2022/05/09

70cm/2mデュアルバンドGP

屋根裏で現用のアンテナをもう少しちゃんと作ってみた。用途はモバイル?用。車にアンテナ基台をつけてみた。運転しながらQSOするつもりはないが、高台に車を止めて簡単に運用ができないかと思ったからだ。電源の引き込みとアンテナを簡単に接続できればいいと思う。

長いモービルホイップを買ってしまえば簡単なのだが、意外と高価だ。それではということで作ることにした。材料はすべてありあわせのもの。モバイルの経験はないが、アース云々よりも給電点の高さがものをいうと思う。電圧給電にするもの見かけ上、給電点を持ち上げる手法だと思う。

なので、今回はグラスロッドで嵩上げをして、その先にアンテナを付けることにした。これなら、グランドを気にせず安定するはずだ。

オリジナルは、JG3ADQ永井さんの作だ。

1652059463383

最終的にベランダでマッチングの具合を確認した。室内で確認した結果と大して変わらないのが嬉しい。高い周波数は、これが楽だ。

1652059463461

給電部。ボールペンの使い古しを使う。6角だが径は約8mm。コイルを縮めれば、周波数が下がる。エレメント長で大体を調整し、コイル伸ばしたり縮めたりして共振点を調整する。

1652059463028

ベースボールのエレメントとラジアルの取付部。組み立ての順序をよく考えないと組み上がらない。グラスファイバーの切り裂いた部分から、同軸の芯線をハンダ付する。ここが、最もトリッキー。70cm帯を考えると、ここはもう少しスマートに接続したいところだ。こんな形でお茶を濁す。後は2液性のエポキシで固める。今回は、いろいろな部分を小分けにして、何度もエポキシを起こして少しづつ組み立てていく。この段取りをよく考えないといけない。コイル部もよく頭でシミュレーションしておく。

 

1652059463146

銅製のテープを使ってアースの接続を保つ。

1652059463314

延長棒?の根っこ。UHFコネクターの外形にピッタリと合うグラスファイバーパイプを探す。ついこないだまでロケットに置いてあったジャンク品だ。肉厚だから重量がある。内部のケーブルも5D-2Vだから、これもあって全体で結構な重量になった。これをつけたまま走行するのは強度的に無理だと思う。折れて、飛んで行きそう。

 

1652059462611

上部の金色?に見える部分は、ポリミドテープ。径を合わせるために巻いて調整して、エポキシで固めていく。

1652060208639

最後、調整が終わったところで、ヒシチューブをかけておいた。上部と下部をゴム系ボンドで、一応、防水しておく。

1652059463689

寸法を残しておく。接続部をコネクターにしたためか、エレメント自体はオリジナルより短い。2mも共振点が低かったので、ラジアルの寸法を調整して追い込んだ。

Swr_70cm

Swr_2m

VNAはこういった調整には欠かせない。リターンロスは校正していないので、いい加減。共振点をこれで求める。

Rig端のSWRでは2mはバンド全域でほとんど戻りがない。70cmは低域で1.5程度、少し上に共振点がある。サテライト用にはバッチリ。

これが連休最後の日の工作。今度の休みに、車に実際に付けて試し打ちするか。

| | コメント (0)

2022/05/03

2022 東京コンテスト

昨年に引き続き、ホームグランドの筑波を離れての参加だ。場所はあまりにも有名な黒山展望台。都内に近いのと、標高が高いのが良いと思って、ここにした。

1651582032645

うー、どこにアンテナを上げたら良いかわからない。じゃまにならないように端っこに。10/15mのダイポールは4m長のモップ?ポールで上げる。遠慮しすぎて、山に近かったなぁ、失敗。これじゃあ、南が全然ダメ。Esができないw。

コンディションに助けられ、やっとの事でHKさんをget。GCEは10mでも呼んでくるモンスターぶり、すごい。南の山を貫いて?来る。

2/6mも小じんまりと1段だけ上げる。ステーもなし。もう1段あげようかとも思ったが、風が吹くと怖いので、これで我慢。どうかなぁ。

1651582032537

展望台から眼下のアンテナを望む。これが壁なんだよね。ここに上げれば少しはマシだが、やはり南は良くない。外でやる勇気もない。意外と寒くて、日が当たるまでは震えていた。車の暖房もON。

 

1651582032319

ご要望?に応えて、カレーを食す。久しぶりだね。

ー・・・ー

結果の方は、昨年より局数、マルチとも伸びた。場所のせいか、コンディションかわからない。こんなものか。都内にアンテナを向けると、埼玉北部や栃木、群馬が完全にサイドになってしまう。ここだとGPのほうが扱いやすそうだ。

マザー牧場?あたりに移動したSZVは激強だった。間に遮るものがないのだろう。筑波だとこうは行かない。

2022_tk_point

2022_tk_rate

昨年と比較してみた。桜川と場所も違うので、意味はないのだが。

出だしの6mのphoneは毎回どちらも低調。早々に2mのCWへ移る。どのバンドもそんなに呼ばれるわけではないので、さっさと移るのが得策だ。

11時台の後半は毎回レートが下がる。昼食前?なのか・・・。

2022_tk_rate_kako

ー・・・ー

今年の都内部門は、錚々たるメンバーが参加していた。これじゃあ、どの部門も入賞するのも至難の業だ。みなさん、気合が入ってるなあ。

この場所は、移動のメッカ。コンテストの同業者が来たかはわからないが、70cmを楽しむ方が来られていた。VUを楽しむにはいい場所だ。

ー・・・ー

after contest

ちょっと、先まで足を伸ばしてみた。本当にここは尾根なんだよね。両側が絶壁だ。よくこんな所に道を作ったものだ。NACK5の送信所まで行って引き返してきた。途中も、ちょっと見学。

高速道路を使うので時間的には筑波より近い。どうかな、いい場所ではあるけど、あとは本人との相性の問題かな。

今回も新しい刺激をいただきました。QSOいただいた皆様、ありがとうございました。

 

| | コメント (2)

2022/04/25

2022 ALL JAコンテスト

うー、結局X50Mでのエントリー。XAMというのも頭をよぎったが、進歩がない。最近仕事が忙しかったり、金曜日は夜勤明けで、そのまま現地に。元気が出ないw。一応、アンテナは持ってきたけど。。

お決まりの画像から。以前撃沈した7eleも持ってきたが、やはり元気がないわ。

1650893448520

こちらは、コンテスト終了直後。最後は素振りの連打でフライングしようかと散々悩んだ。我慢した。プシューッ。

最後にスローキーイングで素振り最中に、突然沖縄に呼ばれて2度も聞き返してしまった。寝落ち寸前。

1650893448507

ー・・・ー

結果は、

2022_allja_point

2022_allja_multi

2022_allja_rate

2022_allja_rate_kako

局数は昨年より100近く少ない。お客さんがいなかったね。他もそうらしいので仕方がない。HFのハイバンド、40mあたりが良かったのでそちらに流れたか?。

初めて寝ないで頑張ろうとも思ったが、お客さんがいないので、あっさり就寝。この間に、UYBが出ていたらしい。やっぱ、ダメだなぁ。

こちらも初体験のスキャッター。気がつくのが遅かったが、初心者向きのスキャッター?らしく、長時間開いていた。これは面白いね。パワーとアンテナが物を言うね。

南に向けると早速、35、39とできた。同じ方向でKPIさんの04が呼んできた。今までで一番強力。25も拾えたし、43もこれでできた。YAFの03。03は2度めだけど、今回はEs並の強力。まあ、今回唯一の楽しかった時間だ。

今回悟ったけど、このくらいの標高ではマルチの優位性は全く無い。河川敷でもこのくらいはできるみたい。2000m級の山の上からやってみたいね。

苦労したのは、21。いつもは沢山できるのにわずか2局。最後までできないかと思った。今年はGW?のコンディションは良くなかった。27も少ない。

ー・・・ー

番外編

年寄りだから、力がない。手も2本しかないから、猫の手も借りたい。その一つだが、以前からこんなものを使っている。持っていく機材が多くなるのが難点。キャンプとかもそうだが、如何に少ない装備で過ごすかが本筋。

1650897514331

ー・・・ー

after ALLJA編

新緑の新鮮な空気、小鳥のさえずり。これはこれで十分満喫した。翌日は濡れた機材を拭きながらお片付け。終わった後、どうしようか迷ったが、急に海が見たくなった。今までに行ったことがない方へ向かった。

ついでに、SAT運用。

1650893210194

セッティングを完了して、いい感じ。結構日差しが強い。話は違うが、茨城にはこういった展望タワーが多い。来る途中に営業していなのが合ったし、大洗にもある。牛久の大仏もそう。何でだろうか???

1650893182142

1650893182138

海がちょっと離れているので、もう一箇所。ここは、広いしよく整備されていて良い。

1650893105647

こちらは、安易に上げての失敗。ケーブルの取り回しが良くなくて、全部回らない。衛星の前半は遅刻。最後はFMに潰されて、おしまい。

しかし、平日だというのに皆さんよく聞いている。流石、頭が下がる。

1650892896567

最後、やっとたどり着いた。穏やかな日ではあるが、波の音は大きい。故郷の日本海とも違うな。こんなに広い浜辺はなかった。これは、太平洋だ、なんて、思いにふけったり(短いけど)した。有意義な一日だった。

1650893063764

 

| | コメント (10)

2022/04/10

2022 JIDX CWコンテスト

ちょっと、惰性の感はあるのだが、今年も参加。ハイバンドのコンディションが良いということで、ここ1週間ほど、FT8をやっていた。Wも東海岸あたりまで開けて、これなら期待できる。昨年までとは大違いだ。日によって随分とコンディションが違うのでどうなることやら。15m/10mを期待しての参加だ。

ー・・・ー

2022_jidx_cw_point

これが申告ベースの得点。今回はロシアのウクライナ侵攻により、ロシアとベラルーシの局との交信は無効。そんなことを知らないUAの局が呼んでくる。まあ、来るものは拒まず、でQSOは流す。

昨年までは、20mがメインだったが、今年は15mがメインだ。確実にコンディショは良くなっている。

2022_jidx_cw_point_org

こちらは、UAを除く前。10局ほどになる。ご丁寧に3バンドでQSOいただいた、UA0のおなじみさん。申し訳ないけど、得点は0点に修正。

JQF/3と、もう1局のJAは最初から0点にしておいた。

ー・・・ー

2022_jidx_cw_rate

出だしから15mの調子がいい。いつバンドを移ろうか迷うくらい。夜半から20mに移るがこちらもEUのカスカス局に呼ばれる。これは取れないわ。短いQSBがあり、1文字づつしか取れない。これじゃあ、つなげてコールサインに復元できない。しかし、20mでこんなにEUに呼ばれた記憶はない。もっとも、2日目はGCが始まって混乱大。全く、ロシアはこれだから困る。侵略だ。

コンディションのせいだけでなく、このGCのせいで2日目はガタ落ちだ。

朝のWを期待したがこちらは、全くダメ。やはりFT8のようにはいかないのか、今日はコンディションが悪かったのか、残念な結果だ。元々、Wからの参加が少ないのかもしれない。やはり、WWかRのコンペじゃないと楽しめないのかもしれない。

ー・・・ー

以下、備忘録。

参加部門は、SO-HighPower。

80mは省略。アンテナの展開が面倒くさいw。

15mでCT3ができた。唯一のAFだ。20mだったか、OH0が呼んできた。日本中心のコンテストじゃないとこうは行かない。

2022_jidx_cw_40multi

2022_jidx_cw_20multi

2022_jidx_cw_15multi

2022_jidx_cw_10multi

2022_jidx_cw_40zone

2022_jidx_cw_20zone

2022_jidx_cw_15zone

2022_jidx_cw_10zone

 

| | コメント (2)

2022/03/24

近況

 

すっかり、春らしくなってきた。このままだと、3月のブログ記載が無くなりそうなので、最近の様子を残すことにした。

Pocketator

(試験中の、PockeTator)

ー・・・ー

仕事面では、2月末で終わるはずの案件が3月にずれ込んだ。おかげで、先月末から3度も夜勤をしてしまった。テレワークだからゴロゴロしていたのだが、コンテストのようには行かない。調子が出ない。この案件も、一応落ち着いたようなので、少しは時間ができるかなぁ。

月の初めにコロナワクチンの3回目の接種を行った。毎度発熱があるので、ある程度は覚悟していた。翌朝から微熱が出て、夕方には37.8℃ぐらいまで上がった。ここまでは、いつもの通りで体はダルい。翌日、微熱程度に下がったが、鈍痛の頭痛が続く。気分が冴えないが、その次の日は休日だったため、サテライトのアンテナを担いで移動運用を行った。JCG13009C→JCC1340→JCC1310と回って早めに帰宅した。ローテーターの試運転だ。

3回目は結構ひどくて、頭痛にはまいった、4回目があるかもしれないが躊躇してしまう。

ー・・・ー

写真はpockeTatorのテスト状況。どうしても、イナーシャ(慣性モーメント)の影響により、指示値のズレを生む。プログラム等で改善をしてもらったのだが、完全ではない。

①絶対位置検出

 マイクロSWを追加して、絶対位置による補正機能を追加していただいた。1箇所バージョンと、90度ごとの4箇所バージョンを作成いただいた。結果の方は、うまく補正ができるようになって、天井裏を覗き込まなくても良くなった。これは大きな進歩。

②イナーシャ対策

 絶対位置補正も加えたのだが、自動追尾とか細かくアンテナを動かすと、誤差が蓄積していく。結局の所、このイナーシャを最小にすることが必要と振り出しに戻ってしまった。

 写真は回転マストとケースの間にボロ布を押さえつけて、摩擦を生んで回転を押さえるようにした。このアイディアは以前からあったのだが、更に摩擦を大きくした。当然、回転時にトルクが必要となりモーターに負荷がかかる。しかし、停止時にはこの摩擦によって、イナーシャによる振動が抑えられるという仕組み。

 4ele/8eleの八木を積むとかなりの重量と慣性を生む。完全ではないが、かなり抑え込むことができる。この対策と、①を組み合わせることで、自動追尾であっても、ほぼズレて困ることがなくなった。これを屋根裏のモータにも仕込んだので、もう少し様子を見てみようと思う。完成に近づいたと思う。

ー・・・ー

最近は、HFのハイバンドのコンディションがいいという。それではということで、久しぶりにFT8をやってみた。

なるほど、10mでもWとできた。アンテナがショボいせいか12mは流石に苦しい。結局、15mあたりがちょうどよくて、Wとかなりやった。

WASは20mのCWで完成しているが、それ以外はまだまだ。今朝、15mでNDができた。20mでも最後まで残っていたところだ。ここはLoTWでcfmできている。

ディジタルの残りは、

 Delaware (DE)
 Maine (ME)
 Kentucky (KY)
 North Dakota (ND)★wkd

15mの残りは、

 Delaware (DE)
 Maine (ME)
 North Dakota (ND) ★wkd
 Rhode Island (RI)
 South Carolina (SC)
 Vermont (VT)
 West Virginia (WV)

15mは、今回だいぶ埋まった。

DXCCチャレンジも少しは増えたが、中々upしてくれない。増えないw。

ー・・・ー

いくつかのコンテストもあったようだが、参加はなし。

そんなこんなで、3月も終わってしまいそうだ。

| | コメント (0)

2022/02/27

2022 広島WASコンテスト

去年も参加したからという理由で今年も参加。オールバンドで出るほどの設備もないので、ワイヤーアンテナでできる、80mと40mにエントリー。よく見るとMix部門しか無いじゃないの。昨年もやってるw。億劫だなぁ。自宅でやると声を張り上げるわけにも行かず、ボイスメモリーを入力。

ー・・・ー

2022_was80_point

2022_was80_multi_kennai

2022_was80_multi

ー・・・ー

2022_was40_point

2022_was40_multi_kennai

2022_was40_multi

2022_was_rate

2022_was_rate_kako

ー・・・ー

夜の部の80m。夜陰に乗じて、いつものダイポールを展開。SSBだとS9、CWでもS7のノイズ。呼んでいただいてもコピーできない局が多数。申し訳ない、SRI。

去年よりできたけど、みなさんも同じだよね。結果はどうだろうか。

ー・・・ー

翌日の午後の部、40mだ。コンディションは死にはしないが、そんないに良いわけでもなさそう。CWで1時間はもったが、諦めてphoneへ。憂鬱だな。ちょっとやって、CWへ。

今日は風が強くて、リニアローディング・ダイポールアンテナのSWRのふらつきが半端ない。グラスの釣り竿だから、揺れが激しい。雨は大丈夫だが、風には弱い。飛びもいいし、軽量ですぐれものだが唯一の欠点は風がだめ。アルミパイプなら少しはましかも。

誤魔化しながら、終えることができた。最後はphoneでちょっとだけ呼ばれる。マルチは昨年に及ばないものの、局数は昨年並。さて結果はどうなることか。相変わらずの猛者連が参加していた。

2月はこれに出るようになって、毎週のようにコンテストがあり、結果的に忙しい。確か、3月は暇だったような。この後、JIDX、そしてALLJA。さてどうするかなぁ。

 

 

| | コメント (0)

2022/02/21

2022 ARRL DX CW Contest

コンディションは、上向きか?。しかし、やる気のほうがこのところ毎年低下。局数は毎年下がるばかりだ。昨晩は80mの調子が良かったようだが、アンテナを展開せず。40mも強風のため、SWRが安定せず。最終日の朝も15mが良かったようだが、8時に起床。

まあ、足跡だけは残すことができた。

ー・・・ー

2022_arrl_cw_point

2022_arrl_cw_40multi

2022_arrl_cw_20multi

2022_arrl_cw_15multi

2022_arrl_cw_rate

2022_arrl_cw_rate_kako

今年は、15mのマルチがたくさんできた。昨年は6マルチだから、確実にコンディションは良くなっているのだろう。昨年もかなりチンタラしていたが、今年もさらに・・・。昨年の20mは45マルチもできている。今年も、もう少し早く起きていたらたくさんできたかも。昨年の最後の追い上げが凄いw。

10mも1局だけ聞こえたが、呼んでも届かず。来年に期待したい。

天井裏に登ってSATのアンテナを交換をしたり、LANの有線がほしいと言われ配線工事をしたりと、それなりに忙しかった。弱小局が楽しめるには、もう少し時間が掛かりそうだ。

 

| | コメント (0)

2022/02/13

2022 KCJ TOPバンドコンテスト

流石に連チャンでお山に行くことはできない。しかも、このコンテストは24時間の夜だけなので2晩も必要。諦めて、自宅から。ここは、やっぱりノイズが多い。少ないときでS5。多いとS7-S9とこれだけで萎えてしまう。

アンテナは、フルサイズ(一応・・)の80m用ダイポールにトラップコイルを付けたもの。長さはそこそこある。高さがないし、片側はとぐろを巻いている。

2日目の夜もやろかと思ったが、初日の夜のみ。朝もパスして、早々にアンテナを畳む。今晩は雨だし、雪に変わるという。寒い日だ。

ー・・・ー

2022_kcjtop_point

2022_kcjtop_multi

2022_kcjtop_rate

初日はやり尽くしたが、耳が悪くて落とした局も多数。SRI!

しかし、こちらは一応200Wだが、呼んでも応答のない強力局も沢山いた。こちらよりさらに耳悪。ノイズが多いのかなぁ。

991もいい機械だが、1.8のCWとなるとディジタルフィルター特有?の抜けがあって、辛い。高級機だとこの辺がいいのかなぁ。

昨年よりも1日目の局数が少ない。お山を経験すると、ノイズのない環境が恋しくなる。160mは面白いのに。

 

| | コメント (2)

2022/02/11

2022 関東UHFコンテスト

コンテストとなると天気が悪い。関東では年に数回しか降らないのだが、それがコンテストに当たる。降り具合の様子を見ながら、山へ出かけることに。早めに行けば降雪には当たらなそう。帰りは晴れだからなんとかなるか。

Img_20220211_063657

コンテスト開始前の状況。気温が高くて、ボッテリと積もる。周りの木々もクリスマスツリーの様できれいだ。

1644582244860

これでは、コンテストにはならないので、雪を払い落とす。

Img_20220211_074805

これが、コンテスト開始間際の状態。これ以上叩くと、アンテナが曲がるので、このくらいで我慢してコンテストに参加。

ー・・・ー

こちらは、コンテスト終了時。アンテナの雪もすっかり溶けている。この写真は雲があるが、このときだけ。それ以外は、晴れて穏やかな日だった。まあ、こんなものだよなぁ。

Img_20220211_150331

Img_20220211_150319

ー・・・ー

アンテナシステムは、東京UHFで確認済のもの。70cmが15eleの縦スタック、23cmも1mブームの物を縦スタック。これに、先端に23cm用のコリニアを縛り付けてある。超高級?の同軸リレーで切り替えている。70cmの方も、奥にコリニアを立てた。こちらは、手元までケーブルを引っ張って、手動SWで切り替えている。

効果の程はというと、今回はCWのエントリーということで時間があったので、SWを切り替えたりビームを振ったり、なかなかおもしろかった。電波とは不思議で入感の方向が色々変わる。相手のアンテナや経路に影響するのだろう。面白い。今回はこれが一番かな。楽しめた。

ー・・・ー

エントリーはAM。BMも考えたが、ここからは500Q's超えることはできないだろうから、逃げた。逃げ先が、AMということで、こちらのほうが、スコア的には詰まっていて、1Q,1Mで順位が変わるほどの、超激戦区。逃げたことにはならんか。CWのほうが楽だし。

2022_knt_uhf_point_20220211221001

2022_knt_uhf_multi430

2022_knt_uhf_multi1200_20220211221001

2022_knt_uhf_rate_20220211221101

まあ、AMはそうそうたるメンバー。この数だけ数えても、5位を超える。毎度のことながら、入賞が厳しいこのコンテスト。悪天候なので移動局が少なかったか、例年と比べて参加局数はどうだったのかなぁ。

23cmは飛ばないなぁ。プリアンプを入れればもう少し聞こえるかも。ビームと無指向性の組み合わせは、中々、良い。ビームを微妙に振って相手に合わせることもできた。

今年になって、9700を手に入れてCWにも参戦できるようになった。粘れば、もう少しできたかも。2TXで23cmをS&Pすれば、もう少し行けたような気がする。奥が深い。

ー・・・ー

開始前に、70cmFMでJQFとラグチュー。どうも、23cmからスタートするのが良いらしい。では、ということで始めてみて10局ほどで不法FMのかぶりを受ける。23cmもかとよく見たら、何と70cmだった。無線機の使い方に慣れていないから・・・・。早めに、23cmに移ったがこれで良かったのか??、だ。

ー・・・ー

悪天候の中、無事に帰ってくることができた。やはり、これが一番だ。QSOいただいた皆さん、ありがとうございます。

Img_20220211_170536

ー・・・ー

【番外編】

パンクした。年季の入ったスタッドレス。以前はこれを履いてスキーに出かけたりもしていた。一応、毎年履き替えている。家を出て、アレっと見るとこの有様。近所のいつものタイヤ屋さんへ直行。1本のみの交換ではなく、4本とも。トホホ、安全には変えられないが、予期せぬ出費。色々なことがあるw

Img_2890

 

| | コメント (8)

2022/01/30

2022 WW 160 CW Contest

寒いし、前日から仕事のトラブルで遅くまで拘束される。ああ、雨が降ればあっさり諦めるのになぁ、と。土曜日も8時過ぎまで布団の中から抜け出せない。もう、とっくにコンテストが始まっているのに。ゴソゴソと布団から出ると、ハレ。仕方がない、行くか。。行けば、楽しいんだけどね。

Img_2880

アンテナは、フルサイズの逆L。15m長のグラスロッドを14mぐらいの位置で使う。ラジアルは、2本を対角にまっすぐ張り、残りの2本は適当に展開する。奥に見えるポールは約10mほど。これでエレメントを引っ張っている。

前回の2020年のときは、センターローディングの短縮GP。これでは、飛ばないよねと、翌年これを準備をしておいたが、コロナで遠征は中止。昨年も諦め、今回リベンジだ。さて、アンテナはどんな具合だろうか。

ー・・・ー


2022_ww160_point
2022_ww160_multi
2022_ww160_multi_us
2022_ww160_rate

2022_ww160_rate_kako

前回と比べると、大幅に局数が多い。出だしのところは、JAのロカコンのようだ。前回は、ここでRunしなかったかもしれない。気にせず、稼ぐ。どうせ、DXには飛ばないのはわかっているから。
全部で158Q's。DXは54Q's。多分、前回よりも多いと思う。今回は前回よりもWができて、マルチが埋まった。早くから聞こえるが、この段階ではカスリもしない。最初にできたのはKH6。本土ができたのは、21時(JST)過ぎにやっと。粘りに粘って、やっとといった感じだ。やはり、パワーの差を感じてしまう。

その後の、EUは前回よりも少ない。ウクライナすらできない。そんな中、EW5Aは割とすんなりできた。もしやと思い、前回のログを確認すると、前回もQSOできている。すごく、耳が良い。恐れ入る。

前回は、EU連が騒然と並ぶのを見て感動したが、今回は感じ方がちょっと違った。EUは飛ばない。本当に飛ばない。開けだすと、EU内の混信があるのだろう、とにかく拾ってもらえるのは、KWerたちばかり。このバンドは、やはりそれなりのパワーが入る。

今回もグレーラインは感じられた。これで受信の信号強度が上がるが、それでも飛んでいかない。。。

受信の方は、そこそこ出来ていて、JAで交信していて聞こえなかったことは、ほぼない。ただUYBのEUタイムは、呼んでくるEU勢の信号の存在はわかってもコールが取れない。それを爆走キーイングで捌くのだから、すごいの一言。異次元だ。

一方、ベアフット組の飛びは、大雑把に言えば、同じ感じ。BJIとかは、そんな中でそれなりに釣り上げている。SPYはさすが、粘り強く拾っていく。よし、真似しよう。なりふり構わず、呼び倒すが、待っていてくれるJAや、何十回も粘ってくれるEU局。このバンドのスペシャリストだろう。極弱の信号を拾ってくれる、ありがたい。

日曜の夜もやろうかと思ったが、日曜の朝、風が吹いてきたので諦めて、アンテナを畳む。畳むと、風が収まるのはいつものこと?。

ー・・・ー

番外編

Img_2883

昼間っから、ビールじゃあ帰れない。土曜日のこと、後戻りできない。

ー・・・ー

サテライトのアンテナも上げたが、コンテスト中は参加できず。PCが共通だから切り替えが面倒くさい。
Img_2886

筑波山の方角から来る衛星はブラインドだと聞こえない。山を超えると急に強力な信号が聞こえるからビックリ。

ー・・・ー

サテライトの2m受信がどうもノイジーだ。何が原因か、切り分け作業にかかる。運用している場合じゃないw。

Img_2884

第1位は、このモバイルバッテリー。充電を始めると、結構ノイズをばらまく。そういえば、こいつはノイズを出すんだった、忘れていた。

Img_2885

第2位はUSBアイソレーター。誤動作を、防ぐ意味で入れていたが、こいつを入れるとノイズが増える。ラインドライバーのせいでもないだろうから、電源供給の絶縁型DC-DCが怪しい。絶縁型はコモンモード雑音の温床だから。中華製だから、よく吟味して使わないといけない。

ー・・・ー

こんな、ノイズの切り分けながら、JCC1405石岡市のサービスを行う。そういえば、ETPがお隣のJCC1431桜川市でSATで茨城県の全市郡が完成するという。何の下調べもなしに、桜川市の移動地に向かう。やっぱり、いい場所がない。

諦めて、帰ろうと思ったところで、うまい空き地に出た。ここで、無事、ETPともQSO成立。よかった、よかった。

長いようで、短かった今週の移動運用も、おしまい!

Img_2887

 

 

 

 

| | コメント (0)

«2022 オール埼玉コンテスト