« 2018 5月 札幌 | トップページ | 同軸リレーを作る »

2018/05/28

1200MHz PreAmpを組み込む

群馬コンテスト、WPX CWコンテストもパスして、相変わらずモチベーションは低下したまま。5月のブログの更新も滞っている。重たい腰を上げて、随分と放置していたプリアンプの組み立てに着手した。

前回、キャビティ―の組み立てと、出来合いのモジュールを組み合わせて、特性は確認済だ。これだとコネクターばかりで大きくなってしまうため、MMICのチップ単体をキャビティ―の基板と同一にして、少しコンパクトにしてみた。

出来上がりは、こんな感じ。キャビティ―サイズは20x30x15と前回と同じ。共振棒は5mm径の真鍮のパイプ27mmだ。テフロンチューブを介して3mmネジ15mm長(実際はケースに当たるため13mmに削っている)でチューニングを取る。
基板は1mm厚のFR4。ストリップライン幅は2mm。カップリングコンデンサーは82pF。バイアスのインダクターは56nH。
Img_0770

1200mhz_amp

MMICは中華から仕入れたSPF5189Z。1.2GHzでゲインは15dB弱でNFは0.8dBと優秀だ。広帯域で50ohmのインピーダンスも安定度に寄与している。欲を言えばもう少しNFが良いと良いのだが、贅沢は言えない。とりあえず、これで様子を見てみようと思う。少なくともこれでケーブルのロスは補償できる。オーバーゲインは色々と弊害も生じるのでこの当たりが良いところかもしれない。

1200mhz_amp_respons1

1200mhz_amp_respons2

ゲイン特性はほぼデータシート通りだ。BPF、リレー回路で2dB強のロスがあるので、ゲインとしてはこのくらいだろう。ちょっと電源電流が多い(150mA@5V)のが気になる。中華のニセモノ?か。発熱は銅箔がある基板に実装されているためか気にならない。
昨日は実使用においてもQSOできたので、一応は動作しているようだ。

関連のブログ:
1200MHz PreAmp
SPF5189Z
1200MHz PreAmp送受信制御


|

« 2018 5月 札幌 | トップページ | 同軸リレーを作る »

電子工作 1200MHz TRV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/66769817

この記事へのトラックバック一覧です: 1200MHz PreAmpを組み込む:

« 2018 5月 札幌 | トップページ | 同軸リレーを作る »