« ADF4351 近接スプリアス HPFを入れてみる | トップページ | 2017 WPX CW コンテスト »

2017/05/27

ADF4351 近接スプリアス BPFを入れてみる

タイトルが変わり映えしないが、今度はBPFを入れてみた。

430MHzぐらいだと、いい加減に作ってもそこそこ特性が出るのだが、1GHzともなるとそう簡単にはうまくいかないようだ。形は何とか追い込んだが、如何せんロスが多い。まあ、近接スプリアスを見るのだから、傾向ぐらいはつかめるだろう。これで試してみた。特性は、こんな感じ。
Dscf0259

Dscf0263

Dscf0260

さてここで、BPFを挿入してみる。
Dscf0265

Dscf0268

綺麗に近接のスプリアスが取れている。もっとも、BPFのロスが10dBもあるのでこれがATTになっているので、スプリアスの絶対値は10dBほど有利になっている。本来この部分は割り引いて考える必要がある。

Dscf0273
スパンを狭めている。BPFを未挿入の場合だ。左端にスプリアスのスペクトラムが少しだけ見える。

Dscf0270
こちらは、BPF挿入した場合だ。レベルが10dBほど下がってしまっている。

今回のプロジェクトはこのPLLやAmpはモジュールを使おうとしているので、一番のキーはいかにうまくBPFが作れるかにかかっている。特に送信終段のBPFはロスも極力小さくしないと、せっかくのパワーがココでロスって、十分に取り出せなくなる。

このADF4351は優れものだ。これをうまく使えば簡単にLOが出来そうだ。さて、もう少し真面なBPFを作らねば・・・。(続く)


|

« ADF4351 近接スプリアス HPFを入れてみる | トップページ | 2017 WPX CW コンテスト »

電子工作 1200MHz TRV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/65332422

この記事へのトラックバック一覧です: ADF4351 近接スプリアス BPFを入れてみる:

« ADF4351 近接スプリアス HPFを入れてみる | トップページ | 2017 WPX CW コンテスト »