« 2018 オール埼玉コンテスト | トップページ | Contest in the contest , 2018 KCJ トップバンドコンテスト »

2018/01/15

スタックケーブル

430MHzのアンテナをスタックにしてみたいと思いケーブルを作ってみた。

ちょっと工夫したのがこれ。最短で配線しかつ、コネクターに加工を施している。
Dscf0063_2

普通ならこんな物を使うのだろうが、事前のテストでは、SWRの最低点でも1.6程度と高い。UHFコネクターは400MHz帯では怪しい。50オームからはかけ離れているのだろう。
Dscf0088

理想はケーブルの途中にコネクタを付けることができればいいが、それはできないので、コネクターの上にプリント基板(両面)をひいて高さを合わせる。スルーホールにできないので、銅テープで裏面と接続を取る。この辺りは最短になるように。
Dscf0077

Dscf0074

Dscf0069

測定の様子。接続部は2液性のエポキシで固めてある。防水と補強を目的としている。使用前後で若干特性の変化があるがそれほどは大きくない。
Dscf0078

これを見ると144MHzでも使用できることがわかる。むしろ430MHzよりも良い。
430_final

拡大した画像。若干高めに最良点がある。気になるならば再調整を。
430_1_final

寸法を記載しておく。
末端のUHFコネクタの中心導体の先端間で2320mm。使用ケーブルはS-5C-FB。絶縁体が発砲スチロールで短縮率が80%程度と言われているものだ。


|

« 2018 オール埼玉コンテスト | トップページ | Contest in the contest , 2018 KCJ トップバンドコンテスト »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタックケーブル:

« 2018 オール埼玉コンテスト | トップページ | Contest in the contest , 2018 KCJ トップバンドコンテスト »