« 2016 CQ WW DX PHコンテスト 結果 | トップページ | 2017 JIDX CWコンテスト »

2017/04/09

F9FTを試してみる

秋葉原に寄って、ディップドマイカを仕入れてきた。30pF500Vの物をパラにしている。電流容量を稼ぐためだ。実測で62pFと出た。調整に使ったトリマが61pFを示していたから、ほぼ同じである。絶対値は測定器が怪しいので、参考程度で。また、ディップドマイカコンデンサーは比較的高価だ。ネットで調べると、マルツが意外と安い、なのでここで調達した。
20170408_62pf
前回の絵とはスケールが違うので、ちょと違うが共振点などほぼ同じであろう。

給電部はこんな感じ。その内、寸法を入れた図面を起こす予定。メモ書きだけだと後から見るとサッパリわからない事態となる(経験済み)。
Dscf0163

Dscf0165

さて、このアンテナの成果を試してみた。2階のベランダからグラスファイバーポールで約10mぐらいの地上高に設置した。(以下は先週の写真)
Cimg2291

最初はSSBでやっていたが、めんどくさくなってCWに切り替えた。この方がCQが楽だからである。
ここ埼玉の東部(茨城との県境)から、相模原、小田原、南佐久(JA0)、山梨笛吹市とできた。また、スキャッターだろうか奈良の局ともできた。この方のBlogをよく拝見している。
7MHzのダイポールやHFトライバンダーと比べると、いいようだ。それなりに指向性アンテナとして機能しているようだ。時間があれば、河原に行ってビームパターンを測ってみたいと思っている。


|

« 2016 CQ WW DX PHコンテスト 結果 | トップページ | 2017 JIDX CWコンテスト »

アンテナ F9FT」カテゴリの記事

コメント

本田さん、こんにちは。
アンテナ完成ですね!おめでとうございます。 成績も良好そうで何よりです。

拙宅は関東平野の端なので、6mではビームアンテナでも都内は厳しいです。 本田さんのところ辺りなら飛ぶかも知れませんので、こんどSSBでお相手よろしくお願いします。
こちら、市販の5エレですが双方が向ければ交信できるだろうと想像(期待?)しております。hi hi

投稿: JA9TTT/1 加藤 | 2017/04/11 15:46

加藤さん、こんばんは@帰りの電車
そうですね、この間は富士山をめがけて西方向にアンテナを振っていましたが、もっと北に向ければ届きそうですね。タワーの上のアンテナで拾っていただければできそうです。

50MHzもCWの局がいればもっと遠くに飛びそうですが、休日でも滅多に聞こえてきません。こちらは、50MHzを始めたばかりなので、遠くの方とできると嬉しくて仕方がありません。

アンテナを常設できるといいのですが、今のところはあげるところがなくて仮設状態です。でも、組み立ても慣れてきたので10分もあれば組み立てできそうです。移動運用で楽しみたいと思います。

投稿: JK1LSE | 2017/04/11 20:57

出来上がったようですね。
おめでとうございます!
いつも綺麗な造りで写真みとれてました。

投稿: ja1cvf | 2017/04/16 06:44

cvfさん、こんにちは。
最近は自作の方はサッパリになってしまいました。アルミをゴリゴリ削ったりしていました。昨日も移動運用に使う21/28MHzのダブルダイポールをゴリゴリと作っていたのですが、この周波数の組み合わせは、互いに微妙に干渉するらしく、うまくいきませんでした。
結局は別々にダイポールに仕上げたのですが、こうなるとアンテナ切替器が欲しくなったり、またまたゴリゴリが続きそうですhi

投稿: JK1LSE | 2017/04/16 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/65129992

この記事へのトラックバック一覧です: F9FTを試してみる:

« 2016 CQ WW DX PHコンテスト 結果 | トップページ | 2017 JIDX CWコンテスト »