« FT-8 始めました | トップページ | スタックケーブル »

2018/01/08

2018 オール埼玉コンテスト

昨年は入賞を逃した。リベンジのつもりで参戦した。このコンテストはレベルが高い。ただ、入賞者は毎年変わるようで、JARLメジャーコンテストのように入賞者が固定することもないようだ。
昨年も雪が降る酷い天気だった。今年もずうっと晴れていたのに、今日だけ天気が悪い。固定局からのエントリーでもいいのだが、フルサイズのアンテナが張れることと、SSB含め思いっきり集中してコンテストに参加できることから、移動局で参加した。場所は近所の土手だ。

Img_0581
アンテナを上げるときは晴れ間ものぞいていて、結構持ちそうな感じだが、実際には天気予報どおりで昼過ぎからはしっかりと降られた。

で、コンテストはと言うと、近くだということで7時半ごろ現地入り。何だかんだと、1時間近くかかってアンテナを上げるが、SWRが3を超えてどうもおかしい。角度を変えてみたがそんなものではない。仕方が無いのでもう一度下ろしてみると給電部で心線が切れている。モジュラーケーブルなので強度が無い。アンテナを展開するときにエレメントを引っ張る力が接合部にかかってしまったらしい。慌てて接合するも、修理が完了したのはコンテスト開始の9時ちょうど。
あああ、まったく。余裕こいてた罰だ。それにCQ出すも呼ばれない。最初のQSOは9:08にやっとできた。バンドの様子を伺う余裕もなく本番に突入だ。

どうもコンディションが良くない。QSOできるのは6エリアとか8エリアばかりだ。ある程度コンディションが良くないのは覚悟していたが、昨年の比ではなく、良くない。
2018_saitama_rate1

何とも苦渋のコンテストだ。目標には大きく及ばず、昨年のスコアにさえ及ばない。これではリベンジも難しそう。
しかし、誰がこの部門に参加しているのか、それすら良くわからない。ここ埼玉の東の外れからでは、埼玉の局が良く聞こえないからだ。
コンディションの悪さの象徴として、10(東京)のマルチは随分後まで取れなかった。それに9エリアは全滅。7MHzはきつい。今回は不完全燃焼のもやもやしたまま終了。
2018_saitama_point1


おまけで、
終了後、小雨が降っていたが1.9MHzアンテナを展開してみた。16時前から運用するが呼ばれない。10局やるのもやっとだが、16:40ごろ、クラスターに上がったとようでパイルとなる。結局60QSO。6エリアはできなかったが、満足満足。コンテストのストレスが若干和らいだ。

コンテスト&1.9MHzでQSOいただいた皆様、ありがとうございました。


【2018/10/1追記】===============================
何ともレベルの高いコンテスト。入賞への道?は遠い!。
2018_saitama_kekka

詳細はこちら


|

« FT-8 始めました | トップページ | スタックケーブル »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/66256929

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 オール埼玉コンテスト:

« FT-8 始めました | トップページ | スタックケーブル »