« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017/04/30

2017 ALL JA CONTEST

とにかく、疲れました。24時間のコンテストはきついです。7MHzのコンディションはどうだったのでしょうか。自分の去年と比べると、去年は21時から寝るまでに30局しかできていません。それと比べるといいのでしょうか。22-23時ごろちょっと良かっただけで、翌日の日中もダメダメで、夕方もそんなに盛り上がりません。結構忍耐です。
今年はC7Hで参加しました。アンテナはもちろんリニアローディングの短縮ダイポールです。去年までのGPよりは遥かにましです。(近距離の国内は)
600pointの壁は厚かったです。結構減点があると思うので、届きませんでした。エラーが怖いです。21時台のQSOはカスカスだったので自信がありません。何局からB4と言われてしまいました。自分ではそんなつもりはないけど・・・
QSOいただいた皆様、ありがとうございました。非常に楽しむことができました。

2017allja_score
Dupeも記録しています。4回も呼んでくる局がいました。全部NR交換していますhi

2017allja_muti
今年は取りこぼしがありません。最後に徳島ができました。さすがALL JAです。いつも取りこぼす(我が)福井もたくさんの方が出ていました。今年はハイレベルです。北海道がもう一つぐらいできるとよかったのですが・・・

2017allja_rate
しっかり寝ています。寝ないともちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/21

アンテナ切替器を作った

アンテナ切替スイッチを作った。同軸ケーブルを切り替えるスイッチだ。普段はアンテナカップラーについているスイッチを重宝して使っている。移動運用でもこれがあると便利かと思い作ってみた。
主材料のロータリースイッチはだいぶ前に仕入れてあったものだ。いつどこで、いくらぐらいであったかも記憶は定かではない。一時期、タイト製のものを集めていた時期がある。何でもタイト製の物に憧れ?ていた。

Dscf0196
ツマミは矢型の物がないかと探したがちょうどいいものが見つからない。このツマミはその昔持っていたFT-400Sのバンド切替と同じものであったと思う。50年近く前の物だ。⇒いや、ちょっと大きいのでYAESU製のFL2100Bの物と同じか?
スイッチのポジションがわかるように銘鈑を作ろうと思っている。これが苦手でいつも後回しになってしまう。

Dscf0199
5本のアンテナが切替出来るようにした。実はここで使ったスイッチは2回路10接点の物だ。ストッパーはなく連続して回転できる。コモンのポジションがなく36度づつ10ポジションがあるスイッチだ。接点を見ると3つのコモン接点があるようでうまく作ってある。どんな構造か見てみたいが、ホコリ避けか耐圧稼ぎのためかカバーがあり構造を見ることができない。うまいスイッチだが接点群の体積は大きそうだ。これは高周波特性には不利になりそうだ。気になるところだ。

Dscf0190
コモンのコネクターだけ色を変えてみた。他は秋月製の安物を使っている。スイッチの接点からはもっとコネクターを配置すれば切替数を取ることができるが、5本もあれば十分であろう。

Dscf0189
タコ足のような配線だ。

Dscf0184
コネクターの配線は極力短くなるようにする。50MHz程度であれば、意外とこれでも行けそうだ。

Dscf0182
スイッチの配線も極力短くなるようにする。同軸ケーブルの外皮側の処理をどうしようかと迷ったが、バラックで確認してこれでも行けそうと踏んでこうしてみた。ダストカバーの上に銅テープをひいてこれに最短で接続してみた。
もう一つ、接点をパラに接続している。電流容量稼ぎだが、高周波特性は劣化する。50MHzあたりを目標にしてバラック試験で確認しておいた。

Dscf0180
ケースはタカチのMB-21。もう一回り小さくても入りそうだったが、ここはあまり無理をせず、大き目のケースにした。結構ボリューム感がある。

Dscf0169
これはシャーシ加工の様子だ。電動ドリルで穴あけをして、リーマで広げる。昔やったハンドドリルよりはずうっと楽だ。

Dscf0174
16mm径のシャーシパンチで穴を開けていく。綺麗で楽に穴が開いていく。これは真空管時代に重宝したものだ。16mm径は7pinのMT管用の物だったと思う。これも、手に入れてから50年近くたつと思う。最近は滅多に使うことがない。

-------------
Ant_sw_position5
10~150MHzのVSWR特性だ。これを見ると145MHzあたりでも使えそうにも思う。ポジションによる差もあるが、意外とその差は小さい。
代表的な値でSW5の時、
28MHz 1.04
50MHz 1.09
145MHz 1.27

50MHZ辺りまではポジションによる変化はないが、145MHzでは最悪値は1.92まで上がってしまう。これでは、ちょっと厳しい。

Ant_sw_position5_wide
これもVSWR特性。上限を500MHzまで拡大してみた。200MHz以上はものすごいことになっている。色々を共振しているようだ。

Ant_sw_15loss
ロス特性もとって見た。145MHzで0.26dBだから、何とか使える範囲かも。

Ant_sw_45iso
アイソレーションはこんな感じやっぱりそんなに良くはない。20dB程度だ。アンテナスイッチではなくRigの切り替えに使うにはちょっと厳しいかも。100W時には1W近く漏れてくる。まあ、アンテナ切替であれば何とか使えそうだ。これで、いいグッズが揃った。

【2017/4/23追記】======================
銘鈑を付けてみた。イラストレータでフィルム状のシートに印刷すれば、少しは見栄えがいいのだが、ここでは手抜きで。CADの図形をそのまま普通紙に印刷してみた。これだと、手垢が付いてしまうのだが、きっとこのままかも。
Cimg2295


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/04/09

2017 JIDX CWコンテスト

こんなコンテストがあることは知っていたが、いつ開催されるかも知らなかったのだが、今回初めて参加してみた。皆さんもご存知の通りJE1CKAが主催するコンテストだ。
初めて参加して、初めてよく分かった。これは日本人による、日本人のためのコンテストなのだ。ちょっと例えがが悪いが、オール埼玉コンテスト(埼玉県人にとって)のようなものだ。つまり、こちら側が呼ばれる立場にあるということ。また、開催時間も日本の都合に合わせてある。しかも、こちらから見るとコンテストナンバーがWWと同じでマルチはカントリーとゾーンの合計値である。つまり、こちらはWWの練習をしているようだ。何とも上手く考えられている。(今頃、気が付いたか!)
ということで、日本人にとっては、すこぶる面白い。さずが、JE1CKAだ。(と感心する)

コンディションが悪いことも分かっていたので、ちょっとのぞくつもりであったが、結構それなりに参加してしまった。けれど、30時間のうち8時間はしっかり寝ましたが。

結果は、こんな感じ。
2017_jidx_cw

3.5MHzのアンテナがなかったのが悔やまれる。7MHzや14MHzで度胸試しと下手くそながらRunしてみた。これで、結構度胸が付いた。慣れが必要だ。冷や汗もいっぱいかいたが。。。ミスコピーが多そうで、結果を見るのが怖い。
夕方の14MHzではヨーロッパから呼ばれるが、かなり信号が弱くて苦労する。向こうは混信が無いのか、弱くてもこちらを呼んでくるようだ。ちょっと、うれしい気分になる。コンディションはよくないのであろうが、それなりに楽しむことができた。コンディションがよければ、それは楽しそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

F9FTを試してみる

秋葉原に寄って、ディップドマイカを仕入れてきた。30pF500Vの物をパラにしている。電流容量を稼ぐためだ。実測で62pFと出た。調整に使ったトリマが61pFを示していたから、ほぼ同じである。絶対値は測定器が怪しいので、参考程度で。また、ディップドマイカコンデンサーは比較的高価だ。ネットで調べると、マルツが意外と安い、なのでここで調達した。
20170408_62pf
前回の絵とはスケールが違うので、ちょと違うが共振点などほぼ同じであろう。

給電部はこんな感じ。その内、寸法を入れた図面を起こす予定。メモ書きだけだと後から見るとサッパリわからない事態となる(経験済み)。
Dscf0163

Dscf0165

さて、このアンテナの成果を試してみた。2階のベランダからグラスファイバーポールで約10mぐらいの地上高に設置した。(以下は先週の写真)
Cimg2291

最初はSSBでやっていたが、めんどくさくなってCWに切り替えた。この方がCQが楽だからである。
ここ埼玉の東部(茨城との県境)から、相模原、小田原、南佐久(JA0)、山梨笛吹市とできた。また、スキャッターだろうか奈良の局ともできた。この方のBlogをよく拝見している。
7MHzのダイポールやHFトライバンダーと比べると、いいようだ。それなりに指向性アンテナとして機能しているようだ。時間があれば、河原に行ってビームパターンを測ってみたいと思っている。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/04/08

2016 CQ WW DX PHコンテスト 結果

おもしろいサイトを見つけた。知っている方は、こんなの昔からある、とおっしゃると思うのだが、初めて気が付いた。

まあ、phoneなので、たいして局数はやっていないはずだ。どのくらいやったかも記憶にない。最近、さらに物忘れがひどいかも。こうやって、Blogに記録しておかないと・・・

おもしろいサイトとはWWコンテストの公式サイトだが、コールサインを入力すると、過去に提出したログの結果を見ることができる。どのカテゴリーにエントリーしたかも忘れてしまうので、コールサインさえ入力すれば検索ができるところがいい。

Ww_result
結果を見ると、最近になってログを出し始めていることがわかる。90年代にもちょっとアクティブだった時期がある。多分、今の家に引っ越してきてトライバンダーの上げたころだろう。しかし、その後最近まで全く活動していなかったことがわかる。

もっと驚いたのは、大学時代にクラブ局で参加したときのオペレータとしても検索に引っかかることだ。何と38年前のことだ。このころは、エアメール郵便でログを送付していた。結果はwebもないので、QSTかUS-CQで確認していたと思う。
そして、この検索使って昔なじみの方のコールサインを入れるとその方のアクティビティがわかる。なんと1950年代のログまでデータベース化されているようだ。本来、こんな使い方をするものではないだろうが、ちょっと面白くなって、色々と検索してみた。

https://www.cqww.com/score_db.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/02

F9FTを調整する

アルミパイプの加工は完了したのだが、天気が悪かったり、寒かったりと中々調整することができずにいた。昨日は小雨がパラつくこともあったが調整を始めた。今日は最初は風もなく、まずまずの調整日和だ。世間では、1週間ほど前に開花した桜も満開になったそうだ。

2階のベランダからグラスファイバーのポールに乗せて調整する。屋根の影響も受けるようで、アンテナを回転させるとインピーダンスも変化する。
Cimg2291
手前が調整中のF9FTだ。こう見ると怪しげなパイプが上空を占有していて、家人が嫌がるのも無理はない。これを素敵だ、と言う方が可笑しいのだろうが、Bigアンテナには憧れる。些細な抵抗だ。

VNAを使っての測定だが、12mの同軸ケーブル込みの特性なので調整していても、どうも思い通りには特性が動かない。
13

13_1
一応それらしい、特性になったがもう少し追い込めるのではないかと思っている。もう少し経験を積まなければ。。。

14

14_1
ガンママッチのキャパシターを50pFに変えた特性。一番上の特性は、受信用の極小セラミックトリマで調整し、今のところの最適値は60pFのようだ。なので、ちょっと容量が足りない。手持ちの1KV100pFのセラミックコンデンサーを2個を直列にして50pFを得た。
こんなもので、どのくらいの電流容量があるかを確かめてみた。意外だが50Wぐらいならば使えそうだ。80Wでは結構発熱している。怖いので100Wでのテストは行っていない。

元々はガンママッチのロッドの中に3D2Vの心線を入れてキャパシターを作るつもりだったが、60pFまでは得られないようだったのでとりあえず手持ちのセラミックコンデンサーに変えたというわけだ。ディップドマイカにでも変えようか。


この写真は、昨日の小雨の中の情景だ。4月だというのに寒かった。
Cimg2286


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »