« 移相器と遊ぶ ~製作編~ | トップページ | QSLカードがきた »

2017/07/17

アンテナ切替器にスタック切替接点を追加した

以前作ったアンテナ切替器。これは、これで便利なのだが、スタック-シングルの切替を別のスイッチで制御していた。切替える場合に2つのスイッチを動かすことになり、ちょっと煩雑だ。アンテナ切替器にスタック切替の接点を組み込んでみた。
外観はスタック動作時のモニター用LEDが追加されている。これで、アンテナ切替スイッチを動かすだけで、上、下、スタックとアンテナを自由に切替えることができるようになった。
ちょっとしたことだが、すごく便利そうだ。

Dscf0329

Dscf0327
ロータリースイッチにあまりの接点があれば簡単なのだが、あまりが無い。シャフトを延長して、カムを介してマイクロスイッチを動かすことにした。

Dscf0324
難関なのはシャフトの延長。配線が完了しているのでさらにやりづらい。シャフトに1.8mm径の穴を開けて2mmのタップを切った。この当たりは、ボール盤がないと厳しいと思う。意外とうまくセンターに穴を開けることができた。2mmのネジを6mm径のベーク製スペーサーに埋め込んだ。反対側には3mmのネジを埋め込んでいる。2液性のエポキシ接着剤で固めている。これができれば、後は何とかなりそう。

Dscf0323
アクリル板でカムを作った。位置決めは現物合わせで調整している。各箇所は緩まないようにエポキシでロックしておいた。電気工作とも違い、動くものも楽しい。

|

« 移相器と遊ぶ ~製作編~ | トップページ | QSLカードがきた »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/65544984

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ切替器にスタック切替接点を追加した:

« 移相器と遊ぶ ~製作編~ | トップページ | QSLカードがきた »