« AVR その6 | トップページ | AVR その8 »

2010/11/23

AVR その7

B系の回路図も描いたのでUPする。
B系は、電圧が0Vから22V、電流が0から2.5Aを設定することが出来る。これを実現するために補助電源を使っている。補助電源のGNDはメイン電源の出力(+)側であることに、注意してほしい。PICの電圧、電流計もオリジナルから変更している。電圧がメイン電源+側を基準としてマイナス側を測定している。このため反転増幅器として、1/10の利得設定になっている。電流計測側は回路はオリジナルのままだが、利得を10倍としているため、ソースコードも変更した。
それぞれ、オリジナルの参照先を回路図にも記した。

Ps3_b


|

« AVR その6 | トップページ | AVR その8 »

電子工作 AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AVR その7:

« AVR その6 | トップページ | AVR その8 »