« スペアナは実に楽しめる?!(第2章) | トップページ | スペアナは実に楽しめる!?(第4章) »

スペアナは実に楽しめる?!(第3章)

実に楽しめる?!(第3章)

さらに通電を続ける。

暖まったところでキャリブレーションを掛けるかと思い画面をのぞき込むと、何かがおかしい。TG出力と入力をケーブルで直結しているのだが、さっきは0~2.6Gまで、約-10bBmの出力が出ていたが、またもや低域が出ていない。
連続で通電すると温度上昇のせいか、低域の出力が減少する。

しばらく、電源を切って冷やしてみる。
1時間ほど冷やしてみると、また低域が少し戻っている。電源を入れると見る見るレベルが落ちていく。

デバイスがヘタッているのか????・

オシロでTGの出力を見てみると、どうもおかしい。低域が出ていないようだ。
今度は入力ではなく、出力がおかしいようだ。

またまた、ケースを外してフレームを分解した。
今度はTG側のシールドケースを開ける。初めてである。

前オーナも開けた形跡があるので、昔からこの不具合があったのだと思う。多分、直せないかと思ったのだろう。

内部の様子。

Dscf0030

Dscf0029

やっぱりあった。入力と同じような、アルミナの基板とガラスエポキシの基板をつなぐ箇所が。早速導通を測ってみると、つながっていない。何度かやっているうちに、今度はつながりっぱなしになってしまった。
この状態で電源を入れてみると、おお!やっぱり治っている。

コテを暖めて半田を盛る。修理完了!!

この手、であれば、治せるようになった。しかし、本体のフレームをバラバラにする必要があるので、やたら手間がかかる。

ホントに楽しめる?!機械だ。

以下、記録のためケーブルを直結した時の画像をUPしておく。

最初の1枚はTGのフィルターが断線している時の画像。

Dscf0025

以下は修理後の画像

Dscf0033

Dscf0034

Dscf0035

Dscf0036

Dscf0037

|

« スペアナは実に楽しめる?!(第2章) | トップページ | スペアナは実に楽しめる!?(第4章) »

測定器 R3361A」カテゴリの記事

コメント

突然のメール、失礼します。
スペアナR3261Aの故障修理につき検索しており、本ページにたどり着きました。
記事と同機種の3261Aを長年使用しておりましたが、画面表示がおかしくなり、昔のテレビで言うところの「メダカノイズ」状態になりました。輝度調整も効いており、他の機能は正常と思われます。
故障個所に付き、何か情報が有りましたらご教授頂きたくメール致します。
勝手なお願いで申し訳ありませんが、何かアドバイスいただけましたら幸いです。

投稿: 好本 敏文 | 2014/07/11 14:13

好本さん
こんばんは。ブログをご覧いただきありがとうございます。

残念ながらCRTに関する情報はありません。このCRTはモジュール化されているようで、電源ユニットと同様に情報が見つかりません。
本体との接続は、コネクターひとつで接続されており、ピンレイアウトは、以下の通りです。
1- +12V
2- GND
3- H_SYNC
4- GND
5- VIDEO
6- GND
7- V_SYNC
8- GND

本体の背面にVIDEOコネクターがあり、NTSCの信号が出ています。ここに、VIDEO端子のあるテレビ等を接続すれば、画面が映ると思います。これで本体側の故障か、CRTモジュール側の不良か切り分けができると思います。
CRT側だと実機から追いかけるしかないようです。

別の機械ですが、CRTの代わりにLCD(VIDEO入力)に取り替えているケースもあるようです。

http://topbander.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

これくらいしかわかりませんが、何かあれば可能な範囲で回答いたします。
ご健闘をお祈りしています。


投稿: Pocky | 2014/07/11 21:35

貴重な情報、ありがとうございます。
ケースを開け、コネクタを手当たり次第ガサガサと揺すったところ、回復しました。コネクタの接触不良か、振動を与えたことが良かったのか、いずれにせよ一安心です。
外面からNTSCがでているのは、全く知りませんでした。昔のアナログTVを繋いで確認してみます。
スペアナ以外にも参考になる記事があり、興味深く読ませて頂きました。
今後ますますのご活躍をお祈りしています。
本当に、ありがとうございました。

*7M、21M当たりで時々波を出しています。

(回線トラブルで再送)

JA3PWT 好本 敏文。

投稿: 好本 敏文 | 2014/07/12 09:08

好本さん
治って、よかったです。
私の機械もジャン測なので、いつ壊れるかわからないので、電源を入れるたびにヒヤヒヤしています。この機械の情報がありましたら、お寄せください。このページに纏めておくと、どなたかのお役に立てるかもしれません。
無線の方は最近はあまり出ていません。毎年、ALL JA TESTには、出るようにしています。7MのCWのエントリーです。もう少し時間ができたら?またやってみたいと思ってますのでよろしくおねがいします。

投稿: pocky/JK1LSE | 2014/07/12 10:22

R3261Aの修理、追加情報を送ります。
一旦安定していましたが、「メダカノイズ現象」再現。
・通電2H程度で発生し、OFF後時間をおくと正常動作。
・電源OFF後温度が下がると次回電源ONで発生。
・基板抜き差し、コネクタをさわると復活する事がある。
・NTSCでも現象同じ。
以上の状況から、やはりどこか接触不良が原因と推測。
・コネクタの点検→黙視では異常なし、ガサゴソと抜き差し。
・基板のコネクタの再ハンダ。(一部ネジが抜けていた→補修)
・基板上アナログ部と思われる部分の再ハンダ。
 一番上に乗っかっている基板の2SC1815の当たりが怪しいと思うのですが、何せ回路図もブロック図も無いので手当たり次第に再ハンダ。
以上の処置の結果、復活しました。連続通電、温度変化後の再ブートも問題なし。
基板上のハンダにクラックがあったのかな?。
R3261Aはまだ多くの方が使われている様です。参考になればとコメント書き込みします。
それにしてもネジの多さには参った。

投稿: ja3pwt | 2014/08/25 18:15

好本さん
こんばんは。
情報をいただき、ありがとうございます。

>・基板抜き差し、コネクタをさわると復活する事がある。
●基板とは、どのあたりでしょうか。

>・NTSCでも現象同じ。
●これだと、CRTモジュールではなくて、画像信号元側の故障のようですね。

垂直信号、水平信号はCPUボードで作られています。AMDのICがグラフィックchipでCPUのデータバスにつながっています。IF信号をADで変換した後、CPUからグラフィックchipに書き込んでいます。
グラフィックchipからアナログになった信号は、Q4のチップトランジスターで出力されています。(CPUコネクターのD6端子)
この後は、マザーボードを経てCRTモジュールへ行きます。CPUボードかマザーボードあたりが接触不良かもしれないですね。
また情報がありましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。


投稿: pocky/JK1LSE | 2014/08/25 21:33

LSEさん、こんにちわ

基板はCPUの乗っかっている基板です。コネクタは手当たり次第にガサゴソやるので、特定はできていません。CRTへのコネクタは入念にチェックしましたが、問題はなさそうです。
情報を頂いたグラフィックチップのあたりを再度点検してみます。動作させながらチェックできればもう少し絞り込めるのですが、今のところ見込みで対処するしかできずストレスがたまります。
さわるとしばらく正常動作するので原因は単純なところだと思うのですが、現象再現しそうで不安です。
また何か情報あれば連絡します。

投稿: pwt | 2014/08/26 10:40

好本さん
こんにちは。
CPUの基板だと、やはりハンダのルーズが怪しいですね。
私の機械も、昨日電源を入れたのですが、毎回立ち上がるか心配です。
新品のシャキッとした機械を使いたいところですが、そうもいかないので、これを大事に使うしかないです。
また情報交換をよろしくお願いします。

投稿: pocky/JK1LSE | 2014/08/26 17:03

LSEさん
今晩は。
3261Aのその後をお知らせします。
8/26に頂いた情報に基づき、グラフィックチップ&メモリらしき部分を再ハンダ(滅茶苦茶数が多い)しました。その後本日迄ほぼ毎日使用していますが、CRTの動作不良は再発していません。何とかこれで直った様で、もう少し働いてくれそうです。それにしても1990年(基板の製造年)から24年も経過しているのですから当時の機械は丈夫ですね。
いろいろ貴重な情報を頂き、感謝です。
有り難うございました。

投稿: PWT | 2014/10/08 21:26

JA3PWT/好本さん
こんばんは。
CRT表示不良のその後のレポートをいただき、ありがとうございます。完治してよかったですね。

四半世紀前の機械ですから、ハンダルーズがあったとしても文句は言えないですね。
ただ、昔のHPのようにサービスマニュアルとか、補修部品の供給をしてもらえると、助かるのですが日本のメーカでは難しいですね。

このぺージも海外(非英語圏)の方からも翻訳機能を使ってかと思いますが問い合わせをいただいたりしています。きっと情報がないのでここにたどり着くのでしょう。

皆さんの貴重な情報を集約して、このスペアナを長く使うことができたらと思っています。

引き続き、よろしくお願い致します。

投稿: pocky/JK1LSE | 2014/10/08 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60805/44496019

この記事へのトラックバック一覧です: スペアナは実に楽しめる?!(第3章):

« スペアナは実に楽しめる?!(第2章) | トップページ | スペアナは実に楽しめる!?(第4章) »