« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017/03/27

F9FTを作る ~パイプに平行の穴と直交する穴をあける方法~

当初アンテナのブームには「コの字」のアルミチャネルを使おうと思っていた。こちらの方が強度があり軽量にできると考えたからだ。しかし、実際ホームセンターで現物を見ると、確かに曲げ方向には強度があるが、ねじれ方向には弱いことがわかった。もう一つ、価格を見るとアルミパイプの2倍近い価格だ。
だったらと言うことで、結構当たり前だがブームにはアルミパイプを使うことに仕様変更した。アルミパイプを使うとなると、当初考えていたエレメントブラケットの構造も見直さないといけない。チャネル材を使えばチャネル面の平面が出ているので、エレメントを無造作に並べても、同一平面上にきれいに並ぶ。しかし、パイプだとよく考えないとエレメントを同一平面に並べて取り付けるのは至難の技だ。ここで、今回少しだけ知恵を使ったところを備忘録的に残しておく。

1)アルミパイプにエレメントを同一平面上に並べて取り付ける方法
エレメントブラケットをUボルトを使ってブームである丸パイプに取り付ければ、取り付け時に調整は必要だが、ブームを加工する必要がないので、これも一つの方法だ。ただ、今回のように軽量、コンパクトに作る場合Uボルトは大げさだ。また、移動運用時に平面だしに一々調整していたのでは組み立てに時間がかかって仕方がない。
ここはネジ1本と蝶ナットで取り付けをしたい。こうなると、各エレメントが互いに同一面となるようにブームに穴をあける必要がある。これが結構、至難の技となる。前置きが長くなったが、実際にはこのようにして同一平面を出す。

日本の大工が大昔からやっている方法だ。原理は「墨壺」を使った方法だ。ここでは裁縫用の縫い糸を使う。黒色の糸が目立つので使いやすい。
アルミパイプの一端に糸をテープで固定する。反対側に端に糸を伸ばして固定する。この時、同一面(ねじれがない)となるように、片目をつぶって(的を狙うように)目視で見る。かなりアナログ的だが、人間の感覚は優れていて、ねじれの様子がよくわかる。実際、これでも十分の精度が得られる。
この後は、糸で基準面が得られたので、必要な位置にマジックペン(細字)と罫書き針を使って印をつければ出来上がりだ。あとは、電気ドリルかボール盤を使って穴をあける。これも細心の注意を払って穴をあけないとせっかくうまく基準面が出たのに加工精度で誤差を生んでしまう。
Dscf0158
【ちょっと、わかりにくいがパイプの先に黒色の手縫い糸巻きがある】

Dscf0156
【穴の上に黒い縫い糸が見える】

2)アルミパイプにエレメントと直交するマストブラケットの穴をあける方法
この方法を思いつかなくて、アンテナ製作の最後の作業が完了せずに時間が経ってしまった。ここでも簡単な4mm径のネジと蝶ナットで固定したいのでエレメント取り付け穴に直交するネジ穴をあける必要がある。この方法を思いつかない。
ネットで調べたが、中々思い通りの方法が見つからない。色々悩んだ末に思いついたのがこれだ。
①適当な幅の紙テープをパイプにねじる様に巻きつける。1)で付けた基準線のところに、紙テープの両側に鉛筆で印をつける(罫書き針でも点を打っておくと精度が上がる)。
Dscf0150

②紙テープを外して、先ほど印(罫書き針の点)を着けた間に直線を引き、長さを測り4等分し印を付ける。
Dscf0148

③これを、もう一度アルミパイプに巻きつけて印を付けた位置を合わせると、先ほど4等分した点が、それぞれ基準線に対して直交した点と、基準面の背面になる。ここに罫書き針で印を付ける。
これで、正確なマストブラケットの穴位置を求めることができた。あとは、精度よく穴あけ加工するだけだ。実はこれも大変難しいのだが・・・・
Dscf0152_li1
【黄色矢印がエレメント取り付け穴。赤矢印がブーム取り付け穴。この二つが互いに正確に直交していることが必要だ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

PICを使ったエレキーを作る

前から1台欲しいと思っていたエレキー、やっと作ることができた。

下は昔作った、C-MOSの汎用ロジックICを使ったエレキーだ。HAM Journal No.1に記載されたTTL製の物をC-MOSロジックに焼き直して作ったものだ。抵抗など乗数を100倍くらいにして低消費電流化したものだ。30年以上前の3Vのメモリーバックアップ用のリチウム電池で今でも動いている。
最近の移動運用とかに重宝して使っていたのだが、誤動作するときがあったり調子が悪い。少し突いてみたのだがよくわからない。それならばということでPICを使ったエレキーを作ったというわけだ。
Dscf0137

サイズは一回り小さくして、YM-90というケースにした。リチウム電池などを使えばもっと小さく出来るが、汎用の単3電池を使うとこで、移動運用をした時の電池切れにも対応できるようにした。
Dscf0139

中を見るとほとんどが電池で占められている。電池の横にある黒色の物がサウンダー。秋月で手に入れた小型の発音体だ。モニタートーンの周波数を1500Hzにセットした。発音体の周波数特性からするともっと高くないと十分な音量は得られないが、これでソコソコ聞こえるのでこれにした。
Dscf0115

白い4pinのデバイスはフォトカプラだ。ちょいと電流は食うがアースを無線機と分離できるので回り込みとかには強くなる。パソコンのキーイングもフォトカプラを使っている。このエレキーとパラに入る感じだ。パソコンを含めるとアース周りが複雑になるので分離しておくとよい。
ただ、手持のフォトカプラのCTRが低いものしかなく、ダイオード側にいっぱい流さないとトランジスター側がONしない。回路図は330オームになっているがこれでは不十分で実機には220オームが付いている。PICの負荷としても重すぎるので、後でCTRの大きいものに変えようと思っている。ドライブの抵抗も簡単に変更できるようにICソケットに実装してある。
Dscf0125

回路図も備忘録として残しておく。オリジナルはCYTEC内田さんのエレキーを参考にさせていただいた。ソースも色々修正してPIC12F1822で使えるようにしてある。スピードの調整範囲とか自分好みに再チューニングした。
これとほぼ同じものを、7MHzのCWトランシーバーにも内蔵させてある。
Dscf0146

HEXファイルを置いておく。これを解凍して書き込めば動くはずだ。
「Ele_Key1822.zip」をダウンロード

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/03/20

VNAを買った

何を血迷ったのか、こんなものを買ってしまった。RFワールド(CQ出版)の記事の物だ。再頒布の物を手に入れた。アンテナアナライザー替わりでSWRのモードで眺めているだけでは、もったいない。せっかく、虚数成分も表示できるのだから。
コンパクトで中々いい。もう少し、使い込もうと思っている。

Dscf0110

デスクトップとノートタイプのPCにインストールするのだが、どちらもWin10、64bitのためちょいとめんどくさい。これを参考にしたが、これでもダメで、google先生の御厄介になって、無事インストールすることができた。

(続く、かも)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017 東海QSOコンテスト

これも、初めての参加です。どんなものかと様子見で参加した。

Dscf0104
コンテストになるとWindows UPdateが始まってコンテストができない。以前にもこんなことがあって、できないことがあったので、開始1時間ほど前にPCの電源を入れておいたのだが、この始末。今回のUPdateは重かった上に、この非力なPCだと時間がかかる。結局終わるのに1時間以上もかかった。まったく!!

ということで。開始直後は手打ちにメモ書きでの参戦になって。もっとも7MHzは至極コンデションが悪くCWでもかすかすだ。このまま開けないのでは、と思わせるほど悪い。なので、手打ちでも問題ない。
こんな状態なので、ちょいと買い物に抜け出したり・・・。11時半ぐらいになると急に開け始めた。まだ悪いが何とかなりそうだ。

このコンテストは同一バンドの同一局のCW/SSBがそれぞれ得点になる。おもしろいルールだがCtestWinが対応していないのかDupeになってしまう。何か設定があるのかもしれない。後で、Dupeを有効に書き換えて得点に加算した。

また、管区外の局からも呼ばれた。マルチが違うので記録できない。やむなく削除して進めた。強制的に記録する方法がないのもか。

もう少しできるとよかったのだが、ここまで。
2017_tokai_qso


【2017.7.8追記】=======================================
結果発表があった。
どんな、コンテストだったか記憶が薄い。これに限らずだが、すぐに忘れてしまう、年だなぁ。

2017_tokai_result


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/03/14

VNA CALキット

こんなものを作ってみた。VNA用のCALキットだ。材料は秋月で購入した安物のSMAコネクター。作った後でwebを検索すると色々な方の実例がある。チップ抵抗はもう少し小さいサイズで抵抗面をコネクター側(逆向き)にして接続を最短にするといいらしい。抵抗は100オームを2個パラにしている。一応、抵抗値を選別して、50.0オームを目指す。デジタルマルチメータの精度も怪しいものだが、一応努力してみた。
結果はリターンロスが30dBは取れている。写真の下は多摩川電子のダミロードだ。こちらは50dBは取れている。こいつはちょいと出来すぎのようだ。上の周波数は接続ケーブルも怪しいので参考値だ。
オープンのコネクターのリードピンもきれいに切らないといけない。まだ切っていない。
Dscf0099

Dscf0094

Dscf0090


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

F9FT 50MHzをつくる

移動運用に使う50MHz用のアンテナが欲しくて以前から材料を物色していた。軽くするためにパイプの径を落としている。ブームはφ18、エレメントはφ9とφ7をつないでいる。この休はアルミ材と格闘していた。
エレメントブラケットをこれに決まるまでに頭の中で試行錯誤が続いた結果の決定版?だ。
これから給電部と詳細部の製作が続く。

Cimg2270_1

Cimg2272_1

Cimg2275

Cimg2281


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016 QRPコンテスト 賞状が届いた

うれしい賞状が届いた。今年は参加賞も付くようだ。
コンテスト委員の大久保さん、ご苦労様です。ありがとうございます。

Dscf0087

関連のページ
2016 QRPコンテスト 結果発表があった
2016 QRPコンテスト
CW TRX V2 自作品コンテスト授賞式
7MHzリニアローディング・ダイポールアンテナ

QRPクラブで公開された結果
コンテスト結果
参加局のコメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QSLカードを発送

半年ぶりぐらいだろうか。今週の平日に少しづつ印刷しておいた。プリンターが遅いので時間がかかる。今日、コンビニからJARLへ発送しておいた。

Dscf0081


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

2017 ARRL DX PHコンテスト

備忘録として記録しておく。
21MHzも探せば聞こえたかもしれないが、普通に朝聞いても聞こえなかった。

2017_arrl_ph


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/03

マイコンの開発環境

開発環境のバージョンアップを行った。何かのテーマを開発中だと中々バージョンアップできないのだが、幸い?仕掛中のものがないので、バージョンアップしてみた。

Arduino_181
まずは、Arduino。Ver1.6.xからVer1.8.1にバージョンアップした。昨年はイタリアと米国で訴訟問題でごたごたしていたorgとcc、和解したらしく統一のIDEが提供された。とりあえず、バージョンアップしてみた。古いソースが通るかどうかは未確認。せっかくバージョンアップしたのだから、何かやってみようか。


Mikroc_pro701
もう一つはPICの開発環境だ。無料版もあるが、ROMサイズが2KBに制限されているので、随分前に有料版を入れている。Aruduinoよりも前から使っている。これで、初めてC言語でプログラムを書いた。Arduinoと同様にライブラリーが充実しているので、すぐにLCDなどを動かすことができる。自分が最初に使ったこともあり、すごく親近感がある開発環境だ。

今回、MikroC PRO Ver7.0.1に上げた。今回から、プロダクトキーを入力するように変更となり、日本の代理店であるマイクロテクニカを通じてプロダクトキーを払い出してもらった。今回から、パソコン(固有のハード)との紐づけがなくなったようで、払い出されたプロダクトキーをずうっと使うらしい。昔のマイクロソフトの製品のようだ。
Arudinoがある中、有料の開発環境は苦戦していると思われるが、これからも頑張ってほしいと思う。

マイコンの世界もArduinoに使っているアトメルのCPUはPICのマイクロチップに買収されている。この最下位層のCPUの世界もどうなっていくことか。IoTの世界ではもっとパワーのあるCPUが主力かもしれない。最近知ったのだが、PICとかを使った過電流制御やSWR劣化検出など、コントローラーとして使うような使い方がいいのかもしれない、と思う今日この頃だ。何か自作に取り組まねばと、焦っているのだが・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »