« モーター | トップページ | HP8656Bがおかしい(まとめ) »

HP8656Bがおかしい

2球スーパの調整をしていたところ、SGがどうもおかしい。1000KHzで出力レベルが50dB程も低い。
しかも、暖まってくると正常になる。
12月の中頃から格闘が始まる。まず、サービスマニュアルを見つけた。さすがHP(アジレント)さん。

まあ、結果は追々記すが、結論は、出力のATTの不良だった。
さあどうするか!

Dscf0191
まず、全体をバラバラにして、回路と実際のレイアウトを確認する。サービスマニュアルがなければココまでできない。

Dscf0195
これがフロントのATTの減衰特性である。TGの出力が-10dBmであるから、F特もフラットになるはずが、
調子が悪いときはこのように低域ががくっと落ちる。
これは、以前スペアナで経験した、信号線の断線(クラック)に酷似している。
温度変化により、膨張・収縮を繰り返して、特性が変化する物と読んだ。

Dscf0199
これが問題のATT。減衰量は正しく切り替わるので、内部のリレーではなく、信号線の断線だと思う。しかも、
入力側のコネクターの部分とセラミック基板の接続部分と推定する。
しかし、完全密封のため見ることができない・・・。

|

« モーター | トップページ | HP8656Bがおかしい(まとめ) »

電子工作 測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/47195565

この記事へのトラックバック一覧です: HP8656Bがおかしい:

« モーター | トップページ | HP8656Bがおかしい(まとめ) »