« QRP CW Transceiver 3 | トップページ | QRP CW Transceiver 5 »

QRP CW Transceiver 4

昨日はビックサイトで開催された「ハムフェアー2015」に行ってきた。QRPクラブのブースに行くのがメインだが、日頃サイトを拝見している方に挨拶したり、新しい刺激をいただいた。

QRPクラブの展示では、JH2ECU/沼尻さんのPICのdsp版によるSSBジェネレーターとか、JA1VXQさんのSi5351Aを使ったCWトランシーバーの実物を拝見した。ブログはいつも拝見しているのだが、実物もキッチリと作られていて感心。どれも、高度なものなので、もっといろんな機会でアピールしても良い立派な作品だと思う。

ということで、自分の作品を見るとかなり見劣りがするが、人のことを気にしても始まらない。何事もひとつずつ、一歩一歩だ。

先日からケースの加工をゴリゴリと現物合わせで、組み上げていた。何せ回路がFIXしないうちから、組み上げていくのだから、やっつけ仕事になってしまう。
受信部を組み立て始めたのだが、このまま進めてしまうと当たってしまい絶対にケースに収まらないと思い、ある程度ケースに入れ込む作業を優先した。

で、基板を入れてみると、案の定はみ出してしまう。ノコギリとヤスリで何とか収めることができた。配線のスペースがなくて苦しそうだが、頑張るしかない。

これで、やっと受信機の組み立てに入れる。キャリア発振器や検波回路も考えないといけない。まだ先は遠い。

Dscf0470_1
TRXの顔が見えてきた。化粧は最後にならないとできない。まずは、動くようにしないと。

Dscf0467_1
ひっくり返した裏面。見えているのは受信部だ。この下にE級アンプの送信機が入っている。高さ制限が厳しくて、ほぼゼロクリアランスになってしまった。かなり苦しい。


|

« QRP CW Transceiver 3 | トップページ | QRP CW Transceiver 5 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/62142485

この記事へのトラックバック一覧です: QRP CW Transceiver 4:

« QRP CW Transceiver 3 | トップページ | QRP CW Transceiver 5 »