2019/10/23

2019 電信電話記念日コンテスト

Twitterでこんなコンテストをやっていることを知る。そう言えば何年か前に参加したことがある。記念日は決まっているから、平日でも開催される、ちょっと変わったコンテスト。サラリーマンじゃ参加できないと毎年見送っている。

それで、7MHzを覗いてみるとQILさんの軽快なRunが聞こえた。NRをホームページで確認してコール。さらに、調子に乗ってRunすると呼ばれる。PCをセットしていないから、手打ち(エレキー)。相変わらず下手くそ。間違いだらけ。まあ、酔っぱらい、だからと言うことにしておこう。

10局以上で副賞がもらえるという。当たると良いなぁ。

2019_

 

| | コメント (0)

2019/10/20

2019 千葉コンテスト

久しぶりに好天に恵まれた。昨年、一昨年と雨にたたられている。先週の台風19号、そして昨日も雨と最近天気は良くなかったが、今日はまずまずの天気。過ごしやすい。

Img_1478

相変わらずの、利根川の土手だ。千葉県の一番北の端になる。昔は関宿町だったが、今は野田市に併合されている。ここは、あまり人が通らなくて良い。

-・・・-

2019_cb_point

2019_cb_multi

2019_cb_rate

コンディションはと言うと、最近になく良かった様に思う。ACAGでは午前中しかダメだったような気がするが、それなりに近距離も開けていた。結局は、参加者が少ないということか、昨年と比べると若干局数は伸びたが、開けている割には局数が伸びない。

同部門と思われる方が何人かいたが、1局1マルチが勝敗を分けることになるだろう。同じことをやっているので、そんなに差が出るはずもない。

いつも、QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

 

| | コメント (4)

2019/10/14

2019 全市全郡コンテスト

今回は台風19号の直撃を食らった。元々、お留守番と言うことで移動運用は出来ない。諦めていたのだが、自宅で移動運用風に運用することを思いつく。制限は多いし、VUHFの飛びも期待できない。そんなことで、あまり乗り気でないところに、この台風の直撃。昨年の21号、今年の15号を乗り越えているので、自宅のアンテナは大丈夫、と思い込んでいた。

しかし、直前になっても衰えない。強風の範囲も、従来の3倍はある。しかも、関東の瞬間最大風速は60mとある。未だ経験したことのない数値だ。15号の時ですら、千葉では電柱が折れるほどの被害がある。とても、アマチュアのアンテナが持つはずがない。

ビビってしまう。VUHFのアンテナを臨時にマストトップにでも上げようかと思っていたが、とんでもない。ルーフタワーはしっかりしているので、少しでも受風面積を下げれば、何とかなるかも知れない。急に思い立って、アンテナを降ろすことにした。トライバンダーは、約30年間上げっぱなしの代物だ。これまでの強風にも耐えてきた。(いまだに性能に変化がない。ナガラさん、いい仕事をしてます。)

Img_1459

これは、なんか、さびしい。しかし、こっそりと、80mから6mまでのダイポールをルーフタワーに絡ませる。40mは長さが足りないので、真上から見るとZ型にエレメントを展開している。ステー代わりになっている、と勝手に思っている。

降ろす前は、こんな感じ。リニアローディングダイポールはもう3年になる、とてもお気に入りだ。

P1030055

-・・・-

雨戸もしめたし、食料も買い込んだ。移動用のバッテリーも持ち出して、停電に備える。これで、5時間ぐらいはコンテストができると思うのだが。(停電が発生するようなら、コンテストどころでもあるまい)

さて、コンテストの方はと言うと、開始の21時ごろに台風は関東に上陸した。ヘッドフォンをかける。こうすると、強風の音も聞こえない。22時ごろ、急に風と雨が止む。台風の目に入ったようだ。そして、しばらくして吹き返しが始まった。先ほどに比ではない。風が吹き荒れる。外に出る訳にもいかないので様子はわからない。アンテナを心配するが、どうしようもない。仕方がない?、コンテストでもやるか。

Img_1468

これは、終了後に撮った写真だが、こんな風にしてみた。SO2Rモドキだ。以前、関東UHFの時にも試したが、開始直後に放り出した、あのSO2Rだ。今回は、CWのパドル切替も追加した。まあ、あまり期待せず雰囲気を味わうことにした。

下のレートを見てもわかるが大してスコアに貢献はしていない。しかし、少しづつではあるが、勘所がわかってきた。CWだと一瞬どちらのTRXから呼ばれたのか分からないときもある。注意力が低下したときだ。やはり脳を2倍使う、疲れそうだ。

2019acag_point

全体のレート推移。

2019acag_rate_all

これは、80mから20m。20mはほとんどなし。

2019acag_rate_low

こちらは、ハイバンド。お昼過ぎにRunしてみた。何局かは交信することができた。

2019acag_rate_high

最初は、XAMに参戦するつもりだった。開始直前まで、WAVファイルの準備もしていた。マイクのコントローラは間に合わないので、ヘッドセットにもう1本マイクを縛り付けて対応した。しかし、始まってみると風も強いし、アンテナ工事疲れか、しゃべるのがめんどくさくなった。24時頃は、80mのCWにエントリーしようかとも思ったが、日中は暇だろからと、方向が定まらない。結局CAMにしたのだが、ここは定番の強豪がひしめき合っていて、割り込む余地がない。失敗!、と思ったがこの災害も発生している中、参加できただけでもラッキーだった。

6mはダイポールのせいか、良く入っているのはCKAのみ。パラパラしか聞こえない。SSBもバンドエッジにも誰もいない。やっぱり台風のせいだ。コンテストをやっている方がおかしいのだろう。

2mと70cmは、屋根裏のステルスアンテナ。日曜日は外に上げようかとも思ったが、風が強いので諦める。70cmのみが唯一ゲインのある8eleYAGI。30年ほど前の代物だ。エレメントが朽ちていたものを修理して、屋根裏へ固定している。東京方面に向いている。2mは針金状のGP。このアンテナでRunしていると裾野市からRCPが呼んでくる。カスカスで良く取れない。SN5dB以下ではないだろうか。RCP恐るべし、地獄耳だ。

日曜日になると、皆さん復活してきた。昨年は参加していないので、様子がわからないが、台風の影響で見送った人も多いことだろう。

被災した皆様、お見舞い申し上げます。

-・・・-

仮設のダイポールを撤去してしまうと、アンテナがなくなってしまった。これでは寂しい。天気が安定しないが、トライバンダーまでは復元することができた。

これを機にバラした箇所を磨いてペナトロックスを塗って締め付けた。同軸ケーブルの外皮も変色していたので、交換しておいた。再組み立て後も、特性はばっちり戻った。

Img_1470

リニアローディングダイポールは上げるときに引っ掛けて先を折ってしまった。ちょっと、ショック。 天気の良い日に再チャレンジだ。

 

 

| | コメント (6)

2019/10/06

PTTインターロック

先週に引き続き、ちょっと半田ごてを握った。この週末も何かと忙しくまとまった時間が取れない。頓挫しているマイコンを使ったSO2Rコントローラーも先に進まない中、取り合えず、同時送信を防ぐPTTインターロック回路と、1台のエレキーを振り分ける回路を作ることにした。

どちらも簡単なゲート回路で実現できるが、相変わらずのこのような状況。こんなものが使い物になるか、甚だ疑わしいが論理的には使えるはずだ。(前回はこれで撃沈しているのだが・・)

Img_1450

簡単なヘッドフォン切替器と組み合わせて使うことを想定している。

Img_1455

使い古しの電池で、5Vぐらいを得る。キーダウンしないときは電気を食わない。一番食うのはキーダウン時のプルアップ抵抗。1Kオームとして機械接点のドライ化を防ぐ。この程度では気休めだ。LEDも赤色は1mAも流していない。効率がいいので眩しすぎるくらいだ。

Img_1451

Img_1457_1

フットスイッチを2個使い送信する側を踏む。これで、1個しかないエレキーの出力が切り替わる。フットスイッチと並列にコンテストソフトで制御されるPTT出力も入力される。PCも2台使うことを想定している。何れも、先に押した側の送信機のPTTしか出力されず、同時送信を防ぐことができる。

マイコンでもプログラムができているのだが、ケースに入れるところで躓いていて遅々として進まない。インターロックだけであれば簡単なロジックICで実現できる。アクティブローのため、久しぶりに負論理で回路図を描いた。

とりあえず、想定した動作をしているが、こんなもので使い物になるだろうか。。。

 

 

| | コメント (0)

2019/09/29

ヘッドセット・インターフェース for TS-950SDX

先週はシャックの模様替えをして、眠っていたTS-950SDXを使い始めた。使いだすと、マイクが無いことに気がつく。最近はヘッドセットを使うことがほとんどなので、インターフェースを作ることにした。

ロックキー/ノンロックキーは、マイコンで実現している。これは、991やタイミング制御を行っているJ7のスタンバイ制御の時に作ったものだ。重宝している。

Img_1443

 

Img_1438

Img_1441

Img_1445_1

ほんの少しだけ、マイクゲインが足りないので、マイクアンプを入れている。ちょっと、オーバーゲインだが、マイクゲインを絞れば我慢できる。回り込みについても、アンプを入れても大丈夫そうだ。

久しぶりに半田ごてを握った。小さく組むので苦労もするが、このくらいの工作が気楽でいい。トランシーバーの製作などは、腰を落ち着けないとできないから。

 

| | コメント (0)

2019/09/23

2019 愛・地球博コンテスト

何を思ったのか、コンテスト開始6時間前から、部屋の模様替えを開始。無線機の木製ラックの改造に取り掛かる。最初に作ってから30年近くたつが、この間改造したの多分2013年ごろ。今のディスクトップPCに替えた時だ。モニターが24インチになって収まらないので、一部を切り欠いた。この後、FT991を購入したが、このラックには収まる場所がなかった。結局、TS950SDXはあまり使わなくなり、固定でももっぱらFT991を使っていた。

急に思い立って、ゴチャゴチャした荷物をどけて、ラックを取り出して、改造に掛かる。棚板が足りないので、物置に取りに行くがここも移動用コンテストグッズであふれている。やっとのことで棚板を取りだしスライド鋸で切断。材木は結構持っている。ちょっと前までは、木工が趣味だったので・・・。

モニターを上の段において、下段にFT991のスペースを作った。ちょっと、モニターの位置が高いが、そんなに根を詰めたことをするわけではないので、我慢しよう。

何とか無線機だけを押し込んで、コンテストを迎える。今回はアンプなしのTS950SDX単体の100Wでの参加。アンテナは変わらずのリニアローディングダイポール。フィルターは甘いが、950も中々いい。

2019_ai_point

2019_ai_multi

2019_ai_rate

2019_ai_rate2

最初の1時間はそれでも相手がいた。その後は1時間CQ出しっぱなしで、QSOなし。新記録の更新だ。なので、寝た。

朝になっても相変わらず。局数は去年とほぼ同じだがマルチは減った。最後にHKさんに呼んでいただいて、貴重な47をいただいた。07をはじめ近場ができない。31も取りこぼしている。まあ、こんなものだろう。QSOいただいた皆さん、MNI TNX!

 

| | コメント (0)

2019/09/16

2019 XPO記念コンテスト

先週の台風15号は千葉県をことごとく破壊する大きな被害をもたらした。アマチュアのアンテナごときはひとたまりもないだろう。あの電柱が途中から折れてしまうほどの凄さだった。

幸い当地は昨年の台風よりはましだったようだ。私のところでは、リニアローディングダイポールの取り付けが45度程ずれて、エレメントのサポーター1本が折れた。これも毎度のことで、最近は中央を12Φのアルミパイプで補強してからは折れない。今回は補強していない2本のうちの1本が折れた。全部替えてしまえばいいのだが、今回も折れたもののみを対応した。

一昨日は午前中は庭作業、午後からは秋葉原の定例懇親会へ。さらに昨日は、午前中は天気が良くて、アンテナ作業でバテ気味。夕方からは、地域の飲み会。短い時間だがアルコールが残る。そんな状況で今日は朝早く起きてコンテストへ。まあ、開始10分前に起きるから、ちょっと遅刻しての参加となった。部門はいつもの7MHz電信。

2019_xpo_point

2019_xpo_multi

2019_xpo_rate

2019_xpo_rate2

昨年比だ。昨年は今年より悪かったみたいだねぇ。

今年は、地域旅行の幹事を担当したものだから、今日も30分ほど何回か抜けたのだが、まあ何とか無線機の前にしがみついていたことがわかる。コンディションが悪いから、多少抜けても大してスコアは変わらないだろう。もう少し楽しいコンテストがしてみたい、と思うのは私だけではないはずだ。今年も九州の方が頑張っておられた。マルチバンドの方はいつもの方がいなかった様で誰が勝つのだろうか。こちらは結構熾烈かもしれない。

ps

房総の某有名コンテスターの方が今日の午後から聞こえていた。停電が復旧したのかもしれない。1.9MHzも出ていたようなので、アンテナは無事だったようだ。良かったね。

 

| | コメント (0)

2019/09/02

2019 ハムフェア

そう言えば、写真を撮っていない。端から、撮る気もないのだが。何せ、目的は人に会うことだから写真を撮ろうとは気がなかった。アイボールQSO、それが楽しい。多分、今年で5回目だと思う。その前は、確か晴海でやっていたと思う。知っている人も少なかったし、無線機を買うにもお金がない。ジャンクとて手が出ない。それ以来、遠ざかっていた。

2019poster

無線を再開して、共通の話題を持った仲間も出来た。電子工作、自作という共通の価値観。ブランクの数十年、この世界も変わっている。色々なことを教えていただき、刺激を沢山いただいた。興味の向くまま、気の向くまま、自作品コンテストで入賞することも出来たし、移動で無線ができることも教わった。一人でやっているのでは、とても考えつかない、気づかないこと。今はたまたま、コンテストに夢中になっているだけ。そのうち、興味の対象が変わっていくことと思う。

まあ、こんな感じでホームベースができた。JARL QRPクラブに属している。ここがホームベースだ。今回は、QRPの里のブースにもいた。ここも気の置けない人たちの集まりで、話が弾む。もう一つは、YHAのブース。40年も前の仲間の接点の場所。この接点で、40年ぶりにお会いできた方がいる。最近、QSOでは数回、お会いしているがグランドで会うのは40年ぶり。こんな感激もあった。

さらにもう一つ、ここはのんびりとは出来ない(あまりにも盛況すぎて)が、AKCのブース。出展者として、参加されている方。最近は、東京から離れているので久しぶりにゆっくりと話すことが出来た。ランチをご一緒することが出来た。精力的に新しいものを取り入れて、随分と先に行ってしまった(ちょっと、嫉妬モード)と感心するばかり。う〜む、こっちの世界も面白そう。しかし、時間がないなぁ。(言い訳だけど・・・・)何か、新しいアイディアを形にしてみたい!!

①土曜日の夜の部、その1は、コンテスターが40名近く集まった巨大ミーティング。10分前に行ったにもかかわらず、場所が空いていない。何と、本日最大の巨匠?のお隣で。相変わらず、アグレッシブ。楽しい、話を沢山伺った。刺激と言うより、別世界。その雰囲気でも味わえたので満足?!。また、会社の同僚とも、生存確認、完了!。あと、FDの時、お隣の山から出ていた方とも、ちょっとお話ができた。この方は、人ではなく、どちらかと言うと神様に近い方。同じ部門でなくてよかった、とホッと胸を撫でおろす。いつかは、マルチでやってみたい、って気が沸いてきた。

②土曜の夜の部、その2は、いつもコンテストでお世話になっている方、10名ほどの集まり。誘っていただいた。お会いするのは、初めての方ばかり。ちょっと緊張していたが、そこは同じ価値観の方ばかり。時間が過ぎるのは早くて、ゆっくりお話ができたのは半分ほど。顔とコールがまだ一致していない方も多い。また、参加させてください!ゆっくりと、お話がしたいです。もっと、少人数の方がいいかも。

③日曜日ランチは、大学の時の先輩と、お食事。軽くビールを一杯。昔は浴びるように飲んだのに、お互い歳だから、これで十分にいい気分。1年ぶりだが、毎年あっていれば、変化も少ない。毛も少なくなったけど。もう一人お会いできたのは、前述の40年ぶりに会った先輩。本人は幽霊部員と言っていたが、榛名山の合宿にも参加していたし、コンテストには毎回参加していたように思う。根っからの6mマンだ。

④関東UHFコンテストの表彰式。主催者が開催時間を1時間、間違っていて焦った。2回目だから段取りはわかっていたので、ちょっとは落ち着いていたかも。半分ぐらいは昨年と同じ顔ぶれだろうか。あとは、初めての方も多い。やはり、若い方はいいな、と思う年寄りの焼きもちだ。

⑤最後は、ホームベースのブースの片付け。まあ、ちょっとだけ、展示品を外しただけだけど。準備から片付けまで、やっていただいた役員の方には頭が上がらない。こうして、素敵な場を提供していただいたのだから。

また、来年もこのような場があると楽しいと思うのだが・・・・・

 

| | コメント (10)

2019/08/18

2019 KCJコンテスト

恒例のこのコンテストに参加した。いつもと同じ7MHzシングルバンド。コンディションの悪さを嘆いて久しい。悪いのは承知での参加も3回目となる。確か昨年は暇を持て余して、昼寝をしていたような・・・。

さて、今年はどうだろう?出だしも、相変わらず悪い。しかも信号が弱いから、コピーミスの可能性大だ。気にしても仕方がないので、自然体で臨む。しかし、カスカス、中々辛いものがある。

 

結果の方は、

2019_kcj_point

2019_kcj_multi

2019_kcj_rate

 

昨年と比較すると、

2019_kcj_rate_1

昨年が悪すぎたのか、今年が良い感じは全くしない。結果だけを見ると少しはマシだが、相変わらず忍耐を要する。

あと、DXが30局近くあるので、そのほとんどがログが出ないので、落ち込みも激しい。

ミスコピーも大量に出そうだから、蓋を開けてみないと何ともよくわからない。

とりあえず、最後まで完走できたので良かった、良かった。

-・・・-

設備は去年と同じ。200W+リニアローディングダイポール。

いつもの先輩ともNR交換。

福井のマルチが中々取れなかったが、最後に2局とQSO。諦めていたのにこんなものだ。

みなさん、マルチバンドでの参加が多かったが、私と同様に忍耐強い方?も何人かいた。頭が下がる。

最後の方は、NEWな方が全くいなくなり、全員がCQの嵐。NEWが出ると皆さん挙って呼びに回る。皆、同じ行動をとる。ピラニアが餌に群がるようだ。全員が飢えているかのようだ。

昼寝はしなかったが、暇だからtwitterとかを見ていた。こんな時に限って呼ばれて、慌てる。

 

| | コメント (2)

2019/08/06

2019 フィールドデーコンテスト

今回も色々あったけど、トピックとしてこの二つが大きな出来事だった。
 ①念願のJA7KPI(秋田)とQSOが出来たこと。
 ②Es発生に判断を誤った?こと。

Img_1388

開始の直前まで、予定が決まらずコンテストに参加することができるか決まらない状況が続いた。
なので、結局準備したことは、6Dの時に7eleにスケールアップしたYAGIを5eleに戻したぐらいだろうか。この時の強風の体験で程よい設備規模があることを知ったからだ。今回もさらに設備の規模を何とかしなければと思い知らされることになる。(後述)

何といっても、一番の出来事ははJA7KPIと交信が成立したこと。7eleにスケールアップしたのもALL JAの時にこちらの電波は届いていたようだが、こちらでは全く入感に気が付かなかった。これはかなりショックでその解がアンテナのスケールアップつながった。しかし、初めて投入した6Dでは強風のため実践では用をなさなかった。手ごたえはあったものの、今回の移動運用のトータルバランスから5eleに戻した。
今回も北方面を意識して、アンテナを北方面に向けてRunしたり、上下同時給電で北方面に電波を発したものの、相変わらず北方面の反応は良くない。06も1局のみ。05も2QSOのみと低調だ。

そんな中、コンテストも終盤の午前10時ごろ、西方面に向けてSSBでRunしていた時のこと。JA?KP?からコールを受ける。CWの抑圧と都市のノイズの間からコールが聞こえてくる。頭も回っていないから良く取れない。何回かコールを貰うと、JA7と取れる。????。回っていない頭で考えると、JA7KP?、、ということはJA7KPI/7か!!。やっと理解して、アンテナを北に振りながらコールする。最初は抑圧に埋もれていたが、アンテナを回すとハッキリと聞こえ、メータも振っている。あっさりと、QSO成立。コールするときに声は裏返るし、何とほろりと涙ぐむ。頭は回っていないし、おかしな精神状態となる。

まさか、西向けのアンテナでしかもSSBでコールがあるとは思わず、完全に意表を突かれた。上部のシングル八木でRunしていたことも運がいい。スタックの場合は、都市ノイズのレベルが上がるし、北と西向けの同時給電でもそうだ。できるときはこんなに簡単にできてしまうものかと拍子抜け。北方面が苦手な場所としてはうれしい限りだ。

 

Img_1384

下のアンテナは低くて、結果的にスタック間隔は6mを越えている。

Img_1376

苦労した、ベースだ。タイヤベースを持っていないもので・・・。

-・・・-

結果は、こんな感じ。

2019_fd_point1

2019_fd_multi1

2019_fd_rate

-・・・-

実は設営の時、色々あった。先ずは、この炎天下。織り込み済みとは言えキツイ。ちょっと歩くだけでも汗が湧き出る。アクエリアスを手放せない。

最初の失敗は、モーターの延長ケーブルがない。散々探したがダメで、持っていた3.5MHzと7MHzのエレメントで作ろうと被覆も剥いたところで見つかった。何と車のボンネットの上にあった。同系の色だからわからなかった。しかし、暑さのせいでボケている。あってよかった!

次は、ポールのリフトアップ。秘密兵器があるから力はさほどいらないが、前回の6Dの経験からステーの本数を増やしたこと、敷地が狭いから理想のポイントからステーを張れないことがあって、うまく上がらない。藻掻いているうちに、下のアンテナのエレメントをステーに引っ掛けて曲げてしまう。弱いから撓むこともなく、一発で折れてしまう。さらに悪いことにポール全体も傾く。ベースも最近は横着して紐で固定していたが、これも伸びてしまい傾きが直らない。仕方がないので、もう一度リフトダウンして、ベースを針金で縛り上げて、下のアンテナを外して上げなおす。1本のポールで上げることを諦めて、2本のポール方式に切り替える。1本だけのリフトアップはステーに干渉しなくてとても楽。狭い場所はこれに限る、と改めて思う次第。

Img_1394

Img_1392

折れ曲がったエレメント。簡単に外すことが出来るから、伸ばしてみるが亀裂が入ってダメ。仕方がないので、エレメントの反対側を磨いて導電クリームを塗って差し込む。比較的簡単に修理完了だが、猛暑の中では作業が遅くさらに消耗が激しい。自作であることと、結構色々なものを持ってきているので、大抵のことはできてしまうのだが。

-・・・-

もう一つの大きな出来事、「②Es発生に判断を誤った?こと。」

コンテスト開始前の長い時間、九州全般から愛媛、山口辺りまでEsが発生していた。ここで、迷いが生まれる。いつものようにRunから始めるか、マルチ拾いに走るか。大きな選択だ。もう長い時間開けていることや、何となく翌日の朝にも開けるのではないか(実際には開けなかったが)ことから、Runに走ってしまった。出だしの局を落としたくなかったから、6Dの出だしの失敗も響いていたから。

結果はどちらが正しかったかわからないが、マルチが伸びない。最初にいくつか拾っておけば随分と違っていたかも。どうせ、最初のRunは長続きしないこともわかっているのに。これは失敗か??

-・・・-

Img_1398

今回から導入したツール。

一昨年の自分のQSOレートを30分ごとに記載したシートだ。過去の自分の位置を見るためだ。会社の四半期決算と同じで、期ごとの辻褄を合わすことが大事だ。安易にRunしないでS&Pで稼ぐ。辻褄合わせだ。結果はこんな感じ。

2019_fd_rate2

ほぼ、同じ線をたどる。寝る前にどうしても追い付かなかったが、残業?して、少しでも近づけて負債を減らしておくことだ。朝からの発射台を確保しておくということ。とにかく、ひとは目標がないと上手くいかない、ってことか。

マルチの方は、上手くいかないけどねぇ。

-・・・-

あと、今回の出来事は、

・いつもできない08が3局も出来た。ビームを振った成果だが。1局は全然違う方角の西向けで出来た。できるときはこんな物か。

・今回は29祭り、こんなに沢山、5局?とできることも珍しい。相変わらず、30は落とす。相手がいればできるのだが。

・26も発見することが出来ず。

・UYBはやはりモンスター。MでもSSBで飛ばしてくる。

・34はずうっと聞こえていた。大山辺りだろうか、高所に違いない。

・CZMもずうっとメーターを振らして入感していた。

・LRQはお隣の高い山の上からか。ここからだとマルチも局数もかなわない。最もOPの違いが大きいのだが。

-・・・-

Img_1389

毎度おなじみのディナー。「贅沢カレー」は美味しい!

Img_0360

3年前の写真、再々掲。今回は油断して2か所噛まれる。1か所はすぐに洗い流して、ムヒを塗ったのでことなきを得たが、もう1か所は背中で手が回らない。今日になって腫れてきた。確かかゆみが長く続いたような・・・。

Img_1395

帰りがけの筑波山。お世話になりました。

QSOいただいた皆様もありがとうございました。

 

 

| | コメント (8)

«50MHz用ダイポールアンテナ