« New Shack | トップページ | 時計 »

2013/05/19

古いPCの再インストール

会社のK氏は、パソコンに詳しい。マザーボードのチップセットを見るだけで、いろんなことがわかってしまう。先日、一緒に秋葉原を案内してもらった。ジャンクのPCやボードを見て色々解説してくれるのだが、半分もわからない。こういった分野も面白そうと感心するばかり。

さて、アキバでの戦利品は、CPUのヒートシンク。Pen4の古いPCを再生してみようと思ったから。長いこと再インストールしていなかったので、起動時間が遅くなり、アイドル中でもハードディスクを頻繁にアクセスするので、遅くて仕方がない。時々、ディスクエラーも発生していたので、新しいPCに乗り換えた。
再インストールすれば、解決するかもしれない。それと、もう一つの問題は、FANの音がうるさいこと。静かな新PCに慣れてしまうと、あの騒音は耐え難い。ということで、ジャンクではあるがヒートパイプを使った、ちょっとはましてあろうヒートシンクを買った。バックパネルがなかったので、これは新品を買った。ヒートシンクの2倍強の値段だが、合わせて1000円しない。これも、K氏の見立てである。

再インストールするにあたり、K氏にお世話になった。winnt.sifなるファイルを作成して、全自動でインストールするファイルを作成してもらった。一部エディターで必要な内容に書き換えることで、OK。これはすごい。XP自体は45分ぐらいでインストール完了。SP3とWindowsUpdateをあわせて、2時間半ぐらいで完了することができた。これは、本当に楽ちんだ。こんな方法があったとは。

まずは、OSの再インストール。ヒートシンクを始め、ハードをいじらないで、OSのみをいじる。ステップ・バイ・ステップ。
Dscf0113

別の角度から。古い筐体。
Dscf0114

マザーボードを取り外し、FANを交換する。これは、オリジナルのインテル製のFAN。FANのスピードを落とすための可変電源を付加してある。コアの温度を見ながら、VRでコントロールできる。まあ、適当だが。
Dscf0115

新しい、ヒートシンクに載せ替えた。結構、大きな体積だ。昔、YAESUのリニアとか、オーディオのAmpにヒートパイプが使われていたが、こんな簡単に使えるようになるとは、思ってもいなかった。
Dscf0118

新しい、筐体に入れ替えた。電源以外は、前と同じ構成だ。新しいと言っても、前に別のマザーボードが入っていた筐体比である。10年近いかもしれない。
Dscf0119

はい、完成。2台も並べて、何に使おうか?RS232Cが付いているので、PICなどの開発用にでも使おうか?
アプリが何も入ってないせいで、起動も、動きもすこぶる軽快だ。Pen4でも、まだまだ使えるかも。
Dscf0121


関係ないけど、おまけ。
Dscf0125
息子に頼まれて、バスケットのゴールを設置。何年か前にも設置したのだが、景観?を害するとのことで、撤去。今度は息子に押されて、再度設置したものの、評判は良くない。

|

« New Shack | トップページ | 時計 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古いPCの再インストール:

« New Shack | トップページ | 時計 »