« I2C制御DSPラジオ(BK1088) | トップページ | I2C制御DSPラジオ(BK1088) 3 »

I2C制御DSPラジオ(BK1088) 2

音が出た。いい音だ。
参考にさせていただいたコードをよく見ていたら、チップのアドレスを1ビット左シフトさせていたのだが、これはチップのwrite"0"を書き込むための対応であった。データシートでも、「Addr[6:0]+R/W_」と記載されている。

Dscf0245

写真は雰囲気を出すために、LCDに固定値を表示させてみた。NHK第2放送だ。文化放送やニッポン放送も聞こえた。ただ、バラックセットなのでCPUからノイズを拾っている。ちゃんと作る必要がありそうだ。

「鉱石ラジオと料理と」に感謝!です。

|

« I2C制御DSPラジオ(BK1088) | トップページ | I2C制御DSPラジオ(BK1088) 3 »

電子工作 PIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/58429996

この記事へのトラックバック一覧です: I2C制御DSPラジオ(BK1088) 2:

« I2C制御DSPラジオ(BK1088) | トップページ | I2C制御DSPラジオ(BK1088) 3 »