« AVR | トップページ | AVR その3 »

AVR その2

この回路にはまった。
Lm338t_cir

一見、動きそうである。しかし、電流を引くと出力がドロップしてしまう。ナショセミのアプリケーションノートにも、リモートセンシング的に利用できるように書いてあるが、電流検出の抵抗を0.1オーム入れただけでドロップしてしまう。

実装はこんな具合だ。
Dscf0437
ループゲインが少ないのか、どうしようもない。

仕方が無いので、TL431とパワーTrで組むことにした。TL431は手持ちのNEC製uPC1093である。
回路はホロンさんの回路を参考にさせていただいた。

元々1chipのスペースに無理やり突っ込んだ。超空中配線である。
Dscf0439

PICのコントローラの一部、フローティング電源が出来上がりつつある。
Dscf0440

|

« AVR | トップページ | AVR その3 »

電子工作 AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/49898749

この記事へのトラックバック一覧です: AVR その2:

« AVR | トップページ | AVR その3 »