2021/03/07

サテライト通信用ステルスアンテナ

サテライト通信を始めて約1ヶ月、100QSOもできた。しかし、通信するたびに、ベランダでアンテナのの設営をする。だんだん面倒くさくなってきたし、部屋にはアンテナやモータ、三脚がゴロゴロしていて、超雑然としている。板金加工やハンダ付けと工作台も散らかったままだ。

昨日、VWLさんの屋根裏動画を見て、そういえば元々は屋根裏にアンテナを設置するつもりで、ブーム長1mの4eleYAGIを作ったんだっけ。しかし、思いの外屋根裏は筋交いや梁があって、アンテナを回転させるとなると狭い。垂直偏波にして通常の地上波用と共用しようと思ったがこれでは回転ができない。諦めて放置してあった。2m用だけ水平偏波にすれば良いことはわかっていたが、地上波と共用出来ないので乗り気ではなかった。

部屋が雑然としていることもあり、今日は思い切って屋根裏へアンテナを設置することにした。屋根裏は夏は高温だし、冬は寒い。作業ができる季節は限られる。意を決して始めた。

Img_2375

まずは、2m用を水平偏波にする。仰角は15度狙い。70cmは垂直偏波にするので。影響のない木製のマストにする。これで、回転半径が最小となり、屋根裏にギリギリだが持ち込むことができる。まるで、パズルのようだ。まずは、ベランダで試運転。

Img_2372

2m用のアンテナを15どの角度を持たせるためのマストクランプ。簡単なはずだが、三角関数を忘れてる!!。なんと、中学生以下だな。普段使わないからと、言い訳・・・。

Img_2377

ちょうどよい梁があったので、挟み込むようにしてホールドする。回転できるように、当たらないようにするのは、屋根裏で実際に現物合わせで調整する。筋交いとエレメントの距離は最短部で3cmほど。ギリギリだ。

Img_2380

マストを延長する。本来、モータはこんなに長いマストは想定していない。根っこの部分に負荷がかかるが、アンテナの重量バランスを取ることと、屋根裏は無風だからと、作者の意図とは違う使い方になったいる。自己責任で。

ー・・・ー

実際の屋根裏の様子。ライトでも持ち込めば、よく映るとは思うが、きれいな場所でもないので雰囲気だけ、御覧ください。

Img_2387

Img_2386

Img_2388

一応、動画にしてみた

 

 

 

実際の使い込みはこれから。夕方のXW2Fをやってみたが、70cmの送信の被りが殆どなくなった。偏波を変えたせいか調子がいい。ベランダだと、北西がアルミ製の雨戸や建物の影でほとんど使えなかった。これで周囲は邪魔するものがないはず。使い込んでみようと思う。

部屋の中が、随分と片付いてスッキリした。満足、満足。

 

 

 

| | コメント (0)

2021/03/05

サテライト通信(2m→70cm)

皆さんの温かい?ご指導により、何とかスタートした。2mのクリコンで概ねカバーできるが、RS-44のように、ダウンリンクが70cmものは、出来ない。指を加えて聞いていると、長時間に渡って聞こえるしDXの可能性もある。出てみたくなってクリコンを作った

Img_2367

Img_2362

見てくれは、良くないが取り敢えずクリコンを作って覗いてみた。平日にも関わらず、多くの方とQSO出来た。

E2とも出来たのだが、ちょっと、こちらのコピーが怪しい。

E21EJCからは、こんな画像を送っていただいた。LOS間際だが、相手の耳は優秀。アクティブな局だがありがたい。

https://www.youtube.com/watch?v=pyl_xW_4cvc

ー・・・ー

今日は、午後から雨。

簡易にローテータにビニール袋をかぶせて使っている。

Img_2368

| | コメント (0)

70cm用クリスタルコンバーター

サテライト通信を始めると、435MHz受信のRS-44衛星は長時間使えるし、DXとも可能で使いやすい。IC9700でもあれば、すぐにできるのだが、そんな良いものはない。仕方がないのでクリコンを作ることにした。

部品を探し出してくるのが腰が重い。始めれば楽しいのだが、中々行き着かない。2m用の延長でもできるような気がする。デュアルゲートMOSは元々はUHFチューナー用だからそのまま使えるであろう。LOはSi5351aでは、逓倍が必要となるので、面倒くさい。安直にアナデバのADF4351を取り出す。これは4GHzまで出せるスグレモノ。だいぶ以前に、中華製を仕入れてあった。ダイレクトに406MHzを発振させることにした。

Img_2361

Img_2370

Img_2371

コイルは園芸用の0.9mm径の裸銅線。いつもは45mm長だが、トリマの容量が少ないのか、ギリギリ。長さを50mm長に変えた。負荷によっても同調点が大きく変わる。

ADF4351は中華製のモジュールだ。この石は自分ではハンダ付け難しい。ちょっと、お高いがモジュールを使うしか仕方がない。周波数は、PLLを1KHz刻みにして調整した。デフォルトで10KHzほどずれていたので、設定値で調整をした。FT991と合わせただけなので本当のところはよくわからない。この周波数を測ることができるカウンターを持っていないから。合わせこんだが500Hz程度はずれているように思う。仕方がない。

Img_2356

RF ampの特性。スペアナが調子悪くて、レベルを可変できない。外付けのATTを調整して、適当なレベルを突っ込んで測定している。ゲインは22.5dB。最初、負荷側(ドレイン)をリンクコイルに接続していた。これだと10dB程度しかゲインが得られない。これじゃあ、負荷が重すぎる。同調回路のCのホットエンドに接続して、この特性を得る。データシートよりちょっと少ないがこんなものだろう。

LOは、モジュールの出力で0dBmぐらい。フィルターを噛ませて、そのホットエンドからC結合で、ミキサーの第2ゲートに加えている。これを測定できるハイインピーダンスのプローブが無いのでエベルがわからない。もう少し、高い目に突っ込んだほうが良さそう。そうすれば、少しはゲインが上がるかもしれない。HFのRigに接続して-127dBmの信号が認識できたので、そこそこの感度は出ている。実際に使ってみるともう少しゲインが欲しいところ。

Img_2366_1

このアナデバの石、結構大飯食らいだ。5Vで150mA近く食う。電源にはDC-DCが必要になる。

アナデバのモジュールは仕方がないが、制御用のPICの基板をシンプルにして、小さくまとめるか。LCDはいらないと思うし、周波数切替はどうするかな。現状でも親機を27MHz合わせれば、ちゃんとFMも聞けている。3chぐらい切り替えにしても良いかもしれない。

| | コメント (0)

2021/02/28

2021 広島WASコンテスト

昨年、40mに出て棚ボタで入賞できた。ロカコンだが、広島以外もOKなので人気があるようだ。時間ごとに参加するバンドが別れているので、80mと40mに参加することにした。3時間と4時間。結構拘束されるな、楽しめるかどうかは、参加者がたくさんいるかにかかっている。

2021_was_rate

ー・・・ー

【80m編】

80mは開始5分でバンドが死んだ。こんなこともあるんだ。ノイズも多いので結構苦戦する。よく聞き取れない。

このコンテストはMIX部門しか無い。仕方がないので、マルチ拾いにPHもちょっとだけ参加。このコンディションの中、皆さんはどのくらい出来たのだろうか。

フルサイズ(モドキ)のダイポールを夜陰に乗じて展開+200Wで参加。

2021_was_point80

ー・・・ー

【40m編】

開始直前はバンドが死んでいた。開始すると、そこそこ開けているようだ。途中また死んだり戻ったりと変なコンディションだ。

CWも飽和してしまうので、こちらでもPHへ。しばらくするとビートをかけられたりと賑やかだ。居座る根性もないわけではないが、トットとCWへ。こちらのほうが、コンテストらしくていい。PHはどうも冗長でテンポが悪い。それでも、何局かはPHでこなす。

HLからPHで呼ばれて、NRをもらえた。ラッキー!

リニアローディングダイポール+200Wで参加。

2021_was_point40

ー・・・ー

【番外編】

日曜日の午前中はちょっとだけ覗いてみた。あまり、参加者がいない。HFは国内がカスカスだ。

とりあえず、お祭りは終了。QSO頂いた皆様、ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2021/02/22

2021 ARRL DX CW Contest

今年も参加しました。昨年はいっぱい出来た気がしていたけど、今年はどうだろうか。最近はサテライト通信ネタで随分とエネルギーを使ってしまった。慣れないことをすると疲れる。心地よい緊張ではあるが終わった後に、どーっと疲れが出てしまった。いつも通り晩酌もして、いい気持ち。早く眠くなる。朝は朝で布団から出られず、朝のチャンスを逃す。

コンディションは、そんなに良くなかったように感じたがどうだろうか。15mが少し出来たので、少しづつは上向いているとは思うが、聞こえる局はビックガンのみ。本格的なオープンまでにはまだまだ時間がかかりそう。

結局、月曜日の朝がちょっと良かっただけ?、だった。それも、8時をすぎると急に落ち込んでしまった。日曜日にあまりやらなかった分が上乗せになったのか。きっと、こちらの信号はカスカスに違いない。みなさん、RBN?だよりか。相手の信号も心なしか弱い局ばかり。

ー・・・ー

2021_arrl_cw_point

2021_arrl_cw_rate

2021_arrl_cw_multi80

2021_arrl_cw_multi40

2021_arrl_cw_multi20

2021_arrl_cw_multi15

昨年よりも、40mが出来なかったかな。コンディションも良くなかった気もするし、粘りが足りなかったなあ。

20mは終わってみれば、昨年並み。トータルでは局数減。15mは前述の通り。日曜日の夜だけ、80mのアンテナを展開する。やっぱり、飛ばないw。

昨年、20mのWAS出来たので、20mでは楽しみもない。聞き慣れない州もたくさんあった。東側はこのコンテストでもないと出来ない。

おかげさまで、今年のビックイベントの一つを無事終了することが出来ました!

 

| | コメント (0)

2021/02/21

サテライト通信、始めました

Twitterを見ていて、刺激されて初めてみた。最初にGPで聞いたときに、高速のCWで交信している。スリルがあって楽しそうだ。IC9700でもあれば簡単にできるのだろうが、手持ちのRigに古い機械を組み合わせてやってみた。

これまでに出来たのは片手ほどのQSO数だ。汗をカキカキだが、皆さんに教えていただいて、何のかなりそうな気もしてきた。この先、どうだろうか?

Img_2330

ベランダに仮設したアンテナだ。自作の4eleYAGIに、朽ちた8eleYAGIだ20年以上前のものを一部再生して使っている。

色々、教えていただいて仰角は固定だが15-20度ぐらいの固定でも実用になるらしい。これで試してみたが、AOS、LOS付近でも安定して受信することが出来た。

RS-44では、E2、DU、BY、UA0を聞いた。E2、DUはSSBでもはっきりと聞こえた。DXもできるんだと、ちょっと驚きだ。この衛星は面白い。QSOするためには、430MHzのクリコンを作らないとダメだ。どうするかなぁ。ちょっと、考えよう。

今まさに進行中のARRL CWコンテストのほうは数が進まない。昨年よりコンディションが悪いのか、気もそぞろだ。

| | コメント (0)

2021/02/19

2m用4ele YAGIアンテナを作る

ひょんなことから、2m用のクリコンを作る羽目になった。ステルスの屋根裏GPで聞くと、カスカス。ゲインの無さと指向性の不向きを感じる。

そこで、前々からほしいと思っていた2m用のYAGIアンテナを作ることにした。まずは、ブームサイズだが、長いほど良いのはわかるが、将来これも屋根裏に仕込みたい。そうなると、長いブームを振り回すわけにも行かない。材料の制約もあるので、1m長に決めた。

色々、調べるが1mだと、少し余るのだが3eleぐらいが普通のようだ。シミュレーションを行ったり調べていたが、KHRさんからDK7ZBのサイトを教えていただいた。中々、面白い。その中で、1m長の4eleYAGIを見つけた。結局、値として採用したのは、エレメント間隔のみ。他はすべて異なる。

このアンテナは、50オームの直接給電をするためにFB比を犠牲にしているように思う。実際には、この程度のFB比でも実用的であろうが、50オームの直接給電を諦めて、ゲインとFB比とパターンを1mの中で追っかけてみた。必ずしも最適解ではないかもしれないが、一応形にはなった。

給電は6mでも手慣れたガンマーマッチにした。給電インピーダンスは高いほど楽だが、極端に低くなければこの方式でも問題ないと踏んでいる。RDのエレメント長、ショートバーの位置、キャパシターの容量を調整することで、かなり自由に調整できる。接続点が多いので、UHF帯以上には向かないかもしれない。もう一つ、平衡-不平衡変換の機能もないらしい。それなりには、働くようだが。この影響かはわからないが、給電線をエレメントと平行にすると特性が大きく変わる。どんなアンテナでもそうだと思うが、引き出し線はエレメントと直角にすると良い。安定する。

Img_2298

このアンテナを眺めていると、これが40m用だったらと思う。そうすると、ブーム長は20mにもなる。こんなアンテナで、40mバンドを聞いてみれば、嘸かし違う世界ではないかと妄想を膨らませてしまう。そんな目で見ると、たかが4eleだが、されど4eleに見える。

ー・・・ー

シミュレーションの結果は、

2m_4eleyagi_pattern

お団子特性だが、FB比は結構取れている。ゲインも最高ではないが、それなりに高い。ガンママッチも今回はデータとして入力している。苦労したが、わかってしまうと簡単。特にエレメントを選んで、数値を変更すれば、接続されているエレメントの長さは全部変更となる。ショートバーのスライドは簡単にできていい。

今回はこのシミュレーション結果が実によく再現された、唯一異なったのは、Cの値が12.5pFが30pFとなったぐらいだ。これは、RDのエレメント長を合わせ込めば忠実に再現できたかもしれない。シミュレーターとはホントありがたい。

4eleyagi_rl

外では明るすぎて、うまく撮影できない。長いケーブルを接続して、撮影した。スミスチャートの方はそのせいか、位相の回りが激しい。

Img_2308

給電部のCは33pF程度が最適値。信号用のトリマーコンデンサーで合わせておいて、固定コンデンサーに交換した。15pFx2で30pFだが、上手くマッチングが取れた。パラだから50Wの入力電力でも平気だ。マイカコンデンサーは、電流容量が取れるのでいい。

ー・・・ー

今回のネタは、マストクランプ。

Img_2304

Img_2311

Img_2309

今回のちょっとしたポイント。6mのアンテナと変わらないが、角ブームを使っているので、クランプは片側だけに簡略化している。

適当なサイズのコ型チャネルがなかったので、大きめのチャネルを使ったので、1mm径のマスト(ありえない、サイズだが)でも、クランプできる。あまり、意味はないがちょっと満足だ。

ー・・・ー

各サイズを記載しておく。C以外は、ほぼシミュレーション通りで、これは凄いと思ってしまう。

 Img_2313_2

マッチングが取れた段階だが、これでアンテナとして機能しているかと言うと、それは、わからない。このアンテナを使い込んでみようと思う。そうすれば、わかってくるだろう。この、お団子特性のアンテナの結果を期待したい。

 

| | コメント (2)

2021/02/14

2021 KCJ TopBANDコンテスト

先日の関東UHFに引き続き、自宅からの参加だ。昨年は、所要により欠席。その前の2回は、関東UHFとセットで、前半の部もしくは後半の部の半分だけ参加していた。いずれも、筑波山だ。ここは、ノイズが少なくていい。QSBはあるが弱い信号でも拾うことができて、ストレスを感じない。今回は、ノイズの中をかき分けて聞いている感じ、ヘボな上にノイズでまごつくばかり。

自宅なのでフルに24時間参加できる。と言っても夜間中心だから楽だ。以前の経験から、どちらかを出ればほぼほぼ局を拾うことができる。後半は苦痛の素振りが容易に想像できる。昼間は庭の草取りと清掃、きれいになったw。

設備は、これに200W。今回からバンドが広がったので、1.8MHzと1.9MHz両方出る必要がありそうだ。両バンドで共振する長さを求めておいて、それを伸ばしたり、エレメントに絡めて折り返したり、これで簡単に切り替えができる。と言っても、エレメント端まで行かなければいけないので、夜は寒くて億劫だ。めんどくさいので、どうしても居座る時間が長くなる。何とかならないものかねぇ。

今回はALLJAの下見なのか、練習?に参加されている方も見られた。オールバンドでのエントリーとなると悩ましい。やれば、それなりに局数とマルチが稼げるからこのバンドを見捨てるわけには行かない。

ー・・・ー

さて、結果は、

2021_kcj_top_point

2021_kcj_top_multi

2021_kcj_top_rate

ここから、減点があるのでどれほど残るだろうか。皆さんからは援助交信もたくさん頂いた。これはありがたい。マルチは鹿児島と熊本を落とした。やはりノイズのせいか耳も悪い。飛びの方もイマイチだ。Runしていると、そこでCQを出されてしまう。これを何度も経験した。やはりこのバンドは難しい。

先日の430MHzとこのTopBAND、周波数の違いはあるが、楽しむことができた。QSOいただいた皆様、ヘタくそにお付き合いいただき、ありがとうございました。

| | コメント (4)

2021/02/11

2021 関東UHFコンテスト

昨年は所用で参加することができなかった。今年は参加しようと思っていたが、年明け早々、コロナによる緊急事態宣言。コンテストの規約では移動運用を規制していないが、何となくモチベーションが下がってしまう。早々に移動運用は諦めた。

まあ、お付き合いではないが参加することにする。当日、7時半ごろに起床。寒いから布団から中々出られない。段々、移動での運用が億劫になるなぁ。開始まで時間がないから、慌ててアンテナを2階のベランダに設置する。八木でもと思ったが、結構風もあるし一番簡単なコリニアアレーにした。

そう言えば、430MHz用のプリアンプがあったっけ。着けとくか。

Img_2276

今日は終止風が強かった。突風が吹くこともあった。八木を上げなくてよかった。コリニアアレーでも風で大きくしなっていた。ちょっと、気が気ではない。山はどうだっただろうか。平野とは違うかもしれないが、場所によっては強風が吹いただろう。風は怖い。

 

Img_2281_1

風で揺れているから、ちょっとブレている。根っこにプリアンプを入れてみた。中華製のパチ物ICだ。以前、FMでは中々優位性がわからなかったが、CWだと調子がいい。今回は、受信負けしたケースはなかった。呼んでも、取ってもらえない局はいたけど・・・。

2m用でも作るか。

 

Img_2275_1

お手軽設備。変わったところはない。

-・・・-

さて、結果だが、そこそこできる。コロナの影響で皆さん家にいるのか、たくさん出来た。上位の方々は、どのくらいできたのであろうか。

かなり伸びたはずだ。昨年の多摩川や東京UHFでも大幅に局数が伸びている。自宅に籠って無線をするしかないか。

2021_kanto_uhf_point

 

2021_kanto_uhf_multi

 

2021_kanto_uhf_rate

2017年に筑波からA430に参加したときよりも出来たw。とりあえず、おしまい!

 

| | コメント (10)

2021/02/08

サテライト通信、デビュー!

記念すべきデビューなので、記録しておかねば。

Twitterでは、最近サテライト通信ネタがtweetされている。40年ほど前に一度やった(やっているのを見ていた?)ことがあるだけ。当時はAO-6だか、AO-7の時代だったと思う。ドップラーシフトを体験して、感激したものだ。

コロナで憂鬱なので、違うことをしてみた。久しぶりにハンダゴテも握ったし、コードを眺めることもした。それまでは、毎日のようにFT-8でポチポチやっていたのだが、このところ全くのご無沙汰状態になっている。

Img_2271

色々と、教えていただいたのはETPさん、教官だ。中々、ネットを漁ってもよくわからない。人に聞いて教えてもらうのが一番だ。昨日の夕方から聞き始めたが昼間に1局だけコールが取れたが、中々よく聞こえない。ビーコンは聞こえるけど。やはり、アンテナを何とかしないと思ったが、モビホでもできるという。

意を決して、比較的やりやすいと教えてもらった、EO-88で試してみる。受信は屋根裏のハリガネGP。送信は同じく屋根裏の南固定の8エレ八木。方向は全く違うが送信できるアンテナはこれしかない。

待ち構えて、送信するとかすかに自分の信号が聞こえる。ドップラーシフトでどんどんずれていく。受信で追いかけるのが精一杯。追いかけながら自分のコールを連呼する。今思うとCQは叩いていなかったが・・・。

何局か聞こえるような気がするがよくわからない。最初に明瞭に聞こえたのKPIさん。ここでもご縁があった。6mといい、中々印象に残るQSOだ。次に、コールが聞こえたのが、ETPさんこちらは予想できたので、すぐに分かった。

あっという間だった。ちょっぴり満足。これで満足してはいけないのだが。アンテナをどうするかが問題だ。

メモ:eQSLには、こう記述するらしい。
<FREQ:7>435/145<BAND:4>70cm<PROP_MODE:3>SAT<SAT_NAME:5>EO-88

| | コメント (4)

«2m用クリスタルコンバーター その後