« OB会@草津温泉 | トップページ | QRP コンテスト編 »

2016/10/22

QRP

ネタ切れ。最近は半田ごてではなく、パドルを握っている。

Dscf1101

こんな感じで、Class E Amp.トランシバーのRF Powerつまみを5Wにセットして、リニアローディングダイポールアンテナと、リニアローディンググランドプレーンアンテナを聞き比べながら、QSOしている。関東・関西などの近距離を含め、国内はほとんどがダイポールアンテナの方が電界強度が強い。場合によっては10dB以上は違う。ダイポールの方がいい感じだ。
ただし、地上波の直接波で相手が垂直系アンテナの場合は、圧倒的にGPの方が良い。相手が使っているアンテナが鮮明にわかる。
国内のとび具合だが、今日は6エリアから8エリアまでAJDができた。

BY、HLあたりでもダイポールの方がよい場合が多いのだが、相手によってはGPの方が良い局がある。UA0,UA7になると、GPの方が良い。GPは弱いながらも遠距離向きか。ハイバンドでGPを使った経験から、そこそこ飛ぶが強力には飛ばないという印象だった。短縮型のブーム長の短い3eleトライバンダーに替えたとたん、ものすごく飛んだという記憶がある。やはり、ビームアンテナにはかなわない。7MHzでも2eleの短縮八木でもあれば、それは世界が違うかもしれない。

まあ、国内QSOであれば、このダイポールアンテナでも十分に期待できそうだ。5WのQRPで多くの局とできている。
最近はJクラスターなるものがあって、休日ともなると多くの移動局が出てくる。クラスターにアップされると、それなりのパイルアップになる。QRPでは多くの場合は、パイルには勝てないんだが、タイミングをずらして呼ぶことで、拾ってもらえることがある。このときは、/QRPを付けてちょっと自慢げ?にQSOできる。この辺りが、QRPの快感だ。そもそも、飛ばないのが当たり前だから。
DXはBY,HL止まり。BYの局は2wayQRPのQSOができた。今よく出回っている中華Kitでも使っているのであろうか。結構QRPの局がいそうだ。また、W7を呼んだが、QRZ?が返ってきたのみだ。今日はコンディションがまだイマイチだ。

ところで、ラバースタンプQSOを何十年ぶりにした。昔と様子が違うのがQTHを名前で送信しないこと。何とJCCナンバーやJCGナンバーを交換する。JCGにおいては最後に町名のアルファベットつける。まさにHamLog仕様だ。これが国内の標準になってしまった。この間は、UAからJCGの町名コードを聞かれて焦ってしまった。自分の町名コードって何だったっけ???
HamLogの弊害というか、名前ぐらい打てばいいと思うのだが。

アンテナの比較ということでQRPの5Wで運用したが、これなら結構いけるっていう実感が得られた。移動している局は50W程度であろうから、聞こえていれば大体飛ぶ。パイルアップは流石に苦しいが。

本当のQRPの醍醐味はQRPp0.5Wぐらいからかもしれない。普通の局と20dBも違うと流石に苦しそう。もう少し、色々とやってみようと思っている。半田ごてよりも、当分はパドルを握ることになりそうだ。

P1030052

|

« OB会@草津温泉 | トップページ | QRP コンテスト編 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コールサインに自慢げにQRP付けてると馬鹿にされますよ。ましてや国内なら普通にどこでも届きます。
しかもホントにQRPなのかなんて本人以外わからないんだから。止めた方が良いです。
中華や台湾あたりのでQRPって言ってる局も結構いい加減ですよ20wとか。
QRPは基本自己満なんで黙ってやるべき。実際レイトコールで『QRP?』って返ってくるのを利用してる人が一番多いです。

投稿: 通りがかった者 | 2022/08/23 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QRP:

« OB会@草津温泉 | トップページ | QRP コンテスト編 »