2019/06/05

3D2CR お祭り?

早いもので、もう6月。相変わらず、ブログの更新が進まない。何もやっていない訳ではないが、ボチボチとやっていて形になっていない。

さて、今日は所用があって早く帰宅した。それではと言うことで、熊谷さんが参加している3D2CR。平日でちょっと早く帰ってきたので、聞こえればget出来るかも。久しぶりに、無線機をON。14MHz辺りを聞いて見るが全く聞こえない。クラスターを見るとWから3.5MHzCWでレポートが上がっている。しかし、こんな時間ではJAでは無理。28MHzで国内のFT-8をやったりして、お茶を濁していたが、どうも3.5MHzぐらいしかレポートが上がってこない。しばらくして聞いて見るとJAの猛者たちが呼んでいる。

例のステルス・フルサイズ・ダイポールを展開することにした。まだ明るいが3.5MHzはこのアンテナしか持っていない。しばらくCWを聞くも信号が中々上がってこない。JAの猛者たちが次々に拾っていく。流石!。こちらは数回呼んでみたが取れる気がしない。私のアンテナではそんなものだ。諦めて、夕食へ。

戻ってみると、今度は3.5MHzでFT-8に出ている。こちらはしっかりと見える。こちらも猛者たちが次々に拾っていく。しばらくやってみたが、エレメントの片側は軒下を這うようなアンテナだ。飛ばない!。

そのうち、7MHzのFT-8も始まった。早速、リニアローディングダイポールで数回呼ぶと、こちらは応答があった。ラッキー!。猛者たちは既にやりつくしているのであろう。とにかく、お祭りに参加できたので、満足、満足。しかし、DXを追っかけるのは性に合わない。老後の楽しみに取っておこう!

さらに3.5MHzに戻って、冷やかしで数回呼ぶと、こちらも応答があった。これまたラッキー!!。これで十分満足。週末に聞こえていたらCWでもやってみるか。

早速、ステルスアンテナをしまい込んだ。

 

Img_1281

 

| | コメント (0)

2019/05/18

8J1ITU

紹介してもらい、霞ケ浦の固定局を運用させていただいた。50MHzが多かっただろうか。しかし、超素振り状態。関東一円の局は連休中にやりつくしてしまったか、引きが弱い。

Img_1257

これが、50MHzの14eleYAGI。土地勘が無いので、切れすぎて使いにくい。ピンポイントに向けると凄い破壊力を発揮する。先端から2本目の短いエレメントは、電気的なエレメントではなく、機械的なバラストだという。機械的バランスが良く考慮されていて、アンバランスにならないらしい。下から見上げても、エレメントやブームが太く、強度があることがわかる。まあ、モンスターだ。

Img_1262

帰りに撮影した全景。素晴らしい!

Img_1256

残念ながら、コンディションが悪く、50MHz以外でも素振りが続く。この機械はセットノイズが小さい。

またまた、皆さんから大いに刺激をいただいた一日でした。

 

| | コメント (2)

2019/05/03

2019 東京コンテスト

昨年、一昨年と筑波山に出かけたが、今年は自宅からの参戦。子供が車を使うからと取られてしまったので仕方がない(実際は使わなかったのだが)。実はALLJAの疲れが残っていて、移動はちょっと、思っていたところなので、内心ホッとしたところだったが。

さながら、移動運用の様に仮設アンテナを上げて臨む。

Img_1249 

50MHzの5eleYAGIと144MHzの10eleYAGIを仮設で上げた。144MHzは50MHzの上に上げようと思ったが、5eleをげるのに手こずってしまったので、結局ベランダに仮設状態。これでも無いよりはましだ。

5eleは軒下に引っかかり、意外と難しい。こんな物でも手間がかかる。まあ、移動運用より楽だけど。

Img_1253

右にひげの様に見えるのは、7MHzのリニアローディングダイポール。こいつに引っかかるので、5eleをいつもより端に仮設した。

Img_1243

最近使っていなかった、メインリグも引っ張り出す。今回は100Wの運用だ。まあ、何とかできて、楽しむことができた。

 

ー・・・-

さて、結果だが山の上のようにはいかない。部門は都外電信オールバンド。

2019_tokyo_point

2019_tokyo_rate

 

 

 

| | コメント (2)

2019/04/29

2019 ALL JAコンテスト

例年だと、C7で参加するんだけど、このコンディションだと1エリアからでは手も足もでない。それはそれで、仕方がないけど違うこともやって見たくなった。

で、選んだのX50M。マルチバンドでもよかったけど、まだまだ力不足。モノバンドで少し鍛錬?が必要か。このコンテストは、都道府県がマルチなのでどのバンドでも遠くにも飛ばす必要がある。ACAGより底力がいる。マルチバンドもそうだけど、どのバンドもスペシャリストが並んでいる。まあ、弱小設備なので山にでも移動して地の利を味方に着けるしかない。いつもの筑波山だけど。。。

Img_1186

これは日曜日の様子で、良く晴れていい天気だ。が、実は前日は雨。設営は小雨の中、雨間を見計らっての作業になった。風はなかったからいいかなぁ、と油断していたら開始直前の雨が上がる前に突風が、ドカーンとハンマーで殴られるような風が吹く。車が一瞬持ち上がるような風。外に出るわけにもいかず、収まるのを待つしかない。幸い2段ステーのおかげか耐えることができた。もっともいい加減に結んだステーが緩んでいた。ずるずると緩んだせいで、緩衝材となて助かったのかもしれない。暗い中、引っ張りなおしたので少し垂直がずれている。その後も、ほぼ風がなかったが、ステーなしでは一溜りもない。油断するとやられる。

Img_1174

こちらは突風前の小雨の中、アンテナが上げ終わったところの様子だ。

さて、結果はこんな感じ。

2019_allja_point

2019_allja_multi

2019_allja_rate

実はいつも行くつくばだが、ちょっと違う。訳があって、そこに行くことができなかった。仕方がないから違う場所へ。他を知らないから仕方がない。ここで展開することにした。しばらくすると、超?有名コンテスターさんが来訪。すみません、譲っていただきました。

初めての場所だから方角がわからない、磁石を出して地図とにらめっこ。googleMAPも出して、グルグルと。こんなもんかと方角を頭に入れる。その後、テストランで方角の感覚をつかむ。こんな感じだろうか。

Img_1223

方角をコントローラに書き込んである。これなら、考えなくても対応できそうだ。

日曜日には良く晴れた。景色もいい。確かにここは展望台だった。無線専用ではない。

Tsukuba_fuji

肉眼では、ここ(矢印)に富士山が良く見える。遠くに離れているが、結構大きい。前日にマーキングした方向とずれていたが、誤差の範囲。何せ、たかが5eleだから。

============

こんな感じで使用する。

Img_1158_1

============

コンテストの印象を羅列しておく。

  • GWが伸びない。GWとは何ぞや、と理解しているわけではないがGWにもコンディションがあるのだろうか。夏にやった時は18、20、21辺りは局数稼ぎにも貢献したが、今回はサッパリダメ。19に至っては、やっと1局できただけ。この辺りの局数の皮算用は大外れ。
  • 前日のお遊びのFT-8では、3エリアとも数多くできたし、29、しかも盆地の大野市ともできた。北は03も出来たが、コンテストのSSBやCWではサッパリと厳しい。
  • 多分、今回はEsやスキャッターはなかったと思う。
  • 出だしの層の厚さは、6D以上厚かった。何とか1時間ぐらいは持つ感じだが、本当に呼ばれるのは30分ぐらい。22時も過ぎるとかなり寂しい。
  • パソコンのタイピングが追い付かない。何せブラインドキーができない。最後の方で疲れてくると、サフィックスだけタイプしておいて、ナンバーを送る時にプリフィックスを入力するといった有様。これがネックだ。
  • phoneのコピーは怪しい。特に出だしは調子が出ていないので、結構ミスコピーがあるかも。いつものことだが、上手くいかない。減点が怖い!
  • 今回もdupeが多い。普通はそのまま、何もないように捌くのだが、余りにもひどい(4回か5回ぐらい)になったら、さすがに黙っていられない。ちょっと強く当たってしまったかもしれない。金の卵(古い)の学生さん、スミマセン。だけど、ちゃんと見ろよ!
  • ローテーターは有効だ。方向をプリセット(アナログな方法だが)できるのがいい。コンテストだから交信中にピンポイントを探ることはできないが、概ね間違っていないようなのでありがたい。
  • この場所はノイズがある。雨の時は特に酷い。近くに電柱は見当たらないが、雨で絶縁不良になる感じだ。その時はS9プラスまでになる。また、日中は都市雑音が感じられる。東京からではないと思うが、下界のつくば市辺りであろうか、山に向けるとなくなるS3程度のノイズがある。弱い局とやる時はこれがネック。
  • アンテナについて、改めて高さが必要だと再認識。多分、ブームが長いアンテナでも地を這っているようでは、威力を発揮できないあろう。
  • コンディションが悪いと長いアンテナが欲しくなる。中途半端に1エレメント増やしても余り変わらないだろ。やるならば2倍ぐらいのブーム長にすれば差がわかるかも。
  • 出だしで/5の局を2局立て続けて落とした。SSBだったが、コールの1文字づつはコピーできるのだがつながらない。もたついている間に聞こえなくなってしまった。残念!、結構落ち込む。その後、中々出来ず日曜の夕方に/5の局とできるが、いずれも36。落とした1局は38だったかもと思うと本当に残念。CWも厳しかったがそれでもまだましだ。コンディションが悪いのか、ロケが悪いのか、飛びの方は不満が残る。やっぱり、アンテナを何とかしないとダメかも。
  • 局数の方は700QSOぐらいできればと思っていたが、思いの外できた。しかし、精々日曜日の12時ごろまでのはなしで、その後の9時間は余計。ホント、修行だ。いくつかのマルチは拾えたものの、とにかくつらい、何度寝落ち?したことか。音が聞こえてスリープ解除なのでコールを聞き返すことになるSRI!
  • 天気には相変わらずついていない。上げるときはほぼ雨。片付けだけでも晴れたからヨシとするしかない。全部の機材を乾かすことができたので助かった。

 

【少しおまけ】===================

以前にも紹介したと思うが、これが新兵器。上に継ぎ足しているが、上2段ぐらいは素手で上がる。そこから、保持しながら少しづつ伸ばしていくのは、至難の業。まして、位置をあわせて、留のボルトを差し込むのができない。

これだと、ラッチがついているので途中でも手を離すことができる。ゆっくりと上げられるので、諸々修正しながらでも上げられる。

実は最後の1段を上げていない。重さ的には問題なく上がるが、遮るもののないこの吹き抜けの場所でフルアップするのはためらわれた。結果的にそれが良かったかはわからないが、無事に帰れたのが良かった。

Img_1205_1

Img_1230

分かりにくいが、この針金でボルトの頭に引っかけてあげる。上げた後は、先に付けた紐で紐でこの先端部を引き下げる。ここがミソ。

もう一つのミソがステーだ。一人でやると3か所を回りながら長さを調整しつつ、クランクアップ。これでは効率が悪い。そこでステー位置に金具(ナスカン)を付けて、これでステーを折り返して、ウインチのところまで持ってくる。これを3方向やることで、長さを自由に変えられる。

細かく調整する必要はなく、ポールが斜めに傾いたときに垂直を取り戻すために調整する。ポールが斜めになっていると摩擦でクランクアップができない。いくらウインチがあっても無理。この辺りはやってみるとすぐにコツがわかる。

とにかくシングルオペなので、ひとりで賄うしかない。しかし、モノが増えるのは困る。準備が大変なのでシンプルな移動運用にしたいのだが・・・・

-・・・-

コンテスト開始前のディナー。レトルトのカレーとご飯だが、バターチキンだったから結構おいしかった。

Img_1178

その後は、サンドイッチとかおにぎり、後はパン。

Img_1225

こちらは撤収の朝、インスタントコーヒーだが、コンテスト中はお湯も沸かせなかった。食料も尽きてきて寂しところだが、のんびりと朝食。おいしい!

-・・・-

4月度のblog記事もこれだけか。最近、ちょいと仕事が忙しく、エネルギーが吸い取られているようだ。その昔、30、40、50歳台と仕事をはじめ色々と、何と忙しかったことか。趣味どころではない。働き方改革で少しはいい方向に向かっているかもしれないが、きっと皆さん忙しいに違いない。無線どころではなく、忙殺されているのだろう。

世の中の余裕が生まれれば、もっと局数が伸びるかも。(おい、そこじゃないだろうって!)

 

| | コメント (8)

2019/03/26

2019年3月

やばい、今月も終わろうとしている。今月はまだブログを更新していないことに気がつく。無線の活動をしていなかった訳ではないのだが、更新する気になれず今日に至る。数少ない画像をアップしておく。

Img_1137_2 

Img_1133_2

Img_1140_1

Img_1142_1

 

どうも、niftyがUIを変えたせいで、思う通りの画像アップができない。やれやれ。

2019/4/1============

大きい画像もアップできるようになったみたい。ありえない、サービスグレードだ。

| | コメント (0)

2019/02/17

2019 ARRL CWコンテスト

忘れていましたが、今年も参加しました。RBNで自分の電波を見ながら、SNR=5~7dBでは、呼ばれるはずもありません。しかし、そんな中、呼んでくるヤツがいます。どうも、RBNを見ているらしく、カスカスです。RBNを介してQSOしているような気がしてなりません。

2019_arrl_cw_point

2019_arrl_cw_40m

2019_arrl_cw_20m

※JH8YOHの様子を見ながら、RBNでレベル差を見たりして、楽しんでいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/13

2019 関東UHFコンテスト

今年も参加することができた。今回は何といっても、風邪ひき、これが一番のトピック。実は昨年も同じく風邪ひきで参加している。何とも、懲りないこと。

Img_1113_1

場所は、毎回お馴染みの筑波山。定位置だ。今回は関東地方に大雪が想定される中の移動運用。予想よりも積雪は少なかったが、それでも、道路以外には2cm程の雪が残っている。
風邪ひきと、この寒さで出かけるのが億劫になってしまう。寒い朝に布団から抜け出せないように、出かけるのが渋くなる。

今回もいくつかのネタを持ち込んでの参戦だ。先ずは結果から。今回は思うところがあって、430MHzの電信電話に参加した。気が変わるかもしれないと、1200MHzの設備も持ち込んだのだが。

2019_knt_uhf_point

2019_knt_uhf_multi

2019_knt_uhf_rate

-・・・-
誰もが同じだと思うが、目指すところは過去のスコア。とりわけ、昨年のこの部門のスコアは素晴らしい。
今回はあまり作戦も考えず、ひたすらチャンネルに居座って稼ぐ。何とも能がない作戦だが、このバンドの常識らしい。始まる前からメインチャンに近いところでラグチューを始める。実はこれが楽しいんだなぁ。
粘りに粘って、最後はCWを漁る。作戦でもないが、こんなところか。精々、CWに移るタイミングを計ることぐらいだろうか。

-・・・-
今回のネタの一つは、アンテナ。ここ筑波は都内からかなり距離がある。移動地の標高が精々350mぐらいだから、見通しが効くのは都内が精いっぱい。アンテナを何とかしないと強力な電波を送り込むことができない。
また、都内だけでなく、栃木や千葉のマルチもほしい。そんなことから、無指向性のアンテナの導入だ。X7000を始めとした無指向性のアンテナはコンテストにはよく利用されている。購入するのも癪なので、自作のコリニアアレーアンテナを持ち込んでみた。これを出来の良くない自作のスイッチで切替て使う。

Img_1108_1

もう一つは、八木アンテナの工夫だ。以前から使っていて定評のある15ele八木。今回はスタック間隔を広めにとって、それぞれの開口面積を邪魔しないようにしている。
Img_1116

アンテナの取り付けが雑??、ではない。微妙に角度をつけて、ここ筑波から都心と都下/埼玉の南部を同時に狙う。昨年秋から導入したモーターでコンテスト前に確認すると、ビームトップの特性が割れているのがわかる。この辺りはFMは便利だ。テストサンプルには事欠かない。2つのアンテナをどのくらいの角度差をつけるのが効果的か、もう少し追い込む必要があるが、まずは狙い通りの特性を得る。サイドローブもハッキリと確認できる。アンテナは面白い。
Img_1115

このアンテナの結果を昨年比で比べてみた。QSOの割合を算出してみた。昨年は430/1200MHzのミックスで参加しているが、430MHzのみを取り出して比較している。局数は今回の方が多いので実数の伸びで比較するともっとわかりやすいかも。とりあえず、比率で比較する。

2019_knt_uhf_qso

2018年
2019_knt_uhf_2018qso

2019年
2019_knt_uhf_2019qso

これを見ると都内と埼玉の比率が伸びていることがわかる。やはり、神奈川は遠い。局数でも伸びは鈍い。実際の運用でも都内、しかも世田谷のある局にビームを調整した。八木アンテナの使用が8割近くであったと思う。アンテナとマルチのマップでもできればいいのだが、自動ではロギングできない。

コンテスト中に、コリニアアレーアンテナと頻繁に切替えて比較をしてみたが、やはり八木に軍配が上がることが多かった。後半はかなり枯れてきたのでコリニアアレーアンテナに切り替えてみたが、局数は伸びない。カバーするであろう、栃木、群馬、千葉の局数はそれ以外と比べると圧倒的に少ない。この地からは効果が限定的になってしまう。

想定したとおりだが、より遠くへ飛ばそうとするとビームを絞ったアンテナを使用するといった当たり前の結果を得る。コリニアアレーアンテナも決して悪いアンテナではない。限界まで求めないなら、それなりに飛ぶし、コンテストでは使いやすいアンテナだ。普通に使用するには十分だ。
今回はアンテナの比較試験を行い得るところが多かった。また、次のアイディアが沸いてくるのだが・・・、限がないなぁ。

-・・・-
(以下、続く・・・・)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2019/02/11

2019 KCJトップバンドコンテスト

今年も筑波山からの参加です。抱合せ?コンテスト参加で、今回は後半の夕方から21時までの参加です。
アンテナも昨年と同じフルサイズのダイポールですが、片側は比較的簡単に展開できるのですが、反対側が一苦労。結果的には枝に引っかかって真っすぐ張れないのだが、なるべく広く張ろうと苦戦する。

Imag0001_1

2019_kcj_top_points

2019_kcj_top_multi

2019_kcj_top_rate

去年はと言うと・・・・
へぇー、去年よりもできているとは思わなかった。

翌朝、明るくなったところで、早々に片付け始める。この時、小雪が舞う寒空。何でこんなことをしているかと思う瞬間だ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019/02/04

430MHz コリニアアレーアンテナ

1200MHz用で味をしめて、430MHzでも試して見た。1200MHz用は昨年AMコンテストの時に、筑波山へ持ち込んだがあいにく天気が悪くなって試験をすることができていない。どうも自宅の2階のベランダでの比較試験では、その特性がつかみにくい。なんせ、縦方向のビームを絞り込むわけで、地面に這いつくばったところで比較しても、周りの障害物に反射するだけで、思うような結果が得られない。やはり高地で試して見たいところだ。

まあ、そんな状態で比較試験が完了してはいないが、そこそこの結果は得られているので、製作に手間もかからないことから、430MHzにも手を出してみた。

Img_1103_1

6.3mのグラスファイバー製の釣り竿の一番先を除いた3段の中に収納している。竿の先端が細いので、3D2Vが先まで入らないが、まあ使う予定のない先の部分なのでこれを使用することにした。もう少ししっかりしたところを使った方が、アンテナが風に揺れなくて良いと思う。揺れは、フェージングのもとになる。

Img_1093

Img_1090

Img_1099

今回は、7K3DIWさんの資料をそのままで、マッチングもとることができた。1200MHzの時は、ワイヤーによるショートスタブで整合を取ったが、今回はオリジナル通り同軸ケーブルのオープンスタブで整合が取れた。今回は長さを刻むときに、オープンとショートの両方を試しながら刻んでみた。それで末端の被覆も剥きながらショートを試した。
備忘録に、寸法をメモっておく。
1/2λ=234.5mm
1/4λ=118mm
オープンスタブ=49mm
材料は3D2V
段数9段
給電ケーブル5D2V

====================
さて、自宅での使用感だ。
土曜日と日曜日の2日間にわたって延べ50QSOしてみた。比較はステルスのGPと同じくステルスの8ele八木だ。こちらは東京方向に固定になっている。
実は自分がこんなにラグチュー好きだとは知らなかった。どうも金曜日ぐらいから喉の調子が良くない、風邪っぽいのだが、初めての方とのんびりとQSOすることの楽しさを思い出した。ほぼ、50年ぶりだけど。
しかし、その代償?は大きく喉にダメージを受けたのだが・・・・

-・・・-

コリニアアレーアンテナの高さは、写真の物よりさらに上げて、給電点で約10m高ぐらい。結構高い。最初は6~7mでやっていたがどうも良くない。試すならとポールを伸ばしてQSOに臨む。

まあ、どこかの広告のようなことを書いても仕方がないので、結果だけを記録しておく。
山梨県甲斐市、前橋、日光、水戸、茅ケ崎、四街道などなどとQSOできた。

山梨の方はコリニアアレーアンテナに興味があるとのことで、色々とレポートをいただいた。自作アンテナの話などで誘い水を向けると、結構受ける方がいらっしゃって、話が弾む。自作ネタは幅狭く食いつきが悪い。OMさんは昔は真空管のRIGを自作して・・・と話になるが、今はもうやっていないとのこと。

また、無線を始めて最初の交信と言う方もいらっしゃった。何とも光栄なことである。遠い昔、自分にもそんなことがあったと半世紀近く前のことを鮮明に思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/14

2019 オール埼玉コンテスト

年始め最初のコンテスト。土曜日は、QRPクラブの定例懇親会、日曜日は地域の新年会と飲み会が続いてちょっとバテ気味。更に最近仕事の方も忙しいので疲れが溜まっている。そんな中、昨年は近所の土手に移動したが、今回は固定局から大人しく参戦した。風もなかったので、山に移動された方は結構楽しかっただろう。もっとも、自分自身は埼玉の山に土地勘がないのでダメ。どこか人が来なくていい場所がないかなぁ。

そんなわけで、エントリー部門も7MHzシングルバンドと変わり映えしない。どうせコンディションが悪いから、皆さん参加しなければ意外と穴場かもと思いつつもそんなに甘いわけないなぁ、と考え直して、取り合ずマイペースで参加することにした。固定局なので最大の200Wで運用することにして、苦手なSSBからスタートしてみた。どうせCWは飽和するであろうから、点数が少なくても局数ができれば少しは足しになるだろう。もう一つ、埼玉の東の端っこにいることからマルチが稼げない。グランドウェーブでも交信できる、さいたま市あたりの土手が最高だろう。この端っこではマルチが何ともならない。これも諦めだけど仕方がない。
まあ、こんな状況でどこまでできるかを試して見た。

-・・・-
さて、結果は、
2019_st_point

2019_st_multi_2


2019_st_rate

出だしはSSBからだが、そんなに呼ばれない。我慢はしたが早々にCWへ。やはりこちらの方がにぎやかだ。コンディションの方も、6、8エリアから呼ばれるが3エリアも聞こえてはいる。何かパッとしないコンディションだが、10、11辺りもできるが、GWのようで信号が弱い。最後まで強くなることはなかったが、1エリアの都県は全て出来たので、そんなに悪いわけでもなさそう。それでも遠くの方がやはりいいが、バンドが死んでしまうこともなかった。まあ、何とかもったという感じだ。

埼玉のNEWマルチがパイルに勝てず2マルチ落とした。12時台はこれが響いてレートも悪い。やはり、県の中央部にいないとダメだ。マルチバンドに参加のお馴染みさんともQSOできる。このバンドシングルのエントリーはどなたどろう。こちらからだと中々わからない。

まあ、何とか今年最初のイベントを乗り切ることができた。先ずは、皆様、MNI TNX!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ステルス・アンテナ