« I2C制御DSPラジオ(BK1088) 2 | トップページ | ローテーターのコントローラの修理 »

I2C制御DSPラジオ(BK1088) 3

FMも設定したら、聞くことができた。当地、埼玉の杉戸町は都心から約40Kmほど離れている。東京FMはアンテナの向きによって厳しいが、NACK5はよく聞こえている。こちらは、多分放送局まで20Km程なので、普通のラジオと同じように、よく聞こえている。特別感度が良いわけでもないが、そんなに悪いとも思えない。CPUノイズからうまく分離ができればそこそこ使えると思う。

画像のLCD表示もプログラミに固定値を書いたものだ。UIをどうするか思案中だ。
Dscf0248

【追記】
ついでに、短波の設定も試してみた。電離層の状態でどのあたりの周波数帯が聞こえやすいか変わる。
試しに3925KHzと6055KHzを聴き比べたが、この季節、この時間帯だと、ほぼ同じだが、6M帯の方が若干良かったような気がする。
SWで3バンドの放送が聞こえるようにした。ついでに、LCDも切り替えて表示するようにした。
先の画像より、ちょっぴり進化した。
Dscf0249


|

« I2C制御DSPラジオ(BK1088) 2 | トップページ | ローテーターのコントローラの修理 »

電子工作 PIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/58441850

この記事へのトラックバック一覧です: I2C制御DSPラジオ(BK1088) 3:

« I2C制御DSPラジオ(BK1088) 2 | トップページ | ローテーターのコントローラの修理 »