« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017/02/19

2017 ARRL DX CWコンテスト

今週は、これに参加していた。コンディションが悪いので、期待せずの参加だ。こんなにコンディションが悪いのにBigステーションは聞こえてくる。
21MHzは探せばもっとできたかもしれない。朝のWがポツポツしか聞こえない。14MHzも良くないが、やっぱりこのバンドが一番良く聞こえた。
土曜日の夜だけ、ステルスアンテナを伸ばして3.5MHzにも参戦した。図に乗って、CQを出すと数局に呼ばれる。このバンドも飽和しているのであろう。
何年待てば昔のようなコンディションに戻るのだろうか?

まだ、コンテストは続いているが、ここまで。
2017_arrl_cw


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/02/13

ハンタマ

2年ぶりに、出かけてきた。平日なので半日券(4時間)でも十分だ。体力が衰えているのか、腿がパンパンに張ってしまう。ゲレンデもガラスキで楽しむことができた。以前にも同じような写真もあったような気がする。

Img_0224


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

2017 関東UHFコンテスト

まったく、ついていない。昨日は仕事でトラブルがあり、終電に駆け込んで帰宅。早めに寝て、万全を期そうと思っていたが、体調は絶不調。

と言っても、仕方がない。先週、筑波山の下見をした場所へ向かうと、すでに先客らしき車が止まっている。仕方がないのでUターンして、第二の候補へ。ラッキーなことにここは空いていた。アンテナ設営まで、ちょいと休憩。そうしていると、同業らしき方が来てUターン。ハイバンドのコンテストの時は、筑波山は大盛況のようだ。物好きが沢山いるねぇ、自分もそうだけど・・・

Img_0210
天気はいいのだが、すごく冷え込んでいる。-5度ぐらいにはなっているであろうか。アンテナを設営していると、手がしもやけになりそうになった。軍手をしていたのだが、これはやばい程冷え込んでいる。

Img_0217
帰りがけに、一枚撮影。ちょうど麓に降りたところから。遠くから眺める姿とも違う筑波山。やっぱり、お山の頂上がいいなぁー、あそこだったら、飛びそうだと見とれているのは、すでに病気の兆候あり。

-・・・-
結果は、
CATEGORYNAME:電信430MHzバンド
CALLSIGN:JK1LSE/1
SCORE BAND=430MHz:173,168,96
TOTALSCORE:16,128

局数が伸びません。全市全郡タイプのマルチなので、ただひたすら局数を伸ばすのが、セオリーだが、その局数が伸びない。神奈川の奥まで飛んでいるので、そこそこだが、きっとこれは相手のアンテナに助けられてのことだろう。都内、都下のハンディートランシバー級までは拾えないようだ。やっぱり、筑波山は都心から離れすぎているようだ。都心の高層ビルのヘリポートあたりにアンテナを上げてぶん回せば、いいスコアが出るだろう。なんて、妄想にかられる。その内、誰かがやりそうだが。
初めての参加で、思うようにスコアが伸びなかったけれど、初めての筑波山コンテストは楽しむことができました。QSOいただいたみなさん、MNI TNX!

【結果発表2017/8/14】==============================
2017_kanto_uhf
中々、入賞は難しい。あと一歩、粘りが足りないんだよなぁ。
しかし、失格と諦めていたのに助かった。きっと、他にも送付先を間違えて方が多かったからだろう。気を付けねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/05

2016 QRPコンテスト 結果発表があった

これは、本当にうれしい!。当クラブが主催するコンテストで、7MHzシングルバンド自作部門で1位をいただくことができた。QRPコンテストはパワーが制限されており、条件はみな同じだ。実は、5Wというのは十分ハイパワーだ。飛ぶときは、5Wも100Wも変わらず飛ぶものだ。ただ、100Wの局とパイルに参加すれば、それはかなわない。なので、パワーが同じ条件のコンテストは面白い。
さらに、今回使用した設備は、自分で製作したトランシーバーであり、自作のアンテナだ。この組み合わせで、メーカー製の物と互角に戦うことができた。これも、うれしい限りだ。
QSOいただいた皆さん、コンテスト事務局の方々、本当にありがとうございました。

2016_qrp_test


===============================
関連のページ
2016 QRPコンテスト
CW TRX V2 自作品コンテスト授賞式
7MHzリニアローディング・ダイポールアンテナ

QRPクラブで公開された結果
コンテスト結果
参加局のコメント

| | コメント (2) | トラックバック (0)

筑波山に移動してみた

昨日は、QRPクラブの懇親会があり、訳あって、何と11時間も秋葉原に滞在していた。その疲れもあったのだが、雨が降る前にと、筑波山に行ってきた。まあ、車で行くので登山をするわけでもないので、大したことはないのだが、重い腰をやっと上げて行ってきた。風もなく、移動運用するには、いい日であった。430MHzの移動運用は生まれて初めてだ。どのあたりの周波数に出ればいいのかのも、よくわからない。最初にQSOいただいた方から、色々と教わりながら、楽しい1日を過ごすことができた。
結果は、CW 2QSO,SSB 4QSO, FM10QSO。藤沢とか九十九里ができた。
日曜日だが、CWとかSSBに出ている局は少ないようだ。

Img_0202


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/03

2016 Field-Day Contest 賞状が届く

これまた、何とラッキーな話だ。もらえないと思っていた、賞状が届く。

賞状は昨年エントリーした、フィールドデーコンテストの賞状だ。色々あって入賞は難しいと思っていたが、ラッキーにも入賞することができた。今回のラッキーなのは、このとき使ったコールサインのことだ。JARLでは最近、経費節約?のためかJARLの会員にしか賞状を送らないとのこと。これ自体、なんか本質とずれていると思うのだがこれは決まり事。
なので、会員ではないJA9のコールでは賞状は貰えないと思い込んでいた。JK1のコールはその昔、QSLカード転送の魅力にひかれて、終身会員の資格をもらっていたが、JA9のコールは正員ではない。今回数十年ぶりに使ったので、カードの転送手数料を払っていたのだ。これが功を奏したのか、何と思いもよらず賞状が送られてきた。これは、何とラッキーなことか。

Dscf0076

左が今回送られてきたもの。そして、右は38年前に同じフィールドデーコンテストでもらった賞状だ。今回と同じく7MHzでのエントリーだが、確かMIXのものだと思う。コールサインはJK1のコールで北陸地区での表彰だ。なんでこの時だけ、コンテストに参加したか全く不明であったが、昨年あった大学のクラブのOB会に参加して、事情が分かった(ただ、当時のことを忘れていただけだが・・・)。これは、クラブ対抗で得点を得るためにメンバーが各自実家に戻ってそれぞれ参加するという作戦であった。シングルバンドでの参加では大して得点は得られなかった思うのだが、当時はこんなことをしていた。
個人でのコンテスト入賞は後にも先にも、これ限りであった。ということで、思い出深い入賞だ。

なので、今回いただいた賞状は、何ともラッキーな賞状であった、ってこと。

関連の記事
2016 Field-Day Contest

2016 Field-Day Contest結果発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »