« 2017 東京コンテスト 賞状がきました | トップページ | 2017 6m AND DOWNコンテスト 入賞できました »

2017/10/09

2017 全市全郡コンテスト

初めての参加です。大昔の話、「オールシティーコンテスト」と言っていた時代に社団局から参加して以来だ。昔からナンバーが長いのがネックだった、「区」から参加の方は、尚更だろう。基本的にはマルチを意識せず、ひたすら局数を稼ぐタイプのコンテストだ。海外でいえばWPXのようなものだ。

で、今回なぜ参加したかというと、ひたすら多くの局とQSOできないかと思ったからだ。直近のコンテストでは50MHzのシングルバンドでの参加であったのでJARLのメジャーコンテストでもコンテスト終盤では局枯れ?が起きる。それでもひたすらやり続けないとスコアが伸びない。マルチ稼ぎなどやることがあればそれでもいいが、最後は修行のようになってくる。これは、結構なストレスだ。今回は修行ではなく忙しいことを狙ってマルチバンドでのエントリーしてみた。これは、前回のこれで味をしめたところもある。

目標は1440QSOと言いたいところだが、寝る時間も必要なので頑張って1200QSOぐらいできないかとかなり高い目標にしてみた。目標は高い方がいい、低いとそれに到達すると満足してしまうから。しかし、そもそも、寝る時間を、考慮する時点で終わっているが・・・
まあ、入賞でも狙いたいところだが、上位の方々は入賞の常連者がずらりと並ぶから、どこまで自分で出来るかを試したくて、局数稼ぎを目標にやってみたいと思う。参加部門はXAM。

まあ、色々とあったのだが今日は結果のみ上げておこう。
Img_0452
アンテナは、ミニマムの設定で。右側がVUHF。左が21MHzと28MHzの逆V。ローバンドはマルチバンドのダイポール

Img_0429
高さは8m。最後の1段を上げようと思ったが、重くて上がらない。と言うか力が入らない。怪我をしないように控えめに。

Img_0421
1200MHzのループアンテナ。結局、調整の時に使っていたカメラの三脚を本番でも使用。コンテスト中、1回だけ回したが、ほぼ固定。(だから局数が伸びない・・・)

Img_0415_1
超シンプルマルチステーション?。いつものトランシーバーにハンディー機を1台足しただけ!

2017_acag_point

2017_acag_rate
しっかりと、寝ました。

さて、事前に色々と検討した内容と実績を比較してみた。
2017_acag_plan_2
この、黄色のところが問題だ。マルチ率は低めに見積もっていたのでこんな物だろう。

◆雑感を羅列しておく
・ 出だしは50MHzRun。ここまでは経験があるのでこんなもの。あんまり期待もできない。で、ちょっと長居したが事前プランに従って430MHzのSSBへ(22:15)。が、しかしコンテストをやっていない。何と430MHzのphoneはFMでやるらしい。初めて知った!一瞬、周波数が違っていないかと、事前に用意した周波数一覧を再確認する。ホント、知らないって恐ろしい。

・ ペース配分がよくわからない。結局最後まで分からず。430MHzは調子がいい。結構楽で面白い。去年のスコアを見ると局数が多いわけがやっと理解できた。

・ ボイスメモリーを使おうとボタンを押すが効かない。何とこの機械はFMではボイスメモリーが動作しないらしい。これはやってられない。この時はまだ元気だったので、声を張り上げていたが、FMで張り上げても仕方が無いことに気が付く。気が付いたのは翌日日が出てからだが。

・ そして問題が144MHz。どうも勝手がわからない。FMに行ってみるが誰もいない。時間が遅すぎるのか(00:00)どうもこちらはSSBらしい。十数局でおしまい。

・ もう一つの問題児、3.5Mhz。コンテストが始まる前に、普通に飛ぶことは確認済みだが、無謀にもSSBのRunから入るが、こちらも十数局で撃沈。仕方が無いのでCWへ。ちんたらと、20局ほどやるが、まだ出ていない1200MHzが気になって仕方がない。

・ 遅すぎるかもしれないが、01:00から1200MHzに参戦。ダイヤルを回すと何局かが聞こえてくる。早速呼ぶと応答あり。しかし、手持のハンディーマイクだし、太い同軸ケーブルが付いていて位置が良くない。しかもダイヤル照明なし。周波数切替がやりずらい。全くコンテスト用の設備ではない。まず、トランシーバの置き場所が良くない。受信ナンバーを紙に書いてパソコンに再入力。ああ、ダメだ。転記ミス。減点かも。アンテナを回すのもめんどくさくなって、とりあえず13局で終了。

・ まだ出ていない50MHzのCWも気になる。144MHzのCW⇒SSB⇒430MHzのFM⇒CWと切替ながら、さらに気になる3.5MHzのCWに戻る。04:15ごろ、まだできそうだが、さすがに寝ないのは持たないと思い、仮眠へ・・・・

・ 普段は車の中ではよく寝れなくて、うつつとしているのだが、今回は疲れていたのかぐっすり。日が当たって薄っすらと汗ばんで目が覚めた。なんともう6時半だ。寝ぼけながら起きて、車のエンジンをかけて無線機のスイッチをオン。バンドの様子も確認せず、7MHzのCWでRun開始。段々と目が覚めてきた。ボツボツ呼ばれる。それなりに続くので10時過ぎまでCWを続ける。今日は7MHzのコンディションが良いようだ。関東圏ともQSOできる。

・ そして、気になるのはHF帯のハイバンドだ。14MHzSSB⇒CWと順次バンドを上げて行った。CWに出ると早速スキーマと思われる連中(失礼!)から次々と呼ばれる。すごいのを通り越していて気持ち悪い。バンドを変えてもしっかりと付いてくる。これが行き過ぎると詰まらなくなってしまうのではないかとも思う。自分自身もこんな便利なものが使えるなら是非使ってみたいとも思うのだが。日本でもAssistedの部門が無いと不公平だ。

・ 50MHzのCW/SSBをつまみ食いして、13時30分ごろから、7MHzのSSBに参戦。山を背負ったショボいアンテナとローパワーでどこまで通じるか苦手なphoneに挑んだ。まあ、わかってはいるが混信が激しい。気持ちが折れそうになるが、これまたポチポチと呼ばれる。そこそこは呼ばれているが、相変わらず両方から挟まれて苦しい。
元々7MHz phoneを良くやっていたのでこんなものだと思うのだが、レートが上がらないと気持ちが焦る。

・ この長いコンテストナンバーには最後までなじめなかった。CWならまだいいがphoneは最悪だ。
ヒトヒト、ヒトまる、ヒトヒトヒト・・・と言われても頭に残らない。バイナリーデータを1ビットづつシフトを一気にされるみたい。こちらは、精々4bitぐらいしかシフトレジスターがない。オーバーフローして押出されてしまう。
その点、「ひゃくのひゃくじゅう(100110)」と言う表現はいい。これをまねて自分のナンバーを「「じゅうよん(14)のにじゅう(20)」と言っていたのだが、これも一般的ではないらしく上手く取れない方がいた。口もよく回らないので変かもしれないが最後までこれで通した。どうも「ひとよん、ふたまる」とかいうのは抵抗がある。何というのがいいのだろうか。

・ コンディションにも助けられ7MHzSSBは15時30分まで何とか粘った。3.5MHzに行くにはまだ早い。1時間弱430MHzのFMで局数を稼ぐ。144MHz、21MHz、28MHz、50MHz、とつまみ食いをして、ちょいと430MHzを覗いて、3.5MHzへ突入した。19時過ぎになっていた。CWから初めて、これまた苦手なSSBへ。最後はこの3.5MHzのSSBで終えた。最後はバタバタ・レーダーがバンドいっぱいに広がってやりずらい中でのRunだった。

・ 設備関連では7MHzのチューナーがうまく働かなかった。SWRは精々2弱なのにマッチングが取れない。チューンするとSWRが無限大になってしまう。幸いスルーでも問題ない程度だったのでこれで参加することにした。チューナーのどこか特定のエレメントがやられたか。それともマイコンが変な値を覚えこみぬけれないのか。
自宅に帰ってきてロータリーダイポールで試してみると難なくチューニングできた。マイコンが変な値を覚えこんでしまったのだろうか。エレメントの一部が壊れている疑いも晴れたわけではないが・・・

・ もう一つ、DC化したLEDライトが回り込みか、点滅することがあった。最初に発生してその後は大丈夫であったが、タッチスイッチを使っているので回り込みには弱いのだろう。ちょいと中を覗いてみようと思う。
まあ、トラブルと言えばこのくらいで全体的に見れば至極順調だった。

・ 1200MHzは操作性を何とかしないと厳しい。これはこれで面白そうなネタだが。

・ バンドによって苦手意識がつい出てしまう。7MHzや50MHzは勝手がわかってきたので落ち着いてできるが、問題なのは3.5MHzと144MHzだ。どうも苦手意識が抜けない。それぞれ、苦手だから運用時間が短くなる。今回も特に3.5MHzはもっと時間を費やすべきだ。寝ている2時間半を当てればもっとスコアが伸びただろ。しかし、今回の2時間半はとても貴重で、その後、すっきりとした頭で運用を続けることができた。いい歳なんだから無理をしない方がいい(きっと)。
144MHzは局数が少なかったのか、どうも勝手がわからない。もう少しSSBに時間を割くべきか。

・ 最終的にはスコアもそれなりに格好がついた。ただ、例のヒトヒトヒト・・・のナンバーでミスをしている可能性大。また、CtestWinのパーシャル機能を使っているので、多バンドのQSOだと最初のナンバーが次も表示される。例えばCKAは最初にQSOした1200MHzの「13008L」がHFでQSOした時も表示され、不用意にリターンしてしまうとこれが入ってしまう。下手すると、一気に5~6局も失ってしまうことになる。
なので、結構局数が減るのではないかと心配だ。

・ というわけで、色々あったが完全燃焼できたコンテストであった。QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

(おしまい)

|

« 2017 東京コンテスト 賞状がきました | トップページ | 2017 6m AND DOWNコンテスト 入賞できました »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。1200超えとはすごいですね・・・
私はシングルバンドで遊んでおりました。

投稿: JP1LRT | 2017/10/10 12:10

LRTさん、こんばんは。
全く土地勘?が無いところで悪あがきしている感じでした。
でも、何でもいいからたくさんの局とQSOするのはコンテストの原点のような気がします。
あまり頭を使わず、ひたすらQSOするのもいいいですね。

投稿: JK1LSE | 2017/10/10 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/65895524

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 全市全郡コンテスト:

« 2017 東京コンテスト 賞状がきました | トップページ | 2017 6m AND DOWNコンテスト 入賞できました »