。(写真は持ち帰ったアクエリアス)

③栄養補給
 コンテスト後は睡眠不足もあるが、栄養が十分取れていないのではないかと疑ってみた。コンテスト前にコンビニ弁当も食べつくし、開始直前はレトルトのカレーなど。コンテスト中はサンドイッチやロールパンなどをかじっていた。そんなにお腹が空かないのだが、やっぱりカロリーが足りないのではないか。普段年寄りは、こんなものは手にしないのだが、これを試してみた。色々な種類があるようだが、これにした。
かなり甘い。糖分とビタミンなどが入っていて、ジェル状で冷やしておくとおいしくいただける、これはいい。これでおにぎり1個分のカロリーだそうだ。

で、結果は、ずいぶんと調子が良かった。コンテスト中に2時間ほどしっかりと睡眠をとったこともあり体が楽だった。もっとも撤収作業はできる限る日陰で、ベンチでできる作業は座って行った。こんなところでぶっ倒れていたら、発見されるまでに干物になってしまう。ならないまでも、もうコンテストに参加なんてできないだろう。安全第一、安全第一、事故は怖い。十分に気を付けなければと普段以上に気を付ける。

Img_0857

Img_0876

Img_0878


-・・・-

さて、コンテストの結果だが、昨年の自分にも及ばない。ALLJA、6D、そして今回のFDと昨年の自分に連敗中だ。少なくとも昨年の500QSOを超えたかったが、全然ダメダメ状態。

2018_fd_point

2018_fd_multi

2018_fd_rate

2018_fd_rate_2
(昨年との比較。出だし低調。明けてから、一度は追いつきそうになるが、昨年の最後の伸びがない)

まあ色々あって、出だしはバンドエッジを選ばず350と出だしとしては比較的高い周波数でphoneのRunからスタートだ。もともと層が薄いことは経験済みだから、出だしは呼ばれなくても慌てず落ち着いていたが、最初に空ぶると落ち込むなぁ。結果的には昨年とあまり変わらないレートだが、全体に局数が伸びていない。層が更に薄そうだ。
もっともこの殺人的猛暑。生命の危険があるのにノコノコと外出でもない。報道では不要不急の外出を避けるように言っているではないか、外にいる方がおかしい。

もう一つ、昨年は夜の時点で西方面が弱いながら開けて、6エリアのマルチが取れた。今回は2エリアを含めて距離が伸びない。コンディションが悪いのだろうか、この時点でも獲得できたマルチは15、16程度と何とも寂しいことか。

【今回のアンテナシステムについて】
・5eleYAGI(F9FTのコピー品)@14mH
・(同上)@8mH
これらを、それぞれのシングル、同相給電を切替て使用した。上のアンテナは360度回転可能で、下のアンテナは都心方面で約60度ほど回転可能だ。ほぼ都心方面固定アンテナだ。

Img_0863_1

①08マルチがgetできた!
この場所から、一度もできいない08マルチを何としてもやりたい。お隣なのに遠い。過去には2mで一度だけ来ているが、この時は富士山かアルプス方面に向けたアンテナでできている。相手も移動局だろうか。6mでは前回一度だけ信号を聞いている。相手がS&Pしていて、うまく拾えない。
今回はコンテスト前のラグチューで宇都宮の6mマンの方に聞いてみた。08マルチをやるにはどうしたら良いかと。結論は、直接方向にアンテナを向けるらしい。山が迫っていて超えそうにないが、ここからではそのルートしかない。真北からやや東方向になる。
これを信じて零時を回ったところで上のアンテナをその方向に向けるが引っかかってこない。最も夜遅くなるとそもそも局がいなくなってしまう。移動局の物好きしかいないが、それも2時を過ぎるともういない。
結局今回できたのは、8エリアのEsも落ち着いた朝にできた。アンテナを北&都心に向けてRUNしている時にKHRさんから呼んでいただいた。何とも悲願がかなった瞬間だ。念のためNR聞き返した。昨年の6Dでは貴重なマルチをミスコピーでロストしている。信号自身は安定していて、強度も強かった。これでルートがわかった。元々局が少ないから粘り強く狙わないとgetできないのであろう。

②Esの発生
昨年は開始後、弱いながらも6エリアが開けて、そこそこマルチをgetできている。今年はそれがない。開始してしばらくして46から呼ばれた1局のみ。RUNしていたので気になったS&Pしてみるが6エリアの局を発見することができなかった。
Esが開けたのは6Dと同じく翌朝からだ。(その後知ったのだが、開始直後も8エリアが開けていたようだ。アンテナを2本とも都心方向に向けていたので気が付くことができなかった)
CWでRUNいている時にPBOさんから呼ばれた。信号が弱いため、NRを何回も聞き返してしまった。まだドン開け状態ではないと踏んでいたがphoneを聞いてみるとASAさんがガツンと入感している。どうも北方面が良く開けていて同じ8エリアでも南方面はこの時点では開け方が弱かった様だ。結局、このEsでの取りこぼしは、S&Pをしているらしい104、108を逃した。網を張って前後でRUNしてみるものの拾うことができず取りこぼし。
その後、Esで02ともできる。この頃になるとPBOさんの信号も強力になっていた。更にEsが強くなったようだ。

③Esの発生(もう一つ)
面白い事象に遭遇した。6mマンなら既によく知っている事象かもしれない。8エリアのマルチ探しも一段落して、パイルを裁く8エリアの局を後目で見ながらRUNしていた。いくらかは、RUNが嫌い?な8エリアの局に呼んでいただきのだが、NEWマルチはなかなか増えない。そんな中JA5の局が呼んできた。信号は弱い。すかさず、直接方向の都心向けアンテナに切り替えるが、全く入感がなくなる。試しに北方面のアンテナに切り替えると信号が上がってくる。何と8エリアと交信しているEsを介して通信している。何とか完了までこぎつけて貴重な39がgetできた。その後、同じように25ともできたが、こちらは直接方向でget済。NEWにはならず残念。これらは、強力なEsが発生したため1エリアから西の局が一斉にアンテナを北に振ったため、できたのであろう。初めてこんな事象に遭遇した。これは何と呼ぶのだろうか。ご存知の方、教えてほしい。

【最後に】
今回も色々な事に出会うことができて、大変満足。改めて6mの伝搬の醍醐味の一片を知ることができた。また、このアンテナシステム、この場所も4回目となるとその特性が段々わかるようになってきて面白い。欲を言うなら下のアンテナのレベルが低いのでもう少し上げたいところだが、それは上のアンテナも上げないといけないので、それはもう無理。違うアプローチが無いかと考えてしまう。
これはこれで楽しいのだが、終わりがない。

【結果の方はと言うと】
昨年の自分にこのところ3連敗中だ。ALLJA、6D、そしてこのFDと昨年の自分のスコアに及ばない。昨年は始めたばかりで、beginner's luckということか。昨年は何もわからずひたすらやったのが良かったのか、考え過ぎると良くないのか、怠慢なのか、スコアが伸びない。何とも奥が深いとしか言いようがない。何年も根気強くやられている方には頭が下がる。こちらの方はどこまで続けられるが問題だ。


-・・・-
★番外編★
【備忘録】
①1200MHzのアンテナ比較
15eleシングル、15eleスタック(x2)、26eleシングル。良質の同軸リレーが手に入ったので、比較試験を行った。15eleシングルが良いときもあれば、スタックがいいときもある。直接波の最短方向に向けると変わらないことが多い。26eleは比較的短時間の比較だが、どれが飛びぬけていいことはない。メリット3が4になったり、4が5になったり、結局このくらいの差であろう。でも3が4になるならば
この差は大きいはずだ。結局、このくらいの精度の比較試験ができないと意味がないらしい。何とも難しい。

Img_0866


②8月の最強?の敵
今年も大量のこいつの歓迎を受ける、お昼近くから夕方ごろまで滞在していく。ネットによるとアブだが、ハエの仲間らしい。刺すことはなく、噛むことがある。一度噛まれて痛かったが、毒があるわけでもなく、腫れあがることはない。車内に入ったやつは丁重にお帰りいただいたが、それでも残ったやつは、安眠のため殺生をしてしまった。
観察すると、滑りやすいガラスでも2本ぐらいの足で体を支えて落ちることはない。足を上げて忙しく両足をこすり合わせている。正にハエの行動だ。こんな様子を観察していた。何とも暇なこと。。。
(写真は去年の物、全く変わっていない。当たり前だが)
Img_0360


③謎の430MHzアンテナ
訳あって、開始1時間前に急遽、設置した。結局は1度も使うことはなく、良かった、良かった(謎
Img_0868

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »